こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

学生による授業評価の謎について

「学生」とは中学生、高校生、大学生を想定しての質問です。
質問内容

○塾や学校など問わず、講師採用テストや論文審査等で教える科目の実力は上位に食い込んでおり、学生に嘘を教えているわけではないのに、授業評価アンケートの数値が低く出る授業者は何が問題なのでしょうか?

私の実体験をもとにお話ししますが、某中高の教員A先生は、国立大学の修士も出て、嘘を教えていないし、板書も見やすく学術的には誤りもないのに生徒から避けられる要因はなんだろうと思っています。
生徒がつまづいているポイントを理解していない、言い換えればキャッチボールができない、或いは人間性に問題があれば生徒から支持されないのにはうなづけますが、ティームティーチングで何回も授業の様子を見ていても、何故、生徒がA先生の板書を写せないのか全く理解できませんでした。

投稿日時 - 2019-08-08 15:53:24

QNo.9643772

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.3

答え「面白くないから」
学生(中・高・大)にとって、授業で一番重要なのは、面白いかどうかです。A先生は、学力はあるのでしょうが、それを面白く伝えるのが下手なのでしょう。
授業はエンターテインメントです。教師が学術的事実を伝えたとしても、受け手である生徒に理解されなければ無意味です。一流の先生(講師)は「どれだけ知識を与えるか」ではなく「どれだけ興味関心を引き出せるか」に心を砕きます。生徒は板書を“写せない”のではなく“写す気にならない”のです。
声のトーン、文字の大きさ、身振りなど総動員して生徒の視線を惹き付ける工夫をするように、A先生にアドバイスしてあげてください。

投稿日時 - 2019-08-08 17:03:30

ANo.2

文面からご専門だと思うので釈迦に説法ですが,中高生の教育に関して素人考えを含めて書かせてください。
まずこれは,中学生と高校生と大学生はまったく別問題だと思います。
そして,アンケートのクレームのメインが「生徒がA先生の板書を写せない」はある種の言いがかりだと思います。

すこし長くなりますが細かく書きます。
中学生は義務教育であるため一部の私立を除いて,ベースとなる学力を付けるための授業ですよね。そのため応用は塾に任せて最大公約数的にみんなが理解できる言葉を並べる必要があり,そのため優秀な学生と完全に小学生の基礎をもってない学生には緊張感のない授業となり,その緊張感を保つための工夫が重要になってくるため,実力よりも話術が必要となってきます。中三の受験前に教師と学生が一体になりやすいのは目的がハッキリしてきて求めるもの求められるものに迷いがないからだと思います。
高校は同じ学力を選抜して集めているため,偏差値が同じぐらいなのですから教え方は,非常に簡単になります。
一方で先生の方は学生にバリエーションが少なくなるのにたいして逆に大きくなりがちです。
そのため時に人生に影響を与えるようなきらりと光る先生と出会えることもありますが,共通認識としては今の授業をどこにどうやって使っていくかというのが見える先生が好まれます。簡単に言えばこれセンターや入試に出るよ。という部分が分かっている先生。この部分を抑えておけば成績があがり最終的に推薦がもらいやすい。そういった先生の方が専門的で面白い授業をする先生より信頼度があがり,凄い能力をもっていても,学問って言うのはなという先生は変なところでケチが付くと思います。
アンケートで板書が写せないは,単に書く量が多いとか見にくいといういちゃもんであり,それが本質ではないということです。能力が高ければそれだけ正確に話そうとする。それが仇になるということです。
つまり,ここはこう覚えておけ。という先生と,ここは実は理由があってね。という先生では覚えておけの先生が勝ってしまうのが高校だと思います。

一方大学は基礎科目と言えどもかなり専門分野になりますので,ある意味エンターテインメントの要素がでてきます。ごりごりに専門職をだして,でもここに繋がる。この知識ちょっと飲み会で使えそう。高校とは考え方が違うんだよ。と理論などを伝えることも時には可能になります。知識欲をくすぐることができるようになるからです。
よもやま話をふくめ,学問の楽しい部分をちりばめていくなどすれば評価は高くなりますが(雑談が楽しい),一方でその科目が資格取得に必要でとなれば,もっと広く浅くして欲しいといった要望もでます。
私は大学で,特に専門分野では他大学での授業もしますが,その場合学問領域を広くカバーするよりも,メッセージ性を強くするため学生によって好き嫌いは有る方だと思います。ただ毎回学生の要望を把握するような時間を作り,もう一度聞きたいと言う場合はシラバスを変更しても殆ど同じ内容を別角度からするなどをしています。また大学生には自由度が大事なので,板書が間に合わなければ携帯で撮影させます。撮影タイムなるものが時々でてきます。大学では全てを覚える事,理解することではなく,面白かった,とか数年後それは聞いたことがあるぞ。と思ってもらうことの方が重要であり,私の話が知識のきっかけとなったり,自分で勉強を始める。つまり学問のとっかかりになることを目的としており,総合的能力よりは学生の発する信号をキャッチするほうが大事だと思っています。

何か参考になることが含まれていると良いのですが。

投稿日時 - 2019-08-08 16:58:19

あなたにオススメの質問