こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アジア通貨危機からの復活はIMFじゃない?

1997年のアジア通貨危機について教えてください。
韓国などはIMFによって救われたと認識しているのですが、
それは違うのでしょうか?

違うとするとどのような理由で回復したのでしょうか?
教えてくださいよろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-08-14 17:46:37

QNo.9645641

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

> 韓国などはIMFによって救われたと認識している

 という認識が間違っていると思います。彼らはあの時代の苦難を「IMF危機」と呼んでいます。自分たちではなく、まるでIMFが招いた危機、IMF自体が災厄ででもあったかのように。

 また、日本は日本時代の朝鮮半島にたくさんの投資をしました。日本が朝鮮半島に様々な資産を残して撤退しました。「あのおかげで半島はおおいに発展したじゃないか」と言った人はたくさんいましたが、彼らは「あの投資は日本が儲けるためにやったことだから、我々が感謝すべきことではない」と言っています。

 彼らは「IMFから様々な政策・制度変更を強制され、いじめられた」と思ってはいても、「IMFに救われた」とは思っていないと思います。

 下記のような経過(なぜ回復したか)を経てIMF危機の後、気が付いたら韓国の銀行や優良企業などの株式は国外勢に買い取られて、いまや韓国の銀行や会社なのか外国の銀行・企業なのか分からない状態だという話なら読んだことがあります。

 つまり、「鵜飼いの鵜」状態になったのです。勤めている韓国人が働けば働くほど、利益は配当として海外の株主のもとへ飛び立つのです。まったく韓国人の気持ちが分からないわけではありません。「盗人にも三分の理」といいますし。


 韓国がIMF危機から脱出できたのは、一部ですが理由を挙げますと、

 まずIMFから資金が融通されたこと。それによって、ドル買いウォン売りに対して反撃することができました。

 つぎにIMFの指示(韓国人感覚では「命令」?)を受けて、税金を上げて財政を安定化し、海外勢のウォンに対する信頼を得たこと。

 賃金を下げるなどさせて企業運営に対する信頼を高めて(倒産の可能性を低くし)さまざまな会社の「売れる株」を売却しました。株主になった者と韓国企業は一蓮托生の関係です。株主は、韓国企業ひいては韓国を困らせるようなことはしなくなりました。

 これらの痛みを伴う政策が、IMFの指示というか命令で行われたのです。

 私から見れば、IMFの行動は「白衣の天使の治療行為」ですが、様々な問題で示されている韓国人の感覚からすれば「悪魔の所業」だったでしょうね。

 その後の世界の好景気、韓国の発展を見て、「あんなことはしなくても済んだんじゃないか。IMFから不必要なことを強制された」と彼らは思ったことでしょうね。

投稿日時 - 2019-08-14 22:35:38

お礼

回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2019-08-15 20:08:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

 ちょっと信じ難いでしょうが、たとえば、1997年のアジア通貨危機の後で2008年に世界金融危機が起こっていますよね。もし、アジア通貨危機の直後に世界金融危機が連続して起こっていたら、IMFの融資は無駄に終わって世界恐慌に陥っていたかもしれません。

 では、どうして金融危機が繰り返さなかったかと言えば、途中でITバブルが始まっていますし、米国では住宅投資が盛んにおこなわれてバブル景気になっていました。これが無かったら、全てが破綻していたかもしれませんね。

 要するに、当時、パソコン性能が急激に上がったり、価格の引き下げが急激になって、パソコン市場が活性化しなかったり、インターネットが普及していなければ、世界経済は終わっていたかもしれなかったわけです。その引き金を引いたのがIMF融資だったのは事実でしょうね。

投稿日時 - 2019-08-14 20:36:08

お礼

回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2019-08-14 22:27:03

ANo.1

違いません。IMFですよ。
https://business.nikkei.com/atcl/report/15/226331/121400208/

投稿日時 - 2019-08-14 19:29:46

お礼

回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2019-08-14 22:25:56

あなたにオススメの質問