こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

管理組合の規約違反について

私の住む住宅街区には,マンションの管理組合と同様に,65条に定められ,管理組合規約があります。街区内にある集会場が,区分所有になっています。

管理組合費は,毎月1万円ですが,マンションとは異なり,組合費のほとんどは,街区内の個人宅地に緑地ゾーンの芝刈り費用に支出されています。

組合規約には,街並み保全協定という協定があり,その規約の1条には,街区内の宅地の利用,建物の形態等に関することを協定し,街区の特色ある景観を保全することが目的である。と協定し,その協定を厳守するため,宅地分譲時の地盤高を変更してはならない,と規定されています。

これに違反した違反者に対しては,組合理事長は,理事会の決議を経て,必要な措置を取るものとする。破産者は自己負担として是正措置を講じなければならない,とされている。

ところが,地盤高の変更を理事長も申立てても何の措置も取らず,「組合は関係ない」と主張し続けています。

協定に違反し,地盤高を上げたのは,私宅の裏の宅地の住民です。基礎工事で出る土地を撤去せずに,現場に置き地盤を高くしたのです。そのため,私宅の境界に添って私宅の敷地が低くなり,雨の日は水が溜まり通行できなくなります。地質が粘土層のため水がなかなか引かず,非常に迷惑しています。

組合規約の街並み保全協定で決められているにも関わらず,何の措置も取らない管理組合に対して,法的に訴えることはできないのでしょうか? もし訴えられるとすれば,事件名は何になるのでしょう?

投稿日時 - 2019-08-15 08:29:00

QNo.9645817

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

組合規約の精査もありますが、民法の基準もありますので参考までに。

https://ameblo.jp/h-sp/entry-10802918414.html

投稿日時 - 2019-08-15 12:06:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問