こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

パソコンの電源について

パソコンの電源について質問です。

電源を見ると、+3.3Vとか+12V、-12Vなどとあります。

家庭に送られる電気はACの100Vというのはわかりました。
それが+3.3Vとか+5V、+12V、-12Vに変換されてパソコンが動いているのは
分かったのですが、

質問1

+3.3Vとか+5V、+12V、という、「単位」というか「数値」は
誰が決めるのですか?国?業界団体?とかメーカー?などが
決めるのですか?
例)CPUなどは[+12V]くらいあれば大丈夫(動く)だろう、みたいな感じ?で。

質問2

「-12V」というのがありますが、マイナスというのがよくわかりません。
自分のパソコン電源をみると、-12Vと0.5Aで6Wが出力できるみたいですが、
-12Wだから、計算すると、-6Wですよね? 最初からマイナス12V、というのは
よくわからないのですが。。。

質問3

電源の説明で、よく「系統」という言葉がでますが、これはどういう意味ですか?
自分のPC電源には「+12V1」「+12V2」というのがあります。
これはつまり「12Vが2系統(2つ)」という意味ですか?
電源から2つの線が出ている、ということですかね?。。。

分かりずらい質問ですが、よろしくお願いします。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2019-08-18 20:33:13

QNo.9646984

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

「数値」は誰が決めるのですか?
>>>>添付の画像はATX 電源ですね。ATX はインテルが制定した規格だそうです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ATX%E9%9B%BB%E6%BA%90
CPU の動作電圧は1V前後、低い電圧です。マザーボードのCPU の周りに電圧変換回路があって、12Vから所要の電圧に変換して、供給されます。

計算すると、-6Wですよね?
>>>>この質問が好きなので回答する気分になりました。
電圧がプラスだとかマイナスだとか言うのは、ある基準からの電圧です。一般にアース(地面)を基準にとることが多いです。パソコンの場合はケースがアースと考えて良いと思います。
電池のマイナス端子をアースに接続し、アースに対する電池のプラス端子の電圧を測るとプラスの値を示します。
電池のプラス端子をアースに接続し、アースに対する電池のマイナス端子の電圧を測るとマイナスの値を示します。
プラスマイナスというのは、ある基準に対する電圧の向きのことです。電池(電源)そのものに違いがあるわけではありません。
アースに対してマイナス12Vの電圧を持っている電源にある装置を接続(一方を電源に、他方をアースに)した状態をイメージしてください。電流は0.5A とします。出力を計算すると、-12V x 0.5A = -6W となりそうですが、電流の方向を考えてください。電源に向かって流れ込む方向に流れます。つまり、電流もマイナスなのです。
よって、出力は、-12V x -0.5A = 6W となり、マイナスではありません。

電源から2つの線が出ている、ということですかね?。。。
>>>大雑把に言えばそう言うことなのですが、ATX電源装置を見たとき、黄色い線が12V です。その数は2本ではなく、たくさんあります。12Vが2系統の電源ユニットの場合、これらの黄色い線は2つの系統のどちらかにつながっています。
パソコンを構成するデバイスは12V で動作するものが多く、12V 系統に大きな容量が求められます。それを一つの強力な電源回路で構成するより、1/2 の容量の2つの電源回路で構成したほうが作りやすいので2系統にしたのだと思います。2つ系統の電源のマイナス側は電源ユニットの中でつながっていますので、どの系統の電源を使っても違いはありません。

投稿日時 - 2019-08-18 21:35:05

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-08-19 21:27:03

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

最初の頃のCPUは5V,12V、-5V、-12Vが必要であった。またその後でも、12V、-12Vはネットワーク回路で必要、5Vと12V(モーター電源)はHDDやCD,ファン等で必要で、その後CPU電圧が5Vから3.3Vにシフトした(電圧が低いほど消費電力は少なくなる、その後CPU電圧は1,2Vとかになったが源流が100Aを軽く超えるようになったのでマザーボード上で12Vから1.2Vに変換する方式に変わった。(5Vは汎用ロジックTTLの電源電圧)、3.3VはCMOSロジックの電源電圧)
12Vが2系統あるのは、諸費電力が大きくなりCPUとグラボに対して別系統にすることで配線の電流ロスを減らすのが目的。
CPUやグラボのハイエンドのものはピーク電力がそれぞれ300Wを軽く超えるものが多いため(だから1200Wとか1500Wなんて電源が存在する。

投稿日時 - 2019-08-18 21:07:54

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-08-19 21:28:35

ANo.3

質問1 Intelです。
質問3 12Vが2系統です。

投稿日時 - 2019-08-18 20:50:07

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-08-19 21:27:46

ANo.2

DC電源ですからプラス極が+12V、マイナス極が-12Vですね。

投稿日時 - 2019-08-18 20:40:49

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-08-19 21:28:15

ANo.1

 
+12Vで動くようにCPUを設計して作ります。
そのCPUを利用するパソコンメーカーが+12Vの電源を作る様に電源メーカーに注文しそれをパソコンに組付けます。

投稿日時 - 2019-08-18 20:37:45

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-08-19 21:28:26

あなたにオススメの質問