こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

痴漢冤罪について

満員電車で例え痴漢してなくても認めなければ懲役、認めて罰金払えば釈放って僕はおかしいと思うんですけど
もし冤罪だったらとんでもない事になるし、否認を続ける男性を追い詰める警察、裁判官、取り押さえた他の男性客のやってることは立派な監禁罪、脅迫罪だと思いますが皆様はどう思いますか?
盗撮犯として取り押さえた男性のスマホから盗撮映像がない場合、バックアップすれば削除暦も残るし、痴漢したというのなら指紋採取すれば動かぬ証拠をつかめるのにそれもしないで根っから男を痴漢と決め付けるのは違法操作だと思いますが

投稿日時 - 2019-08-20 12:36:27

QNo.9647542

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

昨年までは 痴漢冤罪が多発していましたが 今年はほとんどありません。
その違いは 冤罪を逃れる方法が広まったからでしょう。
冤罪は 昔から変わっていません。昔とは江戸時代から。
誰でもいいから捕まえたら有罪にしてしまえというやり方ですね。
江戸時代は 拷問。現代は精神的拷問。
つい先日は 痴漢ではなくタクシー窃盗で女性が 顔がにているということだけで誤認逮捕されて 精神的拷問で責め立てられたそうです。真犯人がほかのところで捕まって解放されたそうです。
痴漢冤罪から逃れる方法は 証拠調べです。
触ったとされる 手指と 触られたとされる場所の衣類です。
手指についている衣類の繊維と 被害者の衣類の繊維の比較をすることで証明されます。
警察は意図的にこれをやりません。
密室に閉じ込めて責め立てれば簡単に落とせると思っているからです。
実際にそうやって 何人も落とされています。やっていないのに。
「認めたらすぐに帰れるけど 認めないといつまでも帰れないよ。」
「そうしたら会社にも知れるよ」
などというのは序の口 恫喝も入ってきます。

警察にとって 真犯人かどうかは どうでもいいことなのです。誰でもいいから捕まえて有罪に陥れてしまえば一件落着。未決が一つ減ったと喜ぶだけ。
組織まるごと腐っていると言ってもまちがいじゃない。

投稿日時 - 2019-08-20 20:08:29

ANo.2

私は、痴漢冤罪を強く訴える人は「痴漢をしたくてたまらない人。捕まりたくないから痴漢冤罪を訴えて女性を抑圧しようとしている」と決めつけています。そうです、決めつけです。

なぜなら、痴漢冤罪なるものは、いくらでも防ぐことができるからです。女性が目の前にいたら背を向ければいい。つり革を掴めばいい。どちらもままならないなら、ツタンカーメンの棺みたいに両手を上に上げればいい。いくらでも冤罪から身を守る手段があります。そういうことをしないで、冤罪ばかりを訴える。それはおかしい。「李下に冠を正さず」「君子危うきに近寄らず」そんな言葉はいくらでもあります。

実際、かつて痴漢冤罪で裁判になり無罪を勝ち取った人が、後に電車内で盗撮で捕まったという事実があるんですよ。電車で盗撮している現場を押さえられ、ケータイから動かぬ証拠が出てしまいました。
そういうことがあれば、その以前の無罪を勝ち取った痴漢冤罪も冤罪どころか「本当は痴漢をしていたのにまんまと無罪を勝ち取った」と考えるのが自然かなと思います。
だから私は痴漢冤罪を訴える人を信用しないのです。貴兄の訴えていることは、どこかのオッサンが警察に捕まってから「今から出頭しようと思っていた」とかサングラスに帽子にマスク姿だったのに「逃げも隠れもしない」とかいってるのとあんまり変わらないですよ。屁理屈をこねくり回しているって点ではね。自分が痴漢をしていないなら、痴漢冤罪を過度に心配する必要もないはずです。
私はいつも質問者さんのようなことを訴える人に「そんなに痴漢冤罪が心配なら、女性専用車両の隣の車両に乗ればいい。だいたいそこはオッサンしかいないから冤罪の心配がない」っていっているのですが、なぜかみんなそれは嫌がるのな。結局、女の近くにいたがるじゃないかって・笑。

投稿日時 - 2019-08-20 17:22:35

ANo.1

以前このサイトでしたかね、痴漢冤罪事件をご本人が訴えていました。
それによると、痒かったのかどうかは忘れましたが、手を頭のほうに持ち上げた際、前にいた女性のお尻に触れてしまい、その手を女性につかまれ、さらにその手を上に持ち上げられ、「この人、痴漢です!」
と大きな声を出され、後はお決まりのパターンでたいへんなことになってしまったそうです。映画「それでも私はやってない」と同じケースです。
私は次のような意見を質問者にアドバイスをしました。
被害者の女性は嘘をついていない。彼女は痴漢をされ今度やったら絶対に手を掴んでやるぞと思って構えていた。恐らく真後ろではなく斜め後ろにいた男が犯人だったのだろうと推測します。
痴漢と間違えられた真後ろの男性は無実です。
何故か?
この男性が痴漢であれば絶対に女性に手をつかまれて持ち上げられるようなドジを踏むことはないからです。
痴漢常習者はすばやいです。手をさっと引きます。つかまえられません。つかまれそうになったって力いっぱい手を引き、掴まれません。仮につかまれたって上に持ち上げられることは絶対にありません。
どう見たってOLの女性より痴漢のほうが力が強い。そして地球には引力がありますから手を降ろそうとする痴漢に有利です。ではなぜ加害者とされた男性がいとも簡単に手を持ち上げられたのか? 無防備だったからです。痴漢行為などしていないからです。
こういう話を聞くと腹が立ちます。女性はスカートの上からお尻を触られただけ。男性は無実の罪で人生が終わるんです。めちゃくちゃです。警察はこの点、扱いを改めなきゃ。
私の妻も若い頃痴漢被害者に連続でやられましたが、車両を変えるようにしたところ、もうされませんでした。それでも来たら警察に連絡をとってつかまえてもらおうと思っていましたが、その男は車両を変えるまではしませんでしたので解決しました。その他にも時間を変えるとか女性専用車両を利用するとかいろいろな手があります。たった一回でまじめなサラリーマンを地獄に落とす女性は間違っていると思います。言ってみればよく切れる包丁を準備しておき、痴漢の手を切り落とすみたいな話と同じです。過剰防衛です。電車で頭を掻いただけで人生終わるってなんなんでしょう?

投稿日時 - 2019-08-20 16:18:55

あなたにオススメの質問