こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ケチな人

ケチな人とは、欲深い人のことを言うのですか?

ということは、家族も大切、でも不倫相手も大切という風になるのでしょうか?

妻は相当な慎重派です。

教えて下さい。

投稿日時 - 2019-08-23 07:46:24

QNo.9648503

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ケチから不倫まで、如何結び付くのか分かりませんが・・・(笑)
ケチも多種多様。 先に排除しておきますが、貧乏なケチは単にお金が無いだけ。 周囲の事を考えない(配慮が無い)ケチは、心が貧しいだけ。
立派なケチは、富豪の更に上を行く成功者に多い。
まー今回の質問では、上述の奥深い話ではなさそうなので、「多種多様」だけ協調しておきますが、加えておけば同一人物でも定義や根拠が全くありません。

面白い思考の話。 同一人物です。 正月初詣に深夜出掛けて行って千円の賽銭。 自分の願いが叶うように祈願する。 ある日、小学生の子供を連れてスーパーへ行った際に店頭でボーイスカウトの募金団体に出くわした。 「ウチが募金して欲しいくらいだわ!」と子供に話し、店内に入って行った。
あまりにも心寂しい、真の教育を知らない、どんな親に教育を受けて来たのか、次世代の子供が可哀想。 本来なら、子供に100円でも構いませんから、小銭を握らせて、「ウチよりも生活に苦しんでいる方々に少ない額だが募金をしましょう。」と誘導するのが親の姿。子供を授かったから出来る修行「共育」です。 この100円の価値は、賽銭の千円に勝ると劣らぬ価値がありそうです。
ケチの価値は、人格によるものが大きいのではないでしょうか。

投稿日時 - 2019-08-24 15:59:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

No.5です。

失礼しました、不倫されてるんでしたね。回答がズレていました。

不倫相手も大切という論理は成立しませんね。
本当に慎重派なら、そもそも不倫はしないし、したとしても徹底的にバレないようにすると思います。
奥様はケチを開放する方向が不倫相手に向かってしまっているのかもしれません。
そういう意味では2のタイプですかね。

投稿日時 - 2019-08-23 17:51:24

ANo.5

何を目的としたケチなのか、によって千差万別です。

1、家族との旅行や老後の生活の事を考えてケチな人は、現在よりも未来の事を不安視して、できる限り計画的に将来設計をしようとする人です。反面、家族や周りに窮屈さを感じさせてしまう傾向もあります。

2、他者を優先するために自分に対してケチな人は、例えば後輩に奢ったり、困った友人の助けになってあげたりと、他人のために行動し、人に頼られたり慕われる人ですが、反面利用されやすい人でもあります。

3、自分が得をするために他者に対してケチな人は、自己中心的で敵を作りやすく、自分の世界だけで生きる人です。

奥様はおそらく1のタイプかと思われます。結婚して主婦になる女性にはこのタイプは割と多く、スタンダードです。
質問者様の奥様が専業主婦かどうかは分かりませんが、旦那の稼ぎだけが生活に直結する専業主婦というのは、他者へ依存せざるを得ないということであり、自分でコントロールできない分リスクを感じやすいため、「自分のコントロールできる範囲=家計のコントロール」でリスクを回避するように努める、つまり節約する、という方向になります。

財布の紐が硬いということは、将来のことを計画的に考えているということであり、悪いことではなく、むしろ良い奥様と結婚できたと思ったほうが良いでしょう。

窮屈さを抱くこともあるとは思いますが、慎重ということは奥様だって遊べるなら遊びたいとは思ってるはずで、我慢しているということですので、そういった気持ちを分かってあげて、フラストレーションの軽減に協力してあげる方がより良い生活を送れるのではないでしょうか。

ちなみに私の嫁もドケチですが、年に1回の家族での海外旅行や子どもの教育費、将来のために節約しており、どちらかというと財布の紐がゆるい私としては大変助かっています。趣味にお金を使いたい気持ちが強いときにはケンカすることもありますが。

投稿日時 - 2019-08-23 17:16:42

お礼

そうですね。
おっしゃる通りだと思います。

ただ、それと不倫してもいいとは別ですよね!

投稿日時 - 2019-08-23 17:37:11

ANo.4

・ケチな人とは、欲深い人のことを言うのですか?
ちょっと違います。
欲深いは当面あるけどもっと欲しいと言うこと。
ケチは吝嗇家とも言い、あっても出さないと言うことです。

・家族も大切、でも不倫相手も大切
これはあるものは捨てたくないと言う倹約の心掛けです。
見上げた精神ですが、扱いを間違えると片方はかなりの確率で失う、最悪は両方を失うこともあります。

・妻は相当な慎重派です。
奥様は3つのアイテムを持っています。
旦那様の愛、旦那様が愛する浮気相手、家庭。
旦那様の浮気相手は捨てたいけど、旦那も一緒に捨てる結果にもなりかねない。
そう言う意味では「吝嗇(ケチ)」です。
欲深いなら捨てたい物はないはずです。
奥様は慎重にならざるを得ません。
で、奥様はどれを捨てようとしていますか?
まさか! 〇〇ではないでしょうね。

投稿日時 - 2019-08-23 11:06:35

お礼

ありがとうございます。

ただ、私が不倫してるわけではなく、
その倹約家の妻に不倫相手の影があるのです。

投稿日時 - 2019-08-23 12:08:31

ANo.3

確かにそう感じることは多いですね。

>家族も大切、でも不倫相手も大切という風になるのでしょうか?
それもまあ欲深の一つかもしれませんが、それはケチではない気がします。
だって不倫はあまりにケチでは成り立ちません。
不倫女性だって愛情も肯定感も与えられない既婚者をわざわざ好きになるでしょうか。
最初から不倫がしたかったわけではなく、既婚でも真剣な愛情を感じたとか、お金や時間、メールなどで愛されていると感じたとか、
リスクのない他の男性よりもずっと愛情を受け取った(と思った)からあえて茨の道を選んだのではないかと思います。

ケチな人は、自分からは殆ど何も出しません。
出さなくても貰えるようにアンテナを張っていて、欲しがることしかしませんよ。
欲しいものを手に入れるために、自分が先に多大な先行投資を行うような胆力はないと思います。

欲深いことは欲深いですが、
不倫をするような人は「強欲(労してでもたくさん満たされたい人)」、ケチな人は「貪欲(労せず際限なく欲しがる人)」と感じます。

投稿日時 - 2019-08-23 10:49:16

お礼

納得しました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-08-23 17:16:05

ANo.2

おそらくケチな人というのは不労所得を欲しがる人のことではないでしょうか。欲深な人でも勤勉な人はたくさんいますが、自分では働かないでほかの人の成果を自分のものにしたがる人のことだろうと思います。不倫する人は浪費家のようなもので、一番大切な家庭における信頼関係を放棄してしまうのですから慎重とも言えないと思います。

投稿日時 - 2019-08-23 10:03:10

お礼

非常に納得しました。
ありがとうございます!

投稿日時 - 2019-08-23 10:43:37

ANo.1

>ケチな人とは、欲深い人のことを言うのですか?

どちらかというとそうでしょうね。
俗に、「出すのは舌でも嫌」と言います。

>ということは、家族も大切、でも不倫相手も大切という風になるのでしょうか?

そうはならないでしょう。
基本、超利己的ですから。
ただ、頭の良い人間なら、最小限の投資でそう見せかけるかもしれません。(安いプレゼントとか)

投稿日時 - 2019-08-23 07:59:48

お礼

見せつける..ですが

おぞましいですね。

投稿日時 - 2019-08-23 10:44:23

あなたにオススメの質問