こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

碁盤碁石の値打ち

今更なのですが、以前テレビ番組で榧(かや)の碁盤、蛤の碁石は高価だと紹介されていました、そういえば私が子供の頃に父親が知人と碁をうちながら「この碁盤は祖父の遺品で材質は榧、黒石は那智黒だが白石は蛤で碁盤の黒線は日本刀を使っている」などと自慢げに話していたのを思い出しました

憶えているのは碁盤は薄黄色で相当重く紫の絹布と薄板で組んだカバーがありました、白石は確かに貝だと分かる薄い模様がありました

父親の他界後に母親が、この碁盤が重くて動かし辛くて掃除の邪魔だから引き取ってほしいという事で引き取ったのですが物置きに置きっぱなしでした、ある日、新聞販売店の人が今度当店主催で青空市を開催するので不要品などないかと訪ねてきたので、どなたか使って貰えたらと碁盤セットをわたしました

碁盤紹介のテレビ番組を見て以降、たまに碁盤を目にするたびにあれはどれほど値打ちがあったのだろうとか今でも大事に使ってもらっているだろうかと、多少後悔しております、以上の説明でおおよその価値がわかるでしょうか

投稿日時 - 2019-08-23 15:03:18

QNo.9648615

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

えーーーーーっ無償で渡してしまった !!
その店主が自分のものにしてしまったかも。
青空市ってフリマでしょう。そんなに高額なものを並べても売れるわけがないから はじめから自分のものにしてる可能性が高い。
碁盤は将棋盤より大きいから余計に高い。
日本刀に漆をつけて線引きするので漆の線が盛り上がっている
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/45206/4648866
こんな薄くて継ぎはぎで セット50万円ですからね。
古くてもいいものはいいので中古として値段が下がるものではない。
http://shop.kurokigoishi.co.jp/item/2275
こちらは7.2寸柾目で149万円

確かに使わない人にとっては 重いしかさばるし邪魔ですけど もったいないことをしましたね。
今はなんでもネット検索で簡単に価値がわかるし ネットフリマで簡単に換金できるようになりましたから この次は気を付けましょう。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2019-08-24 09:36:06

お礼

回答ありがとうございます

当時は全くの不要品でしたので処分してしまいましたが、値打ちがあると知り後悔しています
まさか子供のオモチャのように使われてはいないかと心配もしております

投稿日時 - 2019-08-26 15:14:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

 石は、まあ材質はどこのでも那智黒と蛤です(あとはガラス。マレに翡翠など)。薄いほど安いです。厚いものは高価ですが、中古ですのでそれほど高価とは思えません。いいところ数万円かな。

 盤は高価です。特に綺麗に使った(保存した)乾燥材の碁盤は高いです。特に、分厚い柾目盤は。

 柾目の本榧盤は、それを作れる榧の巨木がなくなっているし、使っている間に乾燥して割れることがあるので、特に高級なものは何年も乾燥せてから盤を作るそうです。その間、高額の資金を寝かせることになるのでさらに高価になる由。

 線が「太刀盛り(と言ったかな?)」だとすると高級そう。あとは盤の目と厚さですね。

 古物展示即売会で、「本榧 未乾燥5寸」と書かれた中古榧盤で40万円で売られているのを見たことがあります。「中古だから、いかに乾きにくい板だとしてももう未乾燥はないだろう」と思ったので覚えているのですが、目については覚えていません。板目だったかもしれません。

 重くて動かしづらいらしいので、5・6寸盤だとすると、板目でも50万円、誰か名のある人が作った柾目盤だと100万円単位(数百万)かも。

 さすがに1,000万円を超えるような名品、歴史を持つ碁盤(江戸時代の名人が使っていたとか)を、一民間家庭にあるとは思えませんので、高くて数百万円ということで。

 もちろん、中古なので、傷とか変色とかを見てみないと分からないとは思いますが。

 質問者さんの子供時代の記憶で書かれたことが本当かどうかわかりませんが、(本人は本榧だと信じているが実は違う場合もある)すべて本当なら、私も石などコミで50万円出して買います。惜しかったですね。

投稿日時 - 2019-08-23 16:47:55

お礼

回答ありがとうございます

白石は知人に「これは本蛤でこれほど厚みのあるものは取れない」と話していました、確かにコロコロした形でした、記憶が定かではありませんが、盤の厚みは20cmはあったように思います、盤カバーは薄板で軽く盤に密着するような感じで見事な造りだとは感じました

投稿日時 - 2019-08-27 22:07:02

あなたにオススメの質問