こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

生活保護制度についての06年素案のその後について

平成19年3月 東京都提言
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/seikatsu/hogo/teigen.files/tokyo_teigen.pdf

を読んだところ、2006年頃の案では、

(1) 稼働世代(18~64歳)に対する適用期間を最大5年間とする有期保護制度
の創設

(2) 高齢者世帯対象制度の分離(高齢者の最低生活保障のための新制度創設)

(3) ボーダーライン層が生活保護へ移行することを防止する就労支援制度

を検討していたようですが、これらの制度改革はその後どうなりましたか?

また、

国は、平成17年度の三位一体改革の議論の中で、「地方の裁量の拡大」と称して保
護基準の設定等を地方に移譲し、地方の財政負担を一層拡大する提案を行うとともに、
国の負担分の都道府県への転嫁、さらに住宅扶助等の一般財源化という主張まで付け加
え、更なる国庫負担の縮小を企図した。

という内容の制度改革、地方への財源の負担割合をもとめる案もどうなったのですか?

骨太の改革2019とかみたのですがよくわかりませんでした。
教えたくださいよろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-08-25 20:51:34

QNo.9649483

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

検討は廃止になりましたね。

投稿日時 - 2019-08-25 21:09:40

お礼

回答ありがとうございます。
その後の続報を調べても何も情報がないのはやはりそういうことですかね?

投稿日時 - 2019-08-26 21:15:41

あなたにオススメの質問