こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

165/280コマ目の宗尹卿の部分の現代語訳と意味

(↓)この下記の URL の「柳営婦女伝叢」という資料の中の「幕府祚胤傳」という資料の、165/280 コマ目の右側のページ、「幕府祚胤傳 六」の三百十六ページの “宗尹卿” の部分の

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/945825/165

宗尹卿~~
享保六年 〇〇閏七月十五日~~(略)~~
~~(略)~~
同八年 〇卯十一月、髪置~~

までの部分を現代語に訳して、意味を教えてください。




http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/945825/165
(↑)上記の URL の「柳営婦女伝叢」という資料の、165/280 コマ目の右側のページの宗尹卿の部分の、

宗尹卿~~
享保六年 〇〇閏七月十五日~~(略)~~
~~(略)~~
同八年 〇卯十一月、髪置~~

の部分までの、現代語訳とその意味を教えてください。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2019-08-31 20:35:01

QNo.9651703

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 宗尹卿
  
 享保六年辛丑の年閏七月十五日 夜 子の刻(にお生まれになったので)、(お生まれになった日付を)十六日に改めた
 すなわちご本丸にて誕生された。
 蟇目は御留守居役の島田弾正忠が、矢取は島田市十郎 箆刀は西丸の御留守居中山隠岐守が勤めた。
 御乳付には 松平左京太夫頼純の娘と 小出信濃守英貞の妻 が当たった。
 〇二十二日 松平小五郎殿と(命名書を)勧められた。
 若年寄大久保長門守教重がこれを受け、 御紋は石井筒之内葵とされた。
 〇五月二十三日 山王へ宮参り
 西丸下の外、桜田門の内にある大久保長門守宅にお寄りになった。

 (蟇目、矢取、などの役職については https://okwave.jp/qa/q9647691.html をごらんください)

投稿日時 - 2019-09-01 07:52:54

お礼

御回答ありがとうございました。

>〇二十二日 松平小五郎殿と(命名書を)勧められた。
 若年寄大久保長門守教重がこれを受け、 御紋は石井筒之内葵とされた。

という意味だったのですね。

よくわかりました。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-09-01 17:25:16

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

 #1です。補足です。

 「御乳付には 松平左京太夫頼純の娘と 小出信濃守英貞の妻 が当たった。」
と書きましたが、これは、文法の問題より史実の問題だと思います。

 「御乳付には 松平左京太夫頼純の娘である小出信濃守英貞の妻 が当たった。」とも取れると思います。

 乳つけの期間は長い場合もあり、生母の都合もあって、複数の乳母が必要なこともあるので、単数とは即断できないように思います。

投稿日時 - 2019-09-01 10:57:30

お礼

御回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-09-01 17:26:04

ANo.2

 #1です。補足です。

 乳つけ(ちつけ)には下記のように生母以外が当たる習慣があったためです。
 https://kotobank.jp/word/%E4%B9%B3%E3%81%A4%E3%81%91-1184829

投稿日時 - 2019-09-01 08:56:07

お礼

御回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-09-01 17:26:45

あなたにオススメの質問