こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

韓国の石油製品輸出

>総輸出金額の半導体が占める割合は18年で20.9%と最も高い。2位の石油製品は7.7%

ある記事で韓国について触れたものです。
原油輸入国である韓国が石油製品を輸出したとなると、製油所で精製された製品がアジアに輸出されてるということですよね?

何がどこに輸出されているのでしょうか?
なぜに日中ではなく韓国の製油所が活躍しているのでしょうか?

投稿日時 - 2019-09-05 21:49:28

QNo.9653634

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

石油製品とは 広義にはプラスチック類も含む。
原油を蒸留してできる製品全般を指すが プラスチックの原材料になるものも含まれている。
シャンプーや化粧品にもなる。

投稿日時 - 2019-09-06 23:49:56

ANo.4

>何がどこに輸出されているのでしょうか?
品目別は分かりません
輸出先は中国・日本・ASAN各国です。

>なぜに日中ではなく韓国の製油所が活躍しているのでしょうか?
石油精製というのは典型的な装置産業です。
装置が大きいほどコストが安くなります。
大量の熱を扱いますので経済的に簡単に停止させたり稼働させることができません。
一度稼働させると2年間程度はぶっ通しで動かし続けます。
灯油のように季節によって消費量の変動が大きい製品には不向きです。
どこかで集中して生産する方が経済的に有利です
この産業構造と歴史的な経緯が重なった結果が現在の姿です。
韓国は日本に追いつくために大型の装置を積極的に建設しました。
結果として現在の韓国の精製能力は国内の消費量をはるかに越えています。
生産量(精製能力)のおよそ半分が輸出向けです。
逆に言いますと韓国の石油産業は輸出なしには成り立たなくなっています。

原油の輸入から石油製品の販売までを手がける日本の総合商社は日本の石油精製会社を相手にするよりも韓国の石油精製会社へ原油を渡してできた石油製品を引き取って販売した方が安上がりだったことから積極的に韓国の石油精製会社を使うようになりました。
日本の石油精製会社も統廃合を繰り返して精製装置の稼働率を維持しようと努力しましたが韓国に遅れを取っています。
中国も石油精製業を育てようとしていますが、自動車の普及や生活水準の向上による石油製品の消費の増大速度に追いついていません。
結果としてコストの安い韓国からの輸入を続けています。

投稿日時 - 2019-09-06 19:06:21

ANo.3

No2、

温室効果ガス問題というのは聞いたことありませんか?
国際的な会議ももたれています。
二酸化炭素も、その元凶の一つとされています。
詳しいことを知りたければ、検索でも調べられます。

日本の大手商社は、その問題を表向きの理由として韓国に進出して石油輸入を始めたものです。

小売り価格では日韓の違いはさほど大きくないと思いますが、まさか小売り価格で買うことはありません。
卸し価格で、しかも日本側企業の利益は当然ながら確保されます。

為替(当事国同時の貨幣価値差)変動も睨みながら、韓国側の利益は減っても損失にならない程度に値引きはされてるでしょう。

幸い日本と韓国は距離が近く輸送費は日本国内とそんなに違わないので、双方の採算が合えば商算は成り立ちます。

怪しいと思うのは自由です。
調べれば分かる事を回答者として嘘つく必要は何もありません。
あくまでも知識の範囲で答えたことなので、細かい事は自分で確かめてみて下さい。

投稿日時 - 2019-09-06 01:25:17

ANo.2

具体的なことは知りませんが、

韓国の精油所は規模が大き過ぎて、韓国国内だけでは全く消費が追いつきません。

普通に操業していては石油製品がダブついてしまい韓国経済に大きな影響となるため、
日本については国際的な二酸化炭素削減問題とも絡めて、日本の商社が韓国に進出して買い取ってるのが現状です。

国内需給バランスの現状に全く不釣り合いな石油精製を行って、日本の大企業に尻拭いしてもらってるのが韓国石油業界の実態です。

それを活躍と言えるのか…甚だ疑問です。

日本の精油所の数は韓国の4倍以上だそうで、インフラ等を考えると日本国内のほうが絶対効率的だと思うのですが、
価格面の条件が合ってるのではないでしょうか。

他国のことは調べなければわからないことですが、
日本の大手商社に頼ってるとなれば、韓国としてはそれなりに膨大な量を扱ってるのは間違いないでしょうね。

もし対日不売運動や禁輸政策などで日本に売れなくなったら、韓国の機関産業に深刻な打撃となるのではないでしょうか。

投稿日時 - 2019-09-05 23:23:42

お礼

ご回答ありがとうございます。

ただいくつか話が見えません。
>日本については国際的な二酸化炭素削減問題とも絡めて、日本の商社が韓国に進出して買い取ってるのが現状です。
原油を買わず精製済み軽油を買うとどう二酸化炭素削減になるのでしょうか?

>価格面の条件が合ってるのではないでしょうか。
だとすれば韓国の製油所はそれだけ赤字が出てるはずですが、なぜそのようなことが起きるのでしょうか?

うーんなんか怪しい話ですね。

投稿日時 - 2019-09-05 23:48:34

ANo.1

石油製品として、韓国が輸出しているものの中に、軽油があります。
かなりの量、日本に輸出されています。

まあ、韓国は、日本への輸出制限をこの軽油に掛けようとしました。
でも、現実が分かったのでやめました。

理由は、軽油は韓国では余っているもので、他へ使えないので、日本が買ってあげていた。という事だったんです。
まあ、日本でも軽油は精製していますからね。
韓国からのものが無くなっても、影響はない訳ですが。
日本と韓国な間で、余ったものを買いましょうという協定があるから、買わされているようなものなのですけどね。

投稿日時 - 2019-09-05 22:33:47

お礼

ご回答ありがとうございます。
>日本と韓国な間で、余ったものを買いましょうという協定があるから、
この協定はなんでしょうか?

投稿日時 - 2019-09-05 23:49:16

あなたにオススメの質問