こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ゴルフスイングについて

練習場で打っているとある時突然開眼します。
スイングはこうやれば良かったのか、これなら全番手で同じように打てる。ようやく上手くなる希望がはっきりと見えてきた。ゴルフが楽しい!と喜んだのも束の間、次の練習では当然のように閉眼してクソ球しか打てなくなっています。
上手く行った日のスイングをグリップからアドレス、体重配分やスイングスピードまでノートにメモってそれを再現しているはずなのに、ダフリやトップ、フックにプッシュアウトに芯を外し切ったヘロヘロ球ばっかりで嫌になります。
そしてその日の状態でも上手く打てる方法を模索し続け、それが上手くいけば1行目に戻り上手くいかなければまた別のやり方を試しています。

このままでは一生上手くなれる気がしないので正しい練習方法を教えて頂けないでしょうか。
宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2019-09-16 16:58:52

QNo.9657445

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

私も、あれこれ本を読んだり、ネットを観たり、DVDを買ったりして、開眼したと思っても、何か付け足して行く内に振り出しに戻ってました。
子供の友人から、引き出しが多すぎて、何処にしまっているのか分からずになっていると言われ、悟りました。一人のコーチの動画を見て、迷わなくしました。
考えていることと、ゴルフで飛び出す物理現象が全く逆な様な時もありましたが、あれこれ考えずに、煩悩を捨て、適当に打つだけで、他のコーチの言っていることが分かる様になったりもしました。でも、浮気をせずに、一人のコーチの動画のみを信じてやって、後戻りはなくなりました。

投稿日時 - 2019-09-24 00:09:51

ANo.5

練習場で何十発も打っていると
段々当たるようになることがあります。
開眼、と思っても次回、閉眼です。
これは、
1 再現性のない打ち方をしているから
です。
そしてこういう練習は
2 コースではありえない打ち方
です。

コースを想定した練習、
1W、5I 1W、FW、7I 1W、7I
各々ミドルホール、ロングホール、ミドルホール
としてのショット練習です(まずいきなり1W)。
または以上を可能とする練習を、まずする。

練習とは「数を打つこと」ではなく「打ち方」を
見出すことです。
自分に合う「スイング方法」を追求することです。

打ち方には、手打ち(手腕打ち)、身体打ち、「身体
+手(手腕)打ち」が全組み合わせです。
身体打ちはフィナウやデイら、「身体+手打ち」は
松山ら(身体打ちに加え手腕をギアラップとして用いるもの)。
やはり基本は身体打ち、ボデーターンではないでしょうか。
手腕打ちは器用でありことにより、様々なショトが出来
ます(色々なミスショトがでる)。
ボデーターンは、身体が鈍いので余り変わらない、つまり
再現ができやすい。
また「体幹」のほうが使う筋肉が大きい。有利。

日本では(ジュニアを除き、一般アマに)「ボデー
ターン」など、きちんと教えるとこはほぼありません。
ちゃんと教わるなら「大枚」を用意することになります。
解説本や解説記事などは「百家躁鳴」です。
基本のスイングは、幾つかしかないのですが、、、。

投稿日時 - 2019-09-16 23:26:55

お礼

ラウンドを想定してクラブ選択するのは確かに実践的でいいですね。練習に取り入れたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-09-17 18:15:19

ANo.4

それがゴルフの楽しみです。いつでも上手く打てたらゴルフが面白くない。そうやって悩んでいるうちが華です。そのうちに悩まなくなりますが、ゴルフも楽しくなくなります。今のうちにせいぜい楽しみましょう。

投稿日時 - 2019-09-16 19:20:05

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-09-16 21:10:09

ANo.3

一番楽しいゴルフをされていますね。
上手くいかないのがゴルフです。
頭で分かっていても、また体で分かっていてもそれを再現できないのがゴルフです。単純すぎて難しいのが永遠の課題ではないでしょうか。
もしあなたの言う正しい練習方法があるのなら、みんなプロになって優勝していますよ。
一番難しいのは、アドレスでしょうね。打ちっぱなしに行っても、打席を替えるだけで調子は狂いますから。

投稿日時 - 2019-09-16 18:23:14

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-09-16 19:08:57

ANo.2

専門の人にレッスンを受ける方法はいかがでしょうか。打ちっぱなし練習場にはレッスンプロが居ることが多いです。私も一番最初はレッスンプロに教えてもらいました。ただ残念なことに練習場が閉鎖され、レッスンプロの人とも会うことが出来なくなりました。同じ人に継続して教えてもらうと良い気がします。

あとは、ゴルフの4スタンス理論も参考になるかもしれません。人間には体を動かすタイプが、A1、A2、B1、B2と4種類あるとする理論で、合っていない動かし方で練習しても成績は上がらないというものです。例えばざっくりですが、Aは腕全体を使うタイプで、Bは肘から肩にかけて使うタイプとのことです。野球のバッティングでは「腕をたたんで、、、」というやり方が有効なのはBであったり、ボーリングのフォームで投げる前に後に大きく引くものはB引かないのはA、ゴルフでのチカラの抜けた美しいスイングはA、という感じです。
Googleなどで、
ゴルフ4 スタンス理論
このキーワードで検索してみてください。

以上、参考にならなかったらごめんなさい。

投稿日時 - 2019-09-16 18:14:25

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-09-16 19:13:52

ANo.1

 
踵、膝、へそ、胸、肘、手首、頭、のどこにどんな注意を払うか
ヘッド・手首の経路、膝の動き、腰の動き、タイミング
これらを良かった時にどこに注意を集中しどの様に注意したのか、自分で考えながら練習するしかないですね。
 
私は
・テイクバックで右ひざを右に動かさない
・テイクバックで胸を右に回す
・グリップは高い位置にになる様に上げる
・トップは80%の位置で止める(目いっぱい体を捻じらない)
・トップが出来たら左ひざに体重を乗せる
・ダウンスイングの開始時に力を入れない、特に握力は抜く気持ちで
・ダウンに入れば右ひじを脇腹の前におろす
・ヘッドがボールの位置を「しゅっ」と通る様にクラブを振りぬく
これが私が注意してるポイントです。
 
これでドライバーがY230、5鉄がY170位出ます、スコアは90くらいです
 

投稿日時 - 2019-09-16 17:19:56

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-09-16 19:14:20

あなたにオススメの質問