こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

原油高騰とFRBの利上げの関係

経済番組で原油高騰で物価を抑えるために利上げを検討するかもしれないと言っていましたが、違和感を覚えました。
インフレも国内のデマンドプルなら金利を上げて押さえるのはわかるのですが、原油の輸入物価が上がったから利上げというのは腑に落ちません。もちろん国内のインフレ率は上がりますが、それで景気が過熱して物価が高騰するとは思えませんし、利上げする理由がわかりません。むしろ輸入インフレは不景気になるので金融緩和で対応すべきと思います。

アメリカの場合は原油の国内生産も増えているので輸入インフレではないのかもしれませんが、一般に輸入インフレに対しても金融引き締めで対応するのが中央銀行のセオリーなんでしょうか。

投稿日時 - 2019-09-19 09:23:17

QNo.9658363

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

原則論で言えば、原油が上がる→物価が上がる→インフレになるから金利を上げて対抗だという論法ではないでしょうか。

原油の値段が上がるのは、サウジ産の石油だけではありませんよ。
アメリカ国内の石油の値段も、サウジ様と一緒に上がります。
輸入物価うんぬんは、現在アメリカは石油輸出国なので、関係ないのではと思いました。

投稿日時 - 2019-09-19 14:39:48

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-10-01 06:37:01

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

基準通貨のため、利上げをすると、ドル買いが増え、ドルが高くなります。その結果、より安く輸入できるようになります。
他のアメリカ国内の複雑な要因はほぼ無視できます。
アメリカ以外の環境で思惑通りに行かないケースもあります。

トランプさんは、ドル安にしてより安くものを売りつけたいはずなので、そんなことをしたら仲違いになりません?

投稿日時 - 2019-09-19 16:26:17

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-10-01 06:36:28

あなたにオススメの質問