こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

被告の答弁書の後

民事裁判の原告です。損害賠償の訴訟を起こし、被告から嘘ばかりの答弁書が送られてきました。
準備書面1でスクリーンショットを元に嘘を論破した次第です。
被告は期日となる日に準備書面の提出もせず、出廷もなく、今度は私、原告の準備書面を
提出することになります。
私の弁護士曰く、裁判官からこれまでの主張の中から不法行為を特定するように指示を受けているようです。
このまま、被告の嘘は被告側からの弁護士に
責められて、負けと見越して出さないのでしょうか?
この後の展開がどのようになるのか不安でもあります。
もしよろしければ、回答を頂ければ嬉しくおもいます。

投稿日時 - 2019-09-21 00:21:10

QNo.9658904

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 昨日付の補足質問を拝見しました。

> ただ、第二回の、準備書面を提出しました。
> この後、被告の反論がない場合、どうなりますか⁉️

 日付が変わって昨日になりますが、別質問に回答した通り、被告がまったく反論しない場合、あと1回か2回で結審となり、質問者さんが主張したことをそのまま認める判決が出るものと思います。

投稿日時 - 2019-10-13 00:30:22

補足

また、被告からの反論がないなか、準備書面2にて、裁判所の指示のまま、不定行為を書いた次第です。
更に、被告の関係者から私が助けを求めた内容を連続LINEを11枚送られてきたのです。
裁判係争中に明らかに嫌がらせと脅しと考えられるLINEもメールが原告は,著しく恐怖且つ嫌悪しているので,裁判所には早く適切に解決して頂くことを希望すると書きました。

投稿日時 - 2019-10-13 21:23:17

お礼

ありがとうございます。その回答が欲しかったのです。

投稿日時 - 2019-10-13 21:06:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

 1番回答者です。

> 裁判官から私の弁護士にこれまでの主張の中から不法行為を特定するように
> 指示されたようです。

 そうですよね。裁判官から原告である質問者さん側への指示ですよね。納得しました。

投稿日時 - 2019-09-21 16:10:05

補足

ただ、第二回の、準備書面を提出しました。
この後、被告の反論がない場合、どうなりますか⁉️

投稿日時 - 2019-10-12 19:59:59

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-10-12 19:57:52

ANo.4

>スクショは手を加えていないものです

ですから、その証明をあなたがしないのであれば、相手するしかないのです

例えば、原告が2ヶ月分のスクショしか出さない場合、相手が過去半年分のスクショを用意する場合もありますし、相手がスマホのLINEアプリを入れ替えていたら、過去のやり取りが消えていますので、LINE株式会社(日本東京支社新宿オフィス)に過去の履歴を開示請求するしか無いのです

・・・ちなみに、まぁ弁護士に聞けばわかりますが、損害賠償訴訟なんて普通に1~2年かかる裁判ですから、裁判所も相手もぜんぜん急ぐ理由はありません

また、気になる点として、論破?できたのかなんて判断は、裁判所がするものであって、原告が判断するもの・できるものでは決して無いことは、覚えておきましょう

相手が出す → 一ヶ月 → 反論する → 一ヶ月 → それにまた反論する → 一ヶ月 → 新しい証拠を提示する → 一ヶ月 → 反論する → 一ヶ月 → それにまた反論する → 一ヶ月 → 新しい証拠を提示する → 一ヶ月 → 反論する

損害賠償訴訟裁判とは・・・そういうものですよ

投稿日時 - 2019-09-21 08:19:54

補足

私は原告なのですが、被告の答弁書には
私とLINEアプリの通信はしておらず、主に電話であったと書いていたのです。
多分に私が消していると思ったのでしょう。
そして、最初にコンタクトを取ってきたのは被告
でして、その後のLINEのスクショを証拠にあげました。

投稿日時 - 2019-09-21 10:29:36

ANo.3

●冷静になられたら、多分、被告側は”有耶無耶にしようと、考えていられるのでしょう。・・・”所謂、逃げ得を被告サイドは、考えていますでしょう。!
●そりゃぁ、原告が言う事を、認めたら、裁判訴訟費用含めて”負けた方が、全て
訴訟費用を、全部負担しなければ、ならないでしょうから。
※ 裁判官は、”中立の立場です。※
●原告が、提訴・訴訟した 次に、被告サイドが”公判前・準備書類を出す・出さないで、曖昧にしている(裁判作戦とか戦略)場合は、結局は”言った、聞いてない
覚えてないを”しつこく、繰り返す事は、必然的な成りいきでしょう。
●被告曰く、”何も公的に”状況説明をしないまま、”知らんぷりを、何が何でも
➡”被告側が、有利になる様に持っていこうと、”決め込んで、いるのでしょう。

投稿日時 - 2019-09-21 03:48:44

お礼

ありがとうこざいます。

投稿日時 - 2019-09-21 07:27:55

ANo.2

簡単に説明します

スクショなんて今の時代、誰でも画像処理できますね

例えば(あくまでも例)スマホの場合、こちらの発信した書き込みを消すことができますので、一度相手を怒らせてから、暴言を引き出したあと、こちらの書き込みを消せば、一方的に暴言を書き込まれたというスクショが完成します

つまり、そのスクショが本物なのかどうか?相手側が調べる時間が必要です

また、そのスクショが本物であるのか?本人同士のやり取りであるのか?についても、そのスクショの元となるアプリ会社に情報の照会申請を行う時間も必要です

つまりつまり、準備書面で論破?したスクショに怪しい操作(画像処理・情報処理)などが合った場合、証拠としての価値がなくなり、逆に偽証行為であることがわかれば、被告側が有利になりますから、その証拠(スクショ画面)が本物であるのか?を調べる作業と時間が必要です

その証拠が本物であるのか?裁判所は調べることではありませんから、被告側が時間と関係機関に協力を仰ぎ、次回の反駁準備を進めていると思います

また、連休も続いていますから、早急に関係会社などの開示請求に時間がかかることも見込まれますし、数ヶ月相手がなにもしてこないことは・・ザラです

>責められて、負けと見越して出さないのでしょうか?

勘違いされているかもですが、損害賠償請求訴訟は最初から、勝つか負けるか・・という裁判の進行は基本ありません

裁判官は双方の意見を聞いて、互いに妥協できる落とし所を探ることをまず奨めます

ので、おそらく、勝ち負けを意識しているのは原告だけかも知れないことに気づかれても良いでしょうね

投稿日時 - 2019-09-21 03:06:49

お礼

ありがとうこざいます。
Lineのスクショは手を加えていないものです。
それでも、、証拠とならないのですか?
理不尽な気がします。

投稿日時 - 2019-09-21 07:32:25

ANo.1

 意味不明な行もあるので、これからの展開を予想するうえでも、まず時系列的に並べてみましょう。

(1)A(質問者さん)がBを提訴
(2)Bから、裁判所とAに対し、ウソだらけの答弁書が届く
(3)準備書面1でAがBの答弁書のウソを論破
(4)第1回目の開廷期日。 被告Bは欠席
(5)法定外で「裁判官からこれまでの主張の中から不法行為を特定するように指示を受けているようです」とAの弁護士が言った。

 という順番だという理解でいいですか?(3と4の順番が入れ替わっても同じ)

 だとすると、Bは答弁書を出して初回期日に欠席しただけなので、問題はありません。

 「原告と被告が、交互に準備書面を出さなければならない」なんて義務はないのです。

 まだ2回目の期日までに間があるようですので、被告Bが2度目の準備書面を出す必要はありません。忙しい時などは、準備書面など一切出さず、2度目の法廷で意見などをしゃべる(「陳述する」という)のでもOKなのです。

 負けると見越して準備書面を出さない可能性もありますが、ただ忙しいダケかもしれません。

 どこにも、「被告Bにも弁護士がいる」とも「Bに弁護士はいない」とも書いて無いので、『被告側からの弁護士に責められて』なのかどうかは、全くわかりません。

 (5)については、何をおっしゃりたいのかわかりません。「これまでの主張の中から不法行為を特定」して損賠賠償を請求するのは「原告のA」の役割であって、被告ではないはずなので、なんでAの代理人弁護士が「・・・ ようです」みたいな他人事(ひとごと)のように言うのか、理解できません。


 とりあえず、答弁書は出ていますので、被告が初回の法廷に欠席するのは問題ないです、おとがめはありません。初回を欠席したとしても、負けを覚悟したからだ、とは言えません。

 もう1回待ちましょう。問題は、2度目の法廷に出席するか欠席するか、です。欠席してくれれば、(答弁書のウソは論破されているので)その場で結審して質問者さんに有利な判決が出る可能性が高くなります。

 出席した場合、何を陳述するか、です。出席すれば、その場で結審することはないでしょうが、裁判所から双方に「次回までに・・・ してほしい」的な具体的な指示があるでしょう。

 その指示に従ったところで、「次は?」とか質問してください。

投稿日時 - 2019-09-21 01:27:24

補足

補足します。被告の陳述、出頭がないないなか、裁判官から私の弁護士にこれまでの主張の中から不法行為を特定するように指示されたようです。
これらを作成してくれています。
もちろん、私へ書面確認を提示してくれるので
待っています。

投稿日時 - 2019-09-21 07:47:41

お礼

ありがとうこざいます。

投稿日時 - 2019-09-21 07:39:52

あなたにオススメの質問