こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

小泉進次郎は育休を取るべきでしょうか?

小泉進次郎は育休を取るべきでしょうか?

取っても批判。取らなくても批判。と記事になってました。

取らなくても育児が成り立つなら取らなくてもいいと思いますが、今後の日本社会の傾向を左右するとしたら取るべきなんでしょうか?
どう思いますか?

投稿日時 - 2019-09-21 18:29:24

QNo.9659128

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

政治家だろうが保育士だろうが好きな時に子供を作り、育休を取りたいなら取る事を認められる国じゃないと、少子化を止めるどころかますます少子化に拍車がかかるのでは?

なので是非育休を取って欲しいです。
夫も育児に参加してくれた方が安心できるのでは?

特に産後数ヶ月は人手はあればあるほどいいんです。
聞いた話によると、産後婦は重傷を負うのと同じかそれ以上のダメージを受けているので、本来1ヶ月ほど安静にするべきとか。
妹も産後半年くらいまともに動く事が出来ませんでした。
1年半以上経った今でも骨盤辺りを痛がります。

義弟(妹の夫)は自衛官ですが、育休無いと知り驚きました。

投稿日時 - 2019-09-21 21:50:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.11

ご質問のキモは「べき」という部分ですね

進次郎大臣本人も言っていますが、育休(育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律)の育児のための所定労働時間の短縮措置を検討するそうですね(第24条1項)

つまり、朝の10~30分ぐらいは連続して、家族と相談して取るかもしれないと話されていましたから、国民の目に見えない時間帯程度のことです

これを、法律も知ろうとしない多くのバカが、まるまる1日とか半日を休むとか、ある期間を連続して休むことを育休と齟齬している時点で、情けなく思います

ので、無知な人間のためにも「べき」でしょうね

投稿日時 - 2019-09-25 05:18:50

ANo.10

素朴な考えですが、育休を取って大臣が務まるの?と思います。

投稿日時 - 2019-09-23 12:57:41

ANo.9

やはり立場的にそんなことしてられるんだろうかってのは素朴な疑問としてありますけどね。
いなくてもいいなら別にいいんですけど。

投稿日時 - 2019-09-22 17:32:26

ANo.8

取っても批判されて、取らなくても批判されるなら、取ったほうがいいでしょうね。

取らなかったら、もう今後育休に関して彼はコメントできなくなってしまいます。賛成しても反対しても「世間に批判されて尻ごみしたやつじゃないか」といわれますからね。

投稿日時 - 2019-09-22 12:55:32

ANo.7

取るべきでしょう。
どっちにしても批判はあるでしょうが
まずやってみなくてはと思います。
 

そう言いながら陰の声
「あぁ。私たちの時代は何だったんだろう?」
またまた
「時代が違いますから」

「そうですねぇ」
 
 

投稿日時 - 2019-09-22 01:28:00

ANo.6

休暇中代替えが効く職種ならともかく、一応国を司る中枢に位置する座なんですよね?

無い知恵絞ってプレミアムフライデーとかやっちゃった経済産業省とかもですが、地位に甘んじて税金を無駄にするのはやめて欲しいです。

これだけの借金を抱え、本質的には何も板についないのに変なとこだけアメリカの真似してやってけるのか溜息が出ます。

これが個人の家計ならどうなるのかと思うと、どうせなら政治はボランティアで、無償で本気で国を考える人にお任せした方が良いんじゃないかとさえ思えてきます。

やることやっての休暇なら文句も出ないんですけどねぇ。

投稿日時 - 2019-09-21 22:03:23

取るべきに1票

何でも試してみないと、言うことも言えないと思います

投稿日時 - 2019-09-21 21:05:26

ANo.3

まだ見習い期間のようなものですから、いろいろ経験してみるほうが良いでしょうね。
まだまだ、ケツが青い感じです。

投稿日時 - 2019-09-21 20:10:31

ANo.2

育児休業のために投票した有権者の期待に応えることができなくなりそうならば,国会議員を辞職してから育児を行ってください。

投稿日時 - 2019-09-21 19:40:24

ANo.1

政治家に育児休暇は必要無いと思います。
民間企業の育児休暇取得推進に政治家の育児休暇取得は全く関係ありません。

投稿日時 - 2019-09-21 19:39:35

あなたにオススメの質問