こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

好きだった臨床心理士さんが今は憎いです

以前に何度かメンタルヘルスに関連した質問をさせていただいていたのですが、
みなさまのおかげもあって心療内科に通院し始めて、
薬の影響も意外と聞いているのか順調に回復していましたが、
精神科の先生に臨床心理士さんと話すきっかけをもらいまして、
女性の方なんですが、すごく親切で丁寧に接してくれたのが嬉しくて全く勝手ではありますが好意のような感覚を抱いておりました。
しかしその女性とは面接で自分の性格診断などのために絵を描いたり絵を見たり言葉から何を連想したかなどを答えていくうちに、自分の性格を聞かされた時に一気に今までの感情とは真逆の憎しみのような感覚が生まれてしまいました。
家に帰ってその結果が書かれた書類を読んだのですがその文面に怒りを覚えて破り捨ててしまったのですが、思い出せる範囲でこんな感じのことが書いていました。
自分の思い込みのせいで他人や世間と妥協したり折り合いをつけられないとか、自分が正しいと思う信念のせいで納得するまで行動を取れず即断できないとか嫌な出来事を引きずるとかコンプレックスを悟られないために過激な言動をしたがる傾向があるとか書かれていたことがショックで言語以外のIQのあらゆる部分も平均以下でした。
また独特な興味関心や拘りがあってその分野にだけは強いものの他は人並み以下であるような事も言われたことがすごく頭にきました。
その場では反論したり動揺しつつも平静を装いましたが、臨床心理士が憎くて該当する病院のクチコミにその人の名前と悪口を書いてしまいました。
今は自分の行いが恥ずかしくなってそのコメントを消しましたが、どうしても指摘された事を考えると辛いです。かといってその人に対して完全に憎む事もできずに自分の中でその人に対して愛憎が入り乱れて複雑な思いで気分が悪いです。
もうその臨床心理士の先生は一応僕の診察を終えたので恐らくはもうお役御免で会う機会もないかと思いますが、モヤモヤした気持ち。自分の思いを伝えられなかったのが残念でなりません。別にお付き合いしたいとかそんな気は毛頭ないのですが、自己満足でもいいから自分の思いをその先生に打ち明けたかった。ただそれだけなんです。
臨床心理士の方に告白するのは転移といって御法度なのでその時点で別の方に切り替えられるというようなものだとも聞くのですがどうせ最後なのだから打ち明けたかったのですが、最後にひどい言われようだったのでそのような気分ではないまま面談が終了してしまいました。またクチコミに書いた内容が相手に見られていて傷つけていないかと心配で、そこではもう自分は受診しないと早とちりで口走ってしまいました。
担当の精神科医や臨床心理士はその文章を見ていたとしたら明らかに自分だとわかるので、次回行くのが気まずすぎていくべきか迷います。そのクチコミを公開していたのは大体1日くらいの間ですが、噂などでその方のお耳に入っていたりしませんか?
もう一度でいいので臨床心理士さんに自分の率直な心を打ち明けたいです。
どうすればいいでしょうか?

投稿日時 - 2019-09-21 20:59:19

QNo.9659173

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

そーなんですか。あなた様も転移を経験してしまいましたか。あなた様の経験したことを正確にいいますと陰性の感情転移(嫌いになってしまう)というものです。これはわたしの経験では自分ではどうすることもできない感情です。人間の持っているどうしようもない究極の弱さと言えるものとわたしは思っております。最初は、陽性の感情転移(経験したことがない程好きになってしまう)だったものが逆転してしまったのですね。好きという気持ちとは本当はこういうものなのかと思ったと思います。この感情は、抱いた人にしかわからない苦しみです。わたしは、あなた様が本当に良い経験をなされたと思います。理解されるというものがいかに大切なことなのかを知り、自分の愚かさを指摘されるとあっさりと感情が逆に働くのだということをこころとからだで理解できたのですから。
あなた様が心理士さんに言われたことは、本当のことですよね?わたしも双極性障害者として心理士さんの言っていることと同じことで苦しみました。心理士さんが言いたいのは、あなた様は、感受性が高く人が気づけないことも気づいてしまう優しくまっすぐな方なのだと言いたいだけです。そこが最高に素晴らしいと褒めてくれています。ただ、まっすぐにもほどがありますので気をつけてくださいねと。わたし達のように感受性が高いと自分の綺麗なところも汚いところもわかりますのでついつい汚いところから無意識に目をそらしてしまう行動をとってしまうのですが心理士さんは、それではあなた様が、一生苦しまなければならなくなることをわかってくれています。でも、こんなことを精神科の人でも普通は知りません。どれだけ勉強しても理解できないはずのことを知っている心理士さんは、裏に何かあるのかもしれませんね。要は、精神的ななにかの経験者とわたしは思うのです。それでなければ本にも載っていないことをあなた様に伝えることなんて不可能です。
精神的経験者は精神的患者を、精神的患者は、精神的経験者と精神医療従事者をどうしても好きになってしまうため、精神科では、プロは恋愛対象として患者を意識することはご法度だとあなた様が言うようにすごく基本的な事柄として有名なことです。わたしもそれはダメだからねと女性の心理士さんからだけでなくPSWさんからも言われました。精神科のみなさんは、知っていることなのでわたしは気にしなくて良いと思います。
ただ、好きになってしまったことはしかたありせんね。冗談めいて陽性の感情転移に、はまってあなたが好きになったと伝えるのもいいと思いますし、普通にあなたが好きだよと言ってあたまボンボンと触るのだっていいと思います。精神科の世界は、法律・常識ではどうしようもできないすごいところだとわたしは思うのです。
あなた様は、機会があればその人に想いを素直に伝えていいと思います。

投稿日時 - 2019-09-22 05:43:05

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2019-09-23 17:33:56

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

個人的な意見じゃ無く検査の診断結果でしょ?彼女が勝手に描いたものじゃ無く
検査を受けて、それをもとに、こういう結果、傾向ですよっていうお知らせに
怒る意味が解りません。
それを知ることで(客観的に)治療方針とかも決まるんじゃないの?
それを破る意味が解りません。

自分の好意を伝える為の場では無く、治療の場だってことは解ってないのでしょうか?

投稿日時 - 2019-09-22 00:49:29

あなたにオススメの質問