こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

LED照明の力率の考え方を教えてください。

LED照明の力率の考え方を教えてください。

投稿日時 - 2019-09-27 19:36:42

QNo.9661220

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

仮に、制限抵抗しかない直列LEDであっても
 流れる時間は、サイン波ピークの10%くらいです。
コンデンサインプット回路の制御機器は
 もっと短時間の電流になり、たぶん 0.6の力率でしょう。

ビルの、エレベーター用インバーター、数百のACアダプタ、など
 数十kWの装置もコンデンサインプットです。

コンセントのACをオシロスコープで見ると
 サイン波の頂点が円弧ではなく、立ち上がりが斜めになって
 頂点電圧は、√2の値より5vほど下がっています。

平均に電流を流して設備効率を上げたい電力会社の事情で
 力率改善装置を付加させられるのが悔しいです。
コンデンサインプット問題は
 直流送電であれば発生してない事なので
  顧客に改善を要求してはならない、と思っています。

投稿日時 - 2019-09-28 19:52:44

お礼

そうですか

投稿日時 - 2019-09-28 20:49:09

ANo.2

一般的な力率計(cosθ)では誤差が生じますので使用しません。
電圧計(V)・電流計(A)・電力計(W)を使用して測定し、その結果を計算
して力率(cosθ)を求めます。
力率cosθ(%)=「有効電力(W)/皮相電力(VA)」×100(%)
力率cosθ(%)=「電力計の値(W)/[電圧計の値(V)×電流計の値(A)]」×100(%)

LEDランプの内部部品に半導体を使用していますので電流波形が歪んで
います。
この歪みにより一般的な測定器ですと測定誤差が生じますので、歪んだ
波形でも正しく測定できる測定器を選定する必要があります。
なお、半導体回路に波形を正弦波(sin波)に改善する回路を追加している
LEDランプも製造されています。
このようなLEDランプの力率は良くなっています。

歪んだ波形でも正しく測定できる測定器があります。
その一例について下のURLをクリックして参考にすると良いでしょう。
特長と仕様・資料の各項目を参照してください。

「電源品質アナライザー/PQ3100/日置電機」
https://www.hioki.co.jp/jp/products/detail/?product_key=1651

投稿日時 - 2019-09-27 21:49:53

お礼

有り難うございます。

投稿日時 - 2019-09-28 20:49:35

ANo.1

LED単体なら抵抗負荷と同じでいいと思いますが、AC100Vを直接繋ぐわけにいかないので、直流に変換する電源を用意する必要があるのですが、さすがにトランスで降圧して整流するようなことは昨今は ない と思うので、小型家電やパソコンなどに使われるスイッチング電源になります。つまり、このAC-DCコンバーターの効率・力率がLEDランプの力率に近似すると思います。

安もんアダプターの60%くらいから高級電源の90%くらいまでメーカー・容量により様々です。

投稿日時 - 2019-09-27 21:44:18

お礼

そうですか

投稿日時 - 2019-09-28 20:49:49

あなたにオススメの質問