こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本語訳をお願いいたします。

The attack on Magomero, and in particular the killing of Livingstone, had great symbolic significance for Chilembwe's men. The two Mauser rifles captured from the plantation formed the basis of the rebel armoury for the rest of the uprising.
Mwanje had little military value but it has been proposed that the rebels may have hoped to find weapons and ammunition there. Led by Jonathan Chigwinya, the insurgents stormed one of the houses and killed the plantation's stock manager, Robert Ferguson, with a spear as he lay in bed reading a newspaper. Two of the colonists, John Robertson and his wife Charlotte, escaped into the cotton fields and walked 6 miles (9.7 km) to a neighbouring plantation to raise the alarm. One of the Robertsons' African servants, who remained loyal, was killed by the attackers. The rebels cut the Zomba–Tete and Blantyre–Mikalongwe telephone lines, delaying the spread of the news. The African Lakes' Company weapons store in Blantyre was raided by a force of around 100 rebels at around 02:00 on 24 January, before the general alarm had been raised by news of the Magomero and Mwanje attacks. The defenders mobilised after an African watchman was shot dead by the rebels. The insurgents were repulsed, but not before they had captured five rifles and some ammunition, which was taken back to Mbombwe. A number of rebels were taken prisoner during the retreat from Magomero. After the initial attacks on the Bruce plantation, the rebels returned home. Livingstone's head was taken back and displayed at the Providence Industrial Mission on the second day of the uprising as Chilembwe preached a sermon. During much of the rebellion, Chilembwe remained in Mbombwe praying and leadership of the rebels was taken by David Kaduya, a former soldier in the King's African Rifles (KAR). Under Kaduya's command, the rebels ambushed a small party of government soldiers near Mbombwe on 24 January, described as the "one reverse suffered by the government" during the uprising. By the morning of 24 January the government had levied the Nyasaland Volunteer Reserve, a settler militia and redeployed the 1st Battalion, KAR from the north of the colony. The rebels did not mount any further attack any of the many other isolated plantations in the region. They also did not occupy the boma (fort) at Chiradzulu just 5 miles (8.0 km) from Mbombwe, even though it was ungarrisoned at the time. Rumours of rebel attacks spread, but despite earlier offers of support, there were no parallel uprisings elsewhere in Nyasaland and the promised reinforcements from Ncheu did not materialise. The Mlanje or Zomba regions likewise refused to join the uprising.

投稿日時 - 2019-09-28 19:16:51

QNo.9661545

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>The attack on Magomero, and in particular the killing of Livingstone, had great symbolic significance for Chilembwe's men. The two Mauser rifles captured from the plantation formed the basis of the rebel armoury for the rest of the uprising.
 Mwanje had little military value but it has been proposed that the rebels may have hoped to find weapons and ammunition there. Led by Jonathan Chigwinya, the insurgents stormed one of the houses and killed the plantation's stock manager, Robert Ferguson, with a spear as he lay in bed reading a newspaper. Two of the colonists, John Robertson and his wife Charlotte, escaped into the cotton fields and walked 6 miles (9.7 km) to a neighbouring plantation to raise the alarm.
⇒マゴメロへの攻撃、特にリビングストンの殺害は、チレンブエの部下にとって大きな象徴的意味があった。農園から押収された2つのモーゼル型(自動小型)ライフルは、反乱軍にとって暴動を生き残るための兵器の基礎となった。
 ムワンジェには軍事的価値はほとんどなかったが、反乱軍としてはそこに武器や弾薬を発見することを意図していたようである。ジョナサン・チグウィニャの率いる反乱軍がある1軒の家を襲撃し、中で新聞を読みながらベッドに横たわっていた管理者のロバート・ファーガソンを槍で殺した。2人の入植者、ジョン・ロバートソンと彼の妻シャーロットは綿花畑に逃げ出し、警報を発する(伝える)ために近隣の農園まで6マイル(9.7キロ)歩いた。

>One of the Robertsons' African servants, who remained loyal, was killed by the attackers. The rebels cut the Zomba–Tete and Blantyre–Mikalongwe telephone lines, delaying the spread of the news. The African Lakes' Company weapons store in Blantyre was raided by a force of around 100 rebels at around 02:00 on 24 January, before the general alarm had been raised by news of the Magomero and Mwanje attacks. The defenders mobilised after an African watchman was shot dead by the rebels. The insurgents were repulsed, but not before they had captured five rifles and some ammunition, which was taken back to Mbombwe. A number of rebels were taken prisoner during the retreat from Magomero.
⇒忠実であり続けたロバートソンのアフリカ人召使の一人が攻撃隊に殺された。反政府勢力はゾンバ‐テテ間とブランタイア‐ミカロングェ間の電話回線を切断し、ニュースの拡散を遅らせた。ブランタイアのアフリカンレイクス社の武器店は、マゴメロとムワンジェへの攻撃のニュースによる警告が発せられる前に、1月24日02時頃に約100人の反乱軍によって襲撃された。アフリカ人監視員が反政府勢力によって射殺された後、守備隊が動員された。(それで)反乱軍は撃退されたが、その前に彼らは5丁のライフルといくらかの弾薬を収奪しておいて、ムボンブエに持ち帰った。マゴメロからの退却中に多くの反政府勢力が捕虜になった。

>After the initial attacks on the Bruce plantation, the rebels returned home. Livingstone's head was taken back and displayed at the Providence Industrial Mission on the second day of the uprising as Chilembwe preached a sermon. During much of the rebellion, Chilembwe remained in Mbombwe praying and leadership of the rebels was taken by David Kaduya, a former soldier in the King's African Rifles (KAR). Under Kaduya's command, the rebels ambushed a small party of government soldiers near Mbombwe on 24 January, described as the "one reverse suffered by the government" during the uprising.
⇒ブルース農園への最初の攻撃の後、反乱軍は家に戻った。リビングストンの頭部(首)が取り戻され、チレンブエが説教を行った反乱の2日目にプロビデンス産業施設に展示された。チレンブエは反乱中の多くの時間ムボンブエにとどまって祈り、反乱軍の指導者はキング・アフリカン・ライフル(KAR)の元兵士であるデビッド・カドゥヤに引き継がれた。カドゥヤの指揮の下、反乱軍は1月24日にムボンブエの近くで政府軍の小隊を待ち伏せたがそれは、暴動の間に「政府は1個予備隊が被害を被った」と説明された。

>By the morning of 24 January the government had levied the Nyasaland Volunteer Reserve, a settler militia and redeployed the 1st Battalion, KAR from the north of the colony. The rebels did not mount any further attack any of the many other isolated plantations in the region. They also did not occupy the boma (fort) at Chiradzulu just 5 miles (8.0 km) from Mbombwe, even though it was ungarrisoned at the time. Rumours of rebel attacks spread, but despite earlier offers of support, there were no parallel uprisings elsewhere in Nyasaland and the promised reinforcements from Ncheu did not materialise. The Mlanje or Zomba regions likewise refused to join the uprising.
⇒1月24日の朝までに、政府は入植者民兵隊、「ニヤサランド志願兵予備隊」を召集し、また、植民地北から来たKAR第1大隊を再配置した。(しかし)反乱軍勢力は、この地域の他の多くの孤立した農園のいずれも、それ以上攻撃しなかった。彼らはまた、その時点で守備隊が駐屯していなかったにもかかわらず、ムボンブエからわずか5マイル(8キロ)のチラズルのボーマ(防護柵つき砦)を占領することもなかった。反乱軍の攻撃のうわさは広がったが、事前の支援申し出にもかかわらず、ニヤサランドの他の場所では同様の蜂起はなく、約束されていたンチェウからの増援は実現しなかった。ムランジェまたはゾンバ地域も同様に、蜂起への合流を拒否した。

投稿日時 - 2019-10-02 07:33:07

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-10-02 19:31:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

マゴメロへの攻撃、特にリヴィングストンの殺害は、チリムブエの部下にとって大きな意味がありました。 プランテーションから押収された2つのモーゼルライフルは、反乱の生き残りのための反乱軍の兵器の基礎となりました。
ムワンジェには軍事的価値はほとんどありませんでしたが、反乱軍がそこに武器や弾薬を見つけることを望んでいたと考えられています。 ジョナサン・チグウィニャ率いる反乱軍は1つの家を襲撃しました。中で新聞を読んでベッドに横たわっていた管理者のロバート・ファーガソンを槍で殺した。 2人の入植者、ジョン・ロバートソンと彼の妻シャーロットは綿花畑に逃げ、警報を発するために近隣のプランテーションまで6マイル(9.7 km)歩いた。 忠実であり続けたロバートソンのアフリカの召使の一人が攻撃者に殺されました。 反政府勢力はゾンバ-テテとブランタイア-ミカロンウェの電話回線を切断し、ニュースの広がりを遅らせた。 ブランタイアのアフリカンレイクスカンパニーの武器店は、マゴメロとムワンジェの攻撃のニュースによって警告が発せられる前に、1月24日の02:00頃に約100人の反乱軍によって襲撃されました。 アフリカの監視員が反政府勢力によって射殺された後、防御者が動員されました。 反乱軍は撃退されたが、5発のライフルと弾薬を捕獲してからMbombweに持ち帰った。 マゴメロからの退却中に多くの反政府勢力が捕虜になりました。 ブルース農園への最初の攻撃の後、反乱軍は家に戻りました。 リヴィングストンの頭は取り戻され、チリブウェが説教を行った反乱の2日目にプロビデンス産業施設で展示されました。 反乱の多くの間、チリムブエはムボンボにとどまって祈り、反乱軍の指導者はキング・アフリカン・ライフル(KAR)の元兵士であるデビッド・カドゥヤに引き継がれました。 Kaduyaの指揮の下、反乱軍は1月24日にMbombweの近くで政府の兵士の小隊を待ち伏せしました。 1月24日の朝までに、政府は入植民兵であるNyasaland Volunteer Reserveを徴収し、植民地の北から第1大隊KARを再配置しました。 反政府勢力は、この地域の他の多くの孤立したプランテーションのいずれもそれ以上攻撃しなかった。 彼らはまた、その時点で駐ed地ではなかったにもかかわらず、ムボンウェからわずか5マイル(8.0 km)のチラズルのボーマ(砦)を占領しませんでした。 反乱軍の攻撃のうわさは広がったが、以前の支援の申し出にもかかわらず、ニャサランドの他の場所では同様の蜂起はなく、Ncheuからの約束された増援は実現しなかった。 ムランジェまたはゾンバ地域も同様に蜂起への参加を拒否した。

投稿日時 - 2019-09-28 20:31:17