こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

故人の蔵書を適切に処分(売却)する方法について

こんばんは。
先日、仏文学者であった父が亡くなりまして、蔵書を処分する必要があります。ざっと数えただけでも自宅に数千冊の蔵書があります。さらに、父は自分の両親の持っていた家(父の実家)もそのまま維持して書庫代わりに使っていたので、それも含めると本の数は膨大になります。父は家族の住む自宅マンションにもう一室、自分の書斎用にマンションの一室を借りてそこに本も置いていたので、父が亡くなった今本をずっと置いていくわけにもいかず、また父の実家も父が亡くなった今そのまま書庫用に維持する事も難しく、私や他の家族が欲しいと思う本以外は処分しようと思っています。

しかし、父の蔵書は文学系の本が多いとはいえ、フランス文学だけでなく日本文学のものも多く、また美術書なども多数あり、その他広範なジャンルに渡り、本の価値が素人である私や家族からは全くわからない状況です。また、家族には仕事もあり、私は実は海外在住の為、作業に取れる時間も多くはありません。よって、時間を取って少しずつオークションに出品、というような事もできず、かといって、価値のあるものが含まれている可能性のあるものをブックオフのような本の状態のみで価値を判断するところでの売却は避けたく思っています。また、車もないため、持ち込むこともほぼ不可能な状態です。例えば美術書ばかりであれば、その価値のわかるような美術書を扱う古書店などを探すのですが、前述した通り父の趣味が広かった事もありジャンルは後半に及び専門書から一般書、日焼けしてものすごく古いものから、先月買ったようなものまで様々です。古書買い取りなどで検索すると色々店は出ては来るのですが、このような状態でどのような店を選べば良いのかすら皆目見当がつかないでいます。

しっかりと様々なジャンルの価値がわかり査定が出来、(言葉は悪いですが)「ぼったくる」ような事もなく、出張してくれるようなところがあれば一番なのですが、このような古書店が良い、といった店選びのポイントや、このような状況にピッタリのサービスがある、といった紹介、その他アドバイスなどありましたらお願いいたします。また、具体的なサービス名、古書店名を仰って下さる事も歓迎します。こちらは、阪神間と、京都市の近くにそれぞれ家がありますので、具体的な店を仰って下さる場合はご参考にして頂ければと思います(同じ店、サービスを使えるのが希望ですが、別でも構いません)。

宜しくお願いいたします。

投稿日時 - 2019-10-06 23:12:12

QNo.9664536

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

京都ならば古書店はいくらでもあります。
仮に一冊100円としたって全体の金額はかさむでしょう。買取価格が低い傾向にあるのは、売って利益を出すまで寝かせておかなければならないためです。
そうすると、一軒の店では対応しきれない場合があります。
素人に聞くよりも、老舗と思われる古書店に相談することです。
同業者間のネットワークがありますから、適切な店の紹介、また買取チームを組んでくれます。
くれぐれも専門店に相談することです。

投稿日時 - 2019-10-07 12:16:34

お礼

確かに仰る通りですね。
まず古書店に行って相談してみたいと思います。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-10-07 21:17:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

出張買取してくれる専門古書店か、
古書扱っているオークション会社(結構少ない)に依頼。
因みにオークション会社は、出品しなくても、価値鑑定してくれるところがあります(有料)

蔵書量からすれば、懇意にしていた古書店あるのでは。

専門古書店なら老舗は目安になりますが、
京都近郊で学術書専門は知りませんので、
古書籍商業協同組合に問い合わせるなどで店選んでください。

それと、古書の買取価格は低いです。
購入時1万で買っても、売るときには500円行かないこともある、
特に専門書は、基本的に必要としている人は持っていることが多いので、
需要が少ないことがあります。

なので、古書買取で出された買取見積もりが、
思っていた金額より桁が違うからと
ボッタクリであると決め付け出来ません。

買い取り目安調べるのなら、
専門古書店の売価の1/10くらいで見ておく。

価値は需要に大きく左右されます。


あとは、文学者であれば、
大学に在籍していたと思いますので全部寄贈する。

投稿日時 - 2019-10-07 08:24:32

お礼

大変わかりやすい回答を感謝します。懇意にしていた古書店はあったのかも知れません。遺品からは資料がまだ出て来ませんが、探してみます。

専門書もそうですが、もう販売されていなさそうな昭和初期に発行された美術全集とか、そう言ったものも多いのです。私に価値は分かりませんが。。。

仰る通り、大学に所属してましたので寄贈も考えます。「お金が欲しい」というよりも、貴重なものを処分してしまいたくないのが動機なので、価値を理解して引き取ってくれるならそれでもいいと思っています。

改めてありがとうございました。

投稿日時 - 2019-10-07 08:48:38

ANo.2

時間が無いのであれば、その価値を正当に評価してくれる人を探すことは残念ですが不可能でしょうね。そういう人や組織は既に大量の蔵書を持っていて、その置き場にすら苦労している場合がほとんどです。その上さらに資料を加えるということは置き場を確保することから始めなければなりません。実際に出向いてその価値を見極める必要もあります。恐らく数年がかりの作業になるはずです。そこまで待っていられないのであれば、残念ですがまとめて処分するしかないでしょう。

投稿日時 - 2019-10-07 04:50:56

お礼

なるほど、残念ながら時間のなさがネックにはなりそうです。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-10-07 08:37:46

ANo.1

「故人が価値あるモノ」も、価値を認めない人には、単なる「ゴミ」以外の何ものではありません。
遺品の処理業者は山ほど有ります。今時はゴミの処理にも費用がかかります。

私は趣味の「カメラ機材(フィルム)」を歳なので処分しましたが、新品価格換算350万円余が2万円程でした。一般的には価値を認める人は居ないと思って下さい。

投稿日時 - 2019-10-06 23:53:02

お礼

回答ありがとうございます。
煩雑になるので質問欄には書きませんでしたが、生前父に頼まれて何点かの本をオークションに出品したことがあります。私には価値はない(というか、わからない)ものですが、結構な値段が付きました。つまり、回答して下さったのと逆で、私には価値がわからなくても、その分野を知っている人からみれば価値のあるものがある可能性が高い、という事です。カメラの新品について価値が下がったことは残念だったと思いますが、それは一般的に既に価値がなかったからか、価値がわかる人が買わなかったからですよね。

過去の経験から、一点一点調べてオークションなどに出品すれば、それなりの値段になるものが含まれるとは思うのですが、その時間がない、という事です。そこで、私が質問しているのは、「価値のある可能性があるもの」について「それがわかる」古書の業者や、分かる人を派遣してくれるようなサービスについてです。

投稿日時 - 2019-10-07 00:35:16

あなたにオススメの質問