こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

イラン石油タンカーへの攻撃がNATO(アメリカ)?

2019年10月11日(Fri)(金)イランの石油タンカーがミサイル2発の攻撃を受けたけど、NATO(実質アメリカ軍でISISでもある)関係者で、アメリカのトランプ大統領を脅している黒幕にはFRBやロスチャイルド関係者からの攻撃だとまずいな、9.11はアメリカによる自作自演だったけど今回もか?前回は大量破壊兵器はなかったけど今回はなんだろうか?告発者 石塚 正浩

投稿日時 - 2019-10-15 16:02:54

QNo.9667462

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

中東情勢はむっちゃ複雑なので、サウジ沖でイランのみタンカーが攻撃されたからと言ってサウジが犯人とは限らないし、イランのタンカー保有会社もサウジ領土からの攻撃とは言っていないようです。イランをサウジが敵対心を持つことで有利になる国や武装勢力はたくさんあるので、あらゆる可能性は否定できないのだけど、NATOはもっとも可能性が低いと思いますよ。そもそもNATOには米国も加盟していますが、今は関係が最悪。残りのヨーロッパの国々は米国のイラン制裁にはんたいしてイランに同情的。アメリカもトランプの一方的な核合意破棄と経済制裁を反省して話し合いをしたいのが本音。
サウジはアメリカと同盟国とは言え、中国やロシアとも近づきつつ、アメリカの影響から抜け出そうとしているようにも見えます。ISはイランを攻撃したりサウジを犯人にするモチベーションがないし、ISの残党が活動するシナイ半島からロケット砲がイランのタンカーに命中したサウジのジッダに到達するには遠すぎる。
サウジが攻撃したかどうかは別として、状況証拠があるにも関わらず、イランがサウジの責任と非難できない事情がありそうです。一番あり得るのは、先日のサウジの石油基地の攻撃破壊に直接は手を下してはいないけれど、関与していたイランが証拠不十分のままサウジの責任と主張するともはや直接対決の戦争になる。イランとしてはそこまでしたくない、と言うことじゃないかと思います。

投稿日時 - 2019-10-16 00:05:58

あなたにオススメの質問