こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Webデザインとグラフィックデザイナーの仕事

今、時給1200円、1日5時間程度のアルバイトに応募しました。

仕事内容はWEB/グラフィックデザイナーだそうです。

一応、ウェブ系ライター1年、自社サイトの制作1年(販促用のチラシなども作りました)、wixみたいな素人でも簡単にウェブサイトが作れるサービスを提供している会社でデザインの仕事&サービスのサポート業務を半年やりました。

また個人でwordpressとDreamweaver、Illustrator、Photoshopを使って知人のサイト2個をデザインから全て作りました。

また知人の名刺を作ったりもしました。

求人では

グラフィック・WEBデザインいずれかの経験がある方(年数は不問)
Mac・Illustrator・Photoshop使える方
WEBの基礎知識がある方

とあるのですが、私の経験でもやっていけるでしょうか?

バナー広告やウェブのトップ画像などのデザインには自身があります。

また、デザインの勉強は制作の数をこなすだけでなく人のデザインをみたり、真似たりするのがいいと聞きましたがどうなのでしょうか?

投稿日時 - 2019-10-29 02:26:35

QNo.9672337

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

それはその会社で聞いてください。
会社によって求めてるレベルが違います。

ま、あなたの経験からでも
全く私は問題ないと思います。

とりあえず今の経験から、全く問題ないという話から
するべきでしょう。

>人のデザインをみたり、真似たりするのが
>いいと聞きましたがどうなのでしょうか?

良いと思います。
それプラスの知識があるともっと良いです。
そのデザインの意図見たいのが分かるのが良いです。

よは、デザインは結局、プレゼン力にかかってます。
歴史とか最近の動向、流行り、使い勝手などなど

何でこのデザインにしたのかわからないと
見た人の好みで大抵の人がものを言い
突っ込んで来ます。

そうなるといくら時間があっても手直しに
キリがありません。

特にアクセス数や売り上げに関わるところの話、情報などの話をしないとデザインを妨げてきます。

向こうからのデザインの手直しがある場合も
意味や意図を聞き入れてやらないとそれも
キリがないです。

投稿日時 - 2019-10-29 08:42:24

お礼

ありがとうございます。参考になります。

投稿日時 - 2019-10-31 23:44:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

パートタイムですからいいくらいの経験量だと思います。

こういう職種は何年やったかではなく実際のポートフォリオと制作時間です。学生は一つを制作するのに2ヶ月かけたりするので、入社してもすぐに速度が上がりません。何事も数をこなすことですので、友人知人に限らずガンガン数をあげている人にはかないません。

歌でもそうですが自分なりに歌っていても限度があります。クラシックのピアノをお手本なしで自分なりに弾いても、音楽の巨匠の曲をあなたが解釈して弾いてどうなるのって感じです。

世の中に出回っているものは合格したものばかりだと思えば、そこから学ぶ知恵はいくらでもありますので、最初は真似たパターンで作っていいでしょう。すぐに自分流が出来上がります。

投稿日時 - 2019-10-29 07:41:05

お礼

ありがとうございます。参考になります。

投稿日時 - 2019-10-31 23:44:31

ANo.2

条件は満たしているように見えますが、即戦力以外はいらないとも受け止められます
この経歴ですと「即戦力」とは判断されないと思います

でもこの仕事が好きならやれると思います
あとはこの会社がどう捉えるかでしょう
年齢とか性別とか人柄とかに問題なければ採用はあり得るかと

投稿日時 - 2019-10-29 07:13:49

お礼

ありがとうございます。参考になります。

投稿日時 - 2019-10-31 23:44:39

ANo.1

細かな部分はともかく、スキル的にはかなりパッチリではないかと。書類選考は確実に通るでしょうね。私が採用側なら、かなりの有望株として期待する経歴です。
時給計算、実動5hのアルバイト募集なら「オーバースペック過ぎて使いにくいな」と思われない限りは大丈夫でしょう。

>>デザインの勉強は制作の数をこなすだけでなく人のデザインをみたり、真似たりするのがいい
「見る」といってもただ見るだけではなく、個々の要素や色使いにどんな意図があるのか。またマーケティングターゲットに対してどんな仕掛けやアプローチがされているのか。そういった部分を考えて「見る」と勉強になる、という事です。
真似るのも同様で、ただ似たような構図や似たアイデアを使うのではなく、その技術的要素を読解して、自分の物にするのが大切です。

投稿日時 - 2019-10-29 06:52:34

お礼

ありがとうございます。参考になります。

投稿日時 - 2019-10-31 23:44:45

あなたにオススメの質問