こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

WindowsでDドライブにもソフトを入れている方

Windowsをシステム用のCドライブ、データ用のDドライブに区切って使っています。ただし、Dドライブにも一部、ソフトを入れています。

私の場合は主に、レジストリを使わないフリーソフトや、フリーのメーラーなどがDです。同じようにDにもソフトを入れている方、その理由とメリットについて教えて下さい。

投稿日時 - 2019-11-11 15:31:32

QNo.9677779

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

ポータブル系のアプリをUSBにいれて使用してます。
書類もUSBメモリ保存ですので、PC自体は工場出荷時のまま。
当然レジストリも初期のまま。
PCにはデータ、アプリが無いから、他の人に見られても平気。

Mac OSの旧バージョンが数個アプリ込みで1GBで収まるので重宝。

投稿日時 - 2019-11-14 23:10:57

ANo.7

C:SSD120GB
D:SSD240GB
F:HDD500GB

の構成で使用してます。
Cの要領が小さいので、install先を変更できるものは、
全てDにinstallしてます。

投稿日時 - 2019-11-14 15:27:46

ANo.6

私としては、1つのディスクを3つのパーティションに区切ります。
Cドライブは、Windows本体及びレジストリのとうろくが絡むソフトウェア
Dドライブは、データ及びレジストリの絡まないソフトウェア
ここまでは、質問者様と一緒です。
あともうひとつは、仮想記憶用のドライブです。約10GB程確保しています。
仮想記憶は、都度領域を増やしていくので、フラグメーションを起こしやすくなります。これを1つのドライブに集約させれば、Cドライブのフラグメーション化を少し下げる事が出来ます。
Dドライブのデータ及びソフトウェアについては、考えることなく丸ごとコピーが出来るので、個人的には好きな方法だと思っています。

投稿日時 - 2019-11-11 17:53:10

ANo.5

私は仮想メモリの確保のためです
https://www.pc-master.jp/sousa/s-memory.html

240GBのSSDなのでインストール先を変更できないソフトが圧迫してしまう 多めに未使用領域を残すようにしています

投稿日時 - 2019-11-11 16:49:26

ANo.4

 
パーティションを分けるのはHDDなどの物理的故障には意味がない。
物理的なHDDやSSDに障害が出るとCもDもアクセスできなくなる。

それよりソフト的な障害への対応がメインです。
ここでもWinodwsをアップデートしたら動作がおかしくなったとか、何かのソフトが動かなくなった、あるいはWindowsのアップデートが永遠に終わらない(これは私も経験した)などへの対応です。

OSやソフト(アプリ)などはインストールの手段(ネットやDVD)を用意すれば何時でも再構築できます。
だからCドライブにOSとソフトを集めておけば上記の様なソフト的障害が出たときには再インストールすれば修復できます。
再インストールなど復旧の手段がない物、それは受信したメールや写真、自分が作った文書など、これらをDドライブに保存しておけばCドライブの再構築の時に影響を受けないからCドライブの再構築後は従来の様に使えます。

先に書いたアップデートが永遠に終わらない状況になった時、前記の様にCドライブを再構築し復旧しました。
 

投稿日時 - 2019-11-11 16:41:59

ANo.3

No2さんの回答にある通り、確かに故障するときは、一つのパーティションだけというのは意外とないんですよね。丸ごと物理的にオジャンになることばかりでした。
わたしも以前は(XPとかの時代)やっていましたが、Windows10のPCを久々に購入後は面倒でやっていません。

ただ、一応システムとその他のアプリを別のパーティションに分けておき、『システムのパーティションが最初になるようにしておくとHDDの場合はわずかに動作が早くなる』とかを検証した記事をどっかで見たような記憶があります。

SSDがメインの場合はわかりません。

念のため、用語解説: コンピュータのハードディスクのパーティション (Partition) とは、ハードディスクの記憶領域を論理的に分割すること、あるいは分割された個々の領域を指す。HDDをC:とD:に分けた場合のそれぞれの領域のこと。

投稿日時 - 2019-11-11 16:21:19

ANo.2

パーティションを区切って
データを守ろうという都市伝説です
HDD・SSD とも 壊れた場合 C:Dも読めなくなる場合が非常に多く
分けても無駄です

物理的にHDD/SSDが分かれていない場合 分かれていても無意味です

また分けるとシステム丸ごとバックアップが非常にめんどくさいことになります

デメリットはあるがメリットはない というもので
結局都市伝説です

投稿日時 - 2019-11-11 15:55:04

ANo.1

Dにもソフトを入れているのは、万が一Cが壊れてもDのデータは壊れないからです。

投稿日時 - 2019-11-11 15:52:55

あなたにオススメの質問