こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ピアノの練習方法 オススメがあれば是非

小学生の頃5年ほどやっていたピアノをもう一度弾きたいと思っています。
集中力がないのか、楽譜を読むのがとても苦痛でしかたなく、何時間も楽譜を見つめたまま根負けしてピアノを閉じてしまっていました。

再び楽譜を開いてみましたが指も全く追いつかず、#が二つ三つでてくるとそれだけで楽譜を閉じたくなります。
長年ピアノをやっている友達に尋ねると私のピアノ教室とは違うやり方で教えていたようです。
楽譜を読むというのは基本ですよね?
楽譜を読むのが苦痛でなくなり、指を置けるようになる練習方法があれば教えてください。

投稿日時 - 2004-08-19 18:27:49

QNo.968075

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちわ。
私も同じ悩みを持つ者の一人です。大人になって教室に通ったんですが、その先生は「練習は自分にとって易しく弾ける曲と同時に、ちょっと難しい曲も練習するといい」と言ってました。
とても好きだけど今の所太刀打ち出来ない曲にチャレンジしてみる事は、「どうしても弾いてみたい」という気持ちが強いので1小節とか2小節だけでもいいので、片手でもいいからとにかく練習します。楽譜を読むのはかなりの忍耐ですが、好きな小節だけとか、全部やるわけではなくても、後で今のレベルに合う曲を弾こうとしたときに以前より少し易しく感じる気がします。
なので「これは難しいけど絶対やりたい」と思う楽譜を見つけて、所見で弾けそうな曲などと並行して練習するのもひとつの手だと思います。
頑張って下さいね!!

投稿日時 - 2004-08-23 21:03:30

お礼

>「練習は自分にとって易しく弾ける曲と同時に、ちょっと難しい曲も練習するといい」

ふんふん、なるほどぉ。
そういえば母がピアノなんて習ったことないのにエリーゼのために、を聞き覚えて弾いていたのを思い出しました。
私もトロイメライなんてやってみたいですね。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2004-08-24 01:19:39

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

5番の続きです。これは右手が親指のときについ左手の親指が出るのを断ち切る効果があります。あなたがこの程度でなければよいのですが。

投稿日時 - 2004-08-21 19:27:55

お礼

続けてありがとうございます。
幸いながらそれは大丈夫のようです。

みなさん色々工夫して練習なさっているんですね。
ピアノには苦い思い出しかないのでこれからマイペースで楽しもうと思います。

投稿日時 - 2004-08-21 22:02:20

ANo.5

好きな現在の歌を指使い無視で、ユニゾンで(左右の手でオクターブ離して同じメロデーを弾く)その時代が過ぎたらあなたしだい。高校時代だったな。終わり。

投稿日時 - 2004-08-21 13:44:33

お礼

おぉ、初めて聞いたやり方です。
早速やってみます。
ありがとうございます!

投稿日時 - 2004-08-21 16:14:16

ANo.4

まず楽譜になれることが大事だと思います。
ピアノ教室で使われるような教本を使わずに自分が知っている曲の楽譜を使ってみてはいかがでしょう。
知っている曲ならリズムは大丈夫だし音もスムーズに読めると思います。リズムが分かるだけで楽譜を読む負担が少しは減ります。
「大人のための…」「ハ長調で弾ける…」などの初心者用楽譜集をみて好きな曲を弾いてまず楽譜に慣れましょう。
簡単で直ぐ弾ける曲を沢山用意して練習されるといいです。
私は子供のころレッスン以外の楽譜集を一冊かって練習の時に毎回最初の曲から最後まで(15曲ぐらい)をぶっ通しで弾いていました。おかげで譜読はものすごく速いです。

投稿日時 - 2004-08-20 15:50:30

お礼

>簡単で直ぐ弾ける曲を沢山用意して練習されるといいです。
私は子供のころレッスン以外の楽譜集を一冊かって練習の時に毎回最初の曲から最後まで(15曲ぐらい)をぶっ通しで弾いていました。

なるほど、すると楽譜に馴染めますね。ありがとうございます。

投稿日時 - 2004-08-20 22:10:36

ANo.3

>楽譜を読むというのは基本ですよね?

読めたほうが便利なことは多いですが、読めなくても音楽はできます。
耳で覚えて弾くとか、全て即興で弾くとか、伴奏ならコードだけ見て弾くとか。

バイオリンでは鈴木メソッドという有名な物があって、これはかなり後になるまで全く楽譜を使わない方法です。

まあ、いろいろあるということで。


あと、既に回答にあるとおり、好きな曲、やりたい曲なら苦痛にならないと思います。
私もつまらない曲、嫌いな曲だと、たとえ楽譜が読めても弾く気がおきません(笑)

ただ、効率考えると、好きな曲だけだと偏って、上達は遅れると考えた方がいいでしょう。
いろんな曲をすぐに弾けるようにするには、やはりいろいろな練習が必要でしょうから。

私は、そのへん納得して好きな曲だけ弾いてますが。

私はピアノはベートーベンの月光を目標にしました。
20年以上たって未だに全楽章は弾けてませんが(^^;
第2楽章ぐらいはなんとか。
あれもやたらb多い曲ですが、大丈夫でした。
現在も通常は#4,b3までが守備範囲です。

投稿日時 - 2004-08-20 12:40:22

お礼

>バイオリンでは鈴木メソッドという有名な物があって、これはかなり後になるまで全く楽譜を使わない方法です。

おぉ、これは楽譜嫌いな私には輝いて見えますが(笑)
嫌いなのでついそんな方法に走りたくなります。

月光ですか~ 素敵ですねぇ。
佐賀県で毎年終戦の日に月光だけのピアノコンサートが行われていますよね。

投稿日時 - 2004-08-20 22:15:09

ANo.2

辞めた時点でどの程度習得していたか・現在何を弾きたいと思っているのかで答えは変わってくるとは思います。
質問を読んだ感想として、色々な曲にトライするより、先ずは自分が弾きたいと思う1曲に絞り込む方が良いのではないかと思われます。

#や♭があっても、知っている曲であれば歌いながら探り弾きをする事でメロディーに関してはどうにかなるもんですよ。読譜が苦手・・と思っておられるのであれば、このような楽譜に頼らない演奏を考えてみれば気持ちも楽になるのではないでしょうか。

投稿日時 - 2004-08-19 22:13:32

お礼

ありがとうございます。
やめたのはブルグミュラーをかじった程度の時でした。
そうですね、やりたい曲から、というのが大切なのかもしれませんね。

投稿日時 - 2004-08-19 23:31:07

私も10年ほどピアノを習っていましたが、その時はレッスンの日直前1時間ほどしか練習をせずいって怒られ、案の定へたっぴでした。

が、ピアノ教室をやめて、自分の好きな楽譜(ジブリの楽譜集)を買い、自分の好きなときに、好きなだけ引くようにしていたら、ばんばん弾けるようになりましたよ。

これが一番いいという練習方法はありません。
自分がどれだけ弾きたいと思うか、が大事だと思います。

とりあえず、バイエルからやるとかつまらないことは言わずに、多少難しくても弾きたい楽譜を買うべきだと思います。
私が友人にピアノを教える時はそうしました。
そしたら結構弾けるようになり、大学でも少し楽になったといっていました。

投稿日時 - 2004-08-19 20:52:36

お礼

>自分がどれだけ弾きたいと思うか、が大事だと思います。

やはりそうかもしれませんね。ネットでも楽譜を早速探してみます。ありがとうございます。

投稿日時 - 2004-08-19 23:33:29

あなたにオススメの質問