こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

安倍晋三、安倍総理大臣は10%消費税増税は反対だっ

安倍晋三、安倍総理大臣は10%消費税増税は反対だったって本当ですか?

自分がやりきるんだっていう意気込みで消費税増税を満身してたように見えたんですけど、イヤイヤ自民党内の消費税増税派閥に根負けして増税したって信じられないんですけど。

自民党内の消費税増税派って副総理の麻生太郎のこと?

麻生太郎のほうが安倍晋三より偉いってこと?

麻生太郎が明智光秀で安倍晋三が織田信長?

投稿日時 - 2019-11-22 21:07:41

QNo.9682011

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

消費税10%の法律を通したのは、民主党政権であり、法律となっている以上、施行しなくていはいけないものを、段階的に8%にしたり、期間を約8年のばして10%にした。
通ってしまった法律を無効にするには、国民投票くらいしか無いが、一度も行われておらず、実際には困難。

投稿日時 - 2019-11-22 22:40:54

お礼

見んありがとう

投稿日時 - 2019-11-23 16:39:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.6

消費税を10パーに上げる
と決めたのは当時政権与党だった民主の野田です

安倍は増税に合意するかわりに
衆議院の解散と言う条件を出して選挙になり自民が勝利
そして今に続く安倍政権へと繋がります

投稿日時 - 2019-11-23 14:48:32

ANo.5

一応改正する法律が成立してもその法律を廃止する法案を国会で審議し可決すれば、廃止には出来ますが今度は廃止法案に野党が反対しかねない(こちらの方がまだ筋が通るから良いのだが)。

投稿日時 - 2019-11-22 23:12:03

ANo.4

金融緩和によってアベノミクスを目指した安部はもともと消費増税には反対です。消費増税案は民主党内閣で当時の野田総理が国会を通した法案です。国会で成立した法律は後継内閣でも(安倍内閣でも)実施する義務があります。内閣は行政機関のトップで、国会で成立した法律を実施する組織なのです。安部はそのトップなのです。安部は8%の時は不景気などあれこれ理由を付けて逃げましたが、今度の10%は逃げる理由がまるで見つからなかった。そうなればやるしかないのです。それが行政のトップである内閣総理大臣の義務であり、仕事なのです。嫌でもやるしかないのです。
麻生は元々財務省寄りの財政規律派で、消費増税賛成派です。ですが麻生がやらせたわけではありません。何度も言いますが、リーマンショック並の景気後退がなければ、国会で決められた消費税増税は誰が総理であってもやらざるを得ないのです。そういう意味で、今度の消費増税に反対した元民主党の連中は政治家として出来損ない、不道徳に過ぎます。自分たちが作った法律に反対するのは。

投稿日時 - 2019-11-22 22:46:29


 今、日本を動かしているのは、立法(代議士)でもなければ、司法(裁判所)でもありません。 行政(中央省庁)です。

 ですから、例え、首相と言えども、行政(中央省庁)のメモを読むだけです。
麻生太郎氏は、そのメモの漢字が読めないことがあることで有名です。(苦笑)
 

投稿日時 - 2019-11-22 21:39:12

あなたにオススメの質問