こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

将棋奨励会の年齢制限について

実力がある人なら、何歳になっても将棋プロになれてもいいのではないでしょうか
年齢制限をしなければならない理由は何でしょうか?

囲碁等、プロで年齢制限があるものに他には何がありますでしょうか

宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2019-11-23 04:20:07

QNo.9682133

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

プロスポーツも職業の一つ
高齢になると健康面(怪我など)でのリスクがあるので定年(年齢制限)の規定は存在します。
日本相撲協会でも定年は65歳、このほど延長され本人が希望すれば
70歳となりました。
現実にはそこまで達する人はいません、
現在立浪部屋の華吹(はなかぜ)、46歳これが最高年齢。1986年3月場所に初土俵を踏んで以来、30年以上にわたって土俵に立ち続けてきたが、最高位は三段目。それでいながら、西の序二段28枚目で迎えた今場所をもって、歴代最多となる通算在位187場所の記録を打ち立てた。

プロスポーツ定年(年齢制限)
 プロ選手も健康面を考慮し定年制度はありますがその年齢まで達する
 人はこれまでいないようです
  ボクシング 37歳(ライセンスを返上することになる) 審判は70歳
  野球・サッカー40歳 実際には本人に体力あって、
            健康面で問題がなければ延長できる。
            中日の山本昌選手は50歳と1ヶ月まで現役でした。 
            プロ野球の審判 58歳  プロ野球監督 定年なし
など一応、他のスポーツでも定年はあるようですがほとんどの場合
本人からの「体力の限界」監督から「現役続行不可」ということで定年まで
達することはない。

投稿日時 - 2019-11-23 06:09:02

お礼

迅速且つ丁寧な御回答ありがとうございます。年齢制限のことが勉強になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-11-24 23:59:46

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

その昔は、花村元司という人が真剣師(賭け将棋師)からプロになったという例があります。ただ賭け将棋の世界からプロにやってくるというのはあまり品がいい話ではないので、花村元司の後は久しくありませんでした。私が大好きな小池重明という人が花村元司以来の「真剣師から特例でプロになる」という例になりかかりましたが、あまりに素行が悪くてポシャりました。

しかし小池重明のような例もあり、2005年からプロ編入試験というのができてアマチュアからプロになる道も作られるようになりました。
今泉健司棋士や瀬川晶司棋士はその制度でプロ入りしました。

年齢制限があるのは、どのプロスポーツでもある程度は仕方がありません。ただ肉体を使うスポーツならどうしても肉体的に若い人には勝てませんから、実力として通用しないのが一般的です。また他の方が書いているように、ボクサーなど協会として規定をしているスポーツもあります。ボクシングは特に危険なスポーツなので、ヘタにオッサンがやると殺されちゃいますよね。とはいえ、かつて「浪速のジョー」として人気ボクサーだった辰吉丈一郎さんは規定により日本のプロボクシングのリングには立てないものの、本人はあくまで「まだ現役」と公言しています。

話を将棋に戻せば、将棋の場合はまあそれこそ80過ぎのお爺ちゃんでもできるものではありますから、年齢制限でもつけておかないと先もないのに将棋にしがみ続ける人が出てきてしまうというのはありますね。

投稿日時 - 2019-11-23 12:29:55

お礼

丁寧な御回答ありがとうございます。賭け将棋士のことが勉強になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-11-24 23:58:19

>実力がある人なら、何歳になっても将棋プロになれてもいい
なれますよ。アマチュアで対プロの戦績が規定の成績以上(10勝以上・勝率65%以上)で、日本将棋連盟に届出をすれば「プロ棋士認定試験」を受験することができます。もうすぐアマチュアの折田翔悟氏がその試験を受験します。5人の若手棋士相手に3勝以上すれば合格です。

現在までこの試験を受験・合格したアマチュアは二人とも元・奨励会員でしたが、「実力がある」アマチュアなら誰でも受験することができます。

で、奨励会の年齢制限ですが、これは他の回答者の方もおっしゃっているように、将棋連盟の「親心」です。他の進路を見つけるにはある程度若い方がいいですからね。実際に元・奨励会員で退会後に医師になった方もいますし、映画監督になった方もおります。

投稿日時 - 2019-11-23 11:23:14

お礼

迅速且つ丁寧な御回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-11-24 23:58:48

ANo.1

満26歳になるまでに四段に昇級してないと、奨励会退会になることは知っていますよね。

何故退会になるのか?
ある意味、日本将棋連盟の優しさです。
いつまでも将棋にかじりついていないで、職を見つけなさい、と。
見切りを付けてあげているのです。
年齢制限無しだったら、いつまでもフリーターで人生台なしですよ。
本職を持ってプロを目指せばいい?
将棋界はそんなに甘くないです。
努力してプロになった人もいますが、ほとんどは超天才たちなのです。
ホント凄い世界なのです。

投稿日時 - 2019-11-23 05:12:32

お礼

迅速且つ丁寧な御回答ありがとうございます。確かにそうですね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-11-25 00:00:26

あなたにオススメの質問