こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

キャッシュレス決済の還元について

増税での還元で消費者還元事業の振り込みがありました。

5%還元の店舗で10月1日から10月31日の買い物(主に食料品や一般生活雑貨)合計が
42,043円でした。

5%還元なら約2,102円の還元だと思うのですが、これは違ってますか?

ちなみに楽天VISAデビットもキャッシュレス事業の対象カードで、楽天VISAデビットを利用しました。楽天のサイト内で「毎月1日~同月末日までに、本事業事務局より楽天銀行に到着した消費者還元情報に基づき、毎月25日に楽天銀行の口座へ還元相当額を充当いたします。」とあります。今日、入金があったのは61円でした。

61円の結果は、これは合っているのですかと言う質問も変ですが、どうなんでしょうか?
「本事業事務局より楽天銀行に到着した消費者還元情報に基づき」と言うからみなんだと思いますが、そう言う意味なんでしょうか?
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-11-26 18:08:30

QNo.9683447

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

この制度、なにがややこしいって還元の方法が決済業者によって違うことです。金額はその金額で間違いないはずですが、その反映は概ね2ヵ月後となっている決済業者が多いようです。
つまり還元されるのは来月です。3ヵ月後という事業者もあります。困ったことに「即時値引き」という事業者もあります。

更に更に困ったことに、「実は還元されていない」という可能性も否定できません。私が経験した例では、ある中華料理店で例の赤いステッカーが貼ってあったのでPayPayで払ったら、何か様子がおかしい。PayPayアプリで見てみたら、そのお店は還元事業の対象店には登録されていない・笑。なにしろ対象事業者には「うんざりするほどポスターやステッカーが送られてくる」という噂ですから、ステッカーだけもらってきたのかも・笑。まあ別に損はしていないのに、騙された気分ですね。

また決済方法もいちいち申し込まないといけない(クレジットカードやペイ払いは別々に申し込む)ので、お店の管理が甘かったりお店が事業そのものをちゃんと把握していないと「実はクレジットカードは対象でも、ペイは対象ではなかった。お店のスタッフはそれに気づかずやっていた」って可能性もなくはないです。こんなに申し込みも含めてややこしいとそういうところはきっとありそうです。

デビットカード使用だと1ヵ月後還元となっているところは確かにあるので、ここから先は「楽天に聞いてくれ」ということになってしまいます。
なにせ今まで前例がない事業でございますので、みんな混乱しているのです。ちなみに私も別件で関連事業絡みで楽天カードには問合せのメールを10日近く前にぶん投げているのですが、未だに返信がありません。

投稿日時 - 2019-11-27 20:00:34

お礼

ご回答ありがとうございます。
制度の個人向けのフリーダイヤルに電話してもわからないし、結局、カード会社という話になるし、カード会社は参加店舗と事業事務局でキャッシュレスデータのやり取りをして、経産省(?)通産省(?)から来たデータにも基づき還元充当しているだけだから、どのキャッシュレス決済が還元対象なのかは、カードの履歴ではわからないと・・・。
どうにもならさなそうなので、放置します。ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-11-28 08:34:18

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問