こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

英文法の解説お願いします。

英文法の解説お願いします。
The caterpiller and flightless female of which live in a portable protective case consutlucted out of plant debris.

この文は、of whichが使われていますが、これは関係代名詞ではありませんか?

翻訳サイトでは、”キャタピラーと飛べないメスは、植物の破片で作られた携帯用保護ケースに住んでいます”となりました。liveまでを主語として訳してますが、これは正しいですか?

投稿日時 - 2019-11-28 08:17:35

QNo.9684058

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

このof whichは関係代名詞では無いと思います。おそらく、この文の前に別の名詞があって、代名詞whichがそれを指しているのだと思います。文に現れていないと思われる名詞を"それ”と訳すと、

それの芋虫と飛べないメスは、植物のクズから作られた(constructed) 小さな保護用の入れ物の中に住んでいる。

主語は The caterpiller and flightless female of which 
翻訳サイトの訳はほぼ正しいのですが、of which に相当するものが文の中に見つからないので、訳さないで飛ばしてしまっていますね。

投稿日時 - 2019-11-28 14:48:50

ANo.2

>The caterpiller (→caterpillar) and flightless female of which live in a portable protective case consutlucted (→constructed) out of plant debris.
⇒誤植2か所訂正あります。
ご質問については、以下のとおりお答えします。

>この文は、of whichが使われていますが、これは関係代名詞ではありませんか?
⇒はい、of whichは関係代名詞です。

>翻訳サイトでは、”キャタピラーと飛べないメスは、植物の破片で作られた携帯用保護ケースに住んでいます”となりました。
⇒「キャタピラー」とあるのは、「幼虫」のことです。
「幼虫と飛べないメスは、植物の破片で作られた携帯できる護身用の袋(繭)の中に住んでいます。」

>liveまでを主語として訳してますが、これは正しいですか?
⇒いいえ、この文の構造は、The caterpillar and flightless female of whichが主部、liveが動詞、in a portable protective case constructed out of plant debrisがliveにかかる副詞句です。この副詞句の中のconstructedは過去分詞形容詞でcaseを修飾(後置修飾)しています。

投稿日時 - 2019-11-28 13:49:25

ANo.1

1。この文は、of whichが使われていますが、これは関係代名詞ではありませんか?

 はいそうです。

2。翻訳サイトでは、”キャタピラーと飛べないメスは、植物の破片で作られた携帯用保護ケースに住んでいます”となりました。liveまでを主語として訳してますが、これは正しいですか?

 はい。

3。constructed が正しい綴りです。

投稿日時 - 2019-11-28 10:28:29