こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

認知症予防になる事は

認知症予防になる事は

まずは寝る前に歯磨きする事

時間を守って規則正しい生活を送る事

食事、服薬、などの時間を毎日定時にする事

自律、出来るだけ自分の力で行い、人からはアドバイスを聞き入れる事

ネチケット守らない足りない頭の人間を相手にネットしない事

精神科医はプラークコントロールについては今まで言及した事一度もありませんでした。

他に深夜起きてネットやらない事は極々当然のことです。液晶画面見たら忽ち覚醒してしまいます。

運動、入浴、それから寝る時に靴下履いて寝ない事

食事から栄養を取りバランスよく、ミネラル、ビタミン、水分を上手に取ること、そしてサプリメントに手を出さない事

人間関係を円滑にする事

他には何でしょうか。

投稿日時 - 2019-12-01 02:28:39

QNo.9684972

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

さっき「認知症予防」というキーワードでググって調べましたが、

頭と身体をバランスよく使うことが大事
生活習慣を整えることが大事とか書いてありました。

No,3,4に回答したことは認知症予防になるだけではなく、他の病気の予防や改善につながると思いますが、あくまでも個人差で合う合わないのとあります。

もしお悩みのようなら、
ぐぐって調べたりしてはどうですか??
本を買ったり図書館で借りて読んでみるといいかもしれません。

もしよろしければ以下のURLのを読んで、デスクワークやスマホを離れて眠れない時に印刷して読んでみるといいかもしれません、
https://www.d1yk.co.jp/info_health/2019/01/post-46.html
https://www.tyojyu.or.jp/net/byouki/ninchishou/yobou.html

家事や労働も大事ですよ。無理ない範囲でやってください。

病院に通院しているなら、担当医に「認知症の予防について、僕の書いた回答が効果良いという知識を得ましたが、どう思いますか?」と聞いてみてはどうですか??

ここに書いてある回答や質問を持って担当医に診てもらってもいいですよ。

投稿日時 - 2019-12-03 19:07:08

お礼

ご回答下さいまして誠にありがとうございます。お礼が遅くなりましてお詫び申し上げます。

投稿日時 - 2019-12-09 21:22:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

>認知症予防になる事は

>寝る前に歯磨きする事

寝る前でもいいと思いますが、寝る直前はやめたほうがいいとテレビでやってました。朝の起き抜けと食後だけで十分です。
朝起き抜けや寝る前に歯を磨くことは、口臭を予防したり、寝ている時とかに蓄積された口の中の細菌をやっつける効果があると聞いたことがあります。

>時間を守って規則正しい生活を送る事

>食事、服薬、などの時間を毎日定時にする事
すばらしいことだと思います。
朝起きたらカーテンや窓を開けて朝日を浴びることで体内時計がリセットされます。
朝日は冬は30分、夏は5分程度で良いという話を聞きます
朝食もしっかりとることも大事です。
朝起きたらコップ1杯の白湯や温かいお茶など飲むことも大事です。
便秘解消や認知症予防にはいいですよ。

>他に深夜起きてネットやらない事は極々当然のことです。液晶画面見たら忽ち覚醒してしまいます。

深夜に眠れないんですかね?
液晶画面は覚醒効果があるので、眠剤を病院で処方してもらう手段もあるし、薬を使わなくても日中や夕方に家事や身体運動などをすることも大事です。
日中~夕方に身体を動かすことで不眠の改善につながります。
液晶画面を見ると依存しますよね。
夜は軽い読書にするか、ゆったりした音楽を聴くとか、瞑想をしたり、ストレッチや深呼吸などリラックスの時間にすることが断然いいです。

>運動、入浴、それから寝る時に靴下履いて寝ない事

運動や入浴はとてもいいことです
3・3・3入浴法が自律神経の乱れを直す手段になります。
3分身体を洗って3分湯舟、3分髪を洗って3分湯舟、3分洗顔して3分湯舟を3セットで、40度の設定温度にして十分温まりました。
それから靴下を履いて寝ないことについてですが、僕は足が冷えてつらいので、靴下履いて寝てます。

足汗や手汗があるなら、履いている靴下を変えたりするのがいいですし、代謝をよくすることをやるといいです。

運動は前に書いたように体を使うことですね。
ウォーキングやジョギングでもいいですし、室内だと踏み台昇降、ラジオ体操(室外でも可能)、ヨガ、ストレッチ、筋トレなどいろいろあるので、無理のない範囲で頑張ってください。

>食事から栄養を取りバランスよく、ミネラル、ビタミン、水分を上手に取ること、そしてサプリメントに手を出さない事

それは素晴らしいことだと思います。

他の方法もいいことだと思います。

他、夕食を寝る3時間前に終わらせることも大事です。

朝起きたらウォーキングを30~1時間、ラジオ体操をやっている例をテレビで見たことがあります。

それから食事で噛んで噛んで噛み砕いて飲み込むことも認知症予防などに役立ちます。

暴飲暴食の習慣がついているなら、よく噛んで味わって楽しむことも大切です。

投稿日時 - 2019-12-03 06:31:29

お礼

ご丁寧ご回答下さいましてまことにありがとうございます😊

投稿日時 - 2019-12-03 07:35:13

ANo.2

イギリスで、はっきりと認知症の予防になる効果があることが分かったものがあります。

それが、「ダンスを踊る」ことだったそうです。

重要なのは、体を動かすこと。しかしただトレーニングしているだけだと単調になるので認知症の予防までにはなりません。ダンスは音楽を聴き、それに合わせてリズムよく踊らないといけません。振付を覚える必要もあります。聞き、考え、身体を動かす。これを同時にやることが脳を刺激することになるのです。

投稿日時 - 2019-12-01 13:24:28

お礼

ご回答下さいましてどうもありがとうございます😊

投稿日時 - 2019-12-03 07:33:56

ANo.1

認知症の原因は完全には解明されていないのでこれをしておけば認知症予防になる!というものはないと思います。
現状予防法として言われていることは「多分そうなんじゃないかな~?」くらいだと思います。そこにある程度の臨床データや統計的/科学的分析から予測されるものになるかと・・・

基本的には感情的にならず一呼吸おいて状況をよく見て考えてから判断し実行するようにしましょう。
認知症気味の高齢者だと些細なことで感情的になり暴力に訴えることが多いですからね。憤怒しそうな状況でも落ち着けるくらい周りが見えていれば「周囲や自分の状況を認知する」ことが十分できていると思います。

それと、毎日決まったことを決まった時間に必ずやり遂げること、というのも良し悪しです。
長い期間日常生活をルーチンワークのようにナニも考えずにこなしていると、そのリズムが他人のせいで崩されてしまうと感情的になることもあります。

歯磨きそのものに認知症予防効果があることは実証されていないと思いますが、歯磨きしている時間に頭の中だけで今日やるべきことを復唱したり予定を思い出したりなど記憶を覚醒させることのほうが重要ではないかと思います。記憶の覚醒と歯磨きという単純で欠かせない行為が関連付けられるからこそ「歯磨きが重要」という結論に至るのではないでしょうか。

何事もそうですが、いきなり結論には至らないはずです。必ず切っ掛けがあり経過があって結論に至るはずです。
経過を無視してけツンだけを重要視するとどこかに矛盾が生じてしまい効果は半減いかになるのではないでしょうか。
そういうことにも思いを馳せてどうすればいいか試行錯誤してみましょう。
試行錯誤の中で試したものは決して無駄にはならません。求めていた結果に対しては無駄になるかもしれませんが、別もところで役に立つことも多々あります。

投稿日時 - 2019-12-01 05:59:15

お礼

どうもありがとうございます。まず医学的にプラークコントロールはやらないと認知症の危険因子になる事は証明されてます。
他にも日記など文字を書く事、毎日なるべく決まった生活リズムを崩さない事これは常識でしょう。
今回僕は深夜服薬できずに夜から寝落ちしてしまいました。ルーティーン出来てないのです。そしてまだ朝ご飯食べてなくてお礼を考えてました。
若年性認知症についての考察でした。
感謝と共にお詫び申し上げます。

投稿日時 - 2019-12-01 10:00:17

あなたにオススメの質問