こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

姬姓斎皇家

姬姓斎皇家 って何ですか?
なにやら独自の歴史を伝えているようですが?

投稿日時 - 2019-12-02 10:46:46

QNo.9685392

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

>系図などはなく、詳細は明らかにされていないのですね。
>姬姓斎皇家を名乗ってツイッターなどに投稿されている方が
すいません、系譜などの補足があったのである程度ご存じの方かという推測で回答したのですが、一応注釈しますと、姬姓斎皇家というものの有無自体が真偽のほどは確かではありません。
今回はあるという前提だとどういうことかというのを知識や過去に読んだ資料からの類推と考察として書かせていただきましたのでそこは誤解のないようお願いします。

>宗教団体とは違うのでしょうか?
ちょっと違うと思います。もともとは息長斎皇家と対になるものなので今でいう左翼に近いものかと思います。

>もしかして姬姓斎皇家の方でしょうか?
ここで明言することは控えさせていただきます。

投稿日時 - 2019-12-02 17:03:13

お礼

丁寧な回答をありがとうございました。

投稿日時 - 2019-12-02 17:10:56

ANo.2

>家の名前は何というのでしょうか?
姬姓斎皇家のとおり姓は姬です。姬家ですね。それでこれは見てお分かりのことかもしれませんが中国姓なのです。なのでどこかの直系の系譜ではありません。実際にこの家の出自が中国かどうかは定かではありませんが、一種の蔑称としてこの名前が用いられていたようです。
>また現在はどちらのお住まいでしょうか。
断絶していると思われます。
>その皇女が退下したのち結婚し、家を継承してきたということでしょうか
ではないです。直接の子孫ではなく兄弟の子供などの可能性もあるわけですが、この場合はおそらく忌み子だったのではないかと。
>また葵祭の斎王は鴨社につかえる人のことで、伊勢の斎王とは別だと思っていましたが。
呼び分ける場合は神宮を斎宮、加茂を齋院といいますが、斎王はもともとは神宮に使える人のことで、もちろん家は別です。
>系図などはありますか。先祖は皇女ということになると思いますが、なんという皇女の子孫でしょうか?
ないです。あるとしても一般には絶対に出回りません。また先祖は皇女とは言い切れませんが、詳しい情報が開示されることもないでしょう。

投稿日時 - 2019-12-02 16:05:19

補足

答えていただける範囲でいいので、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-12-02 16:29:17

お礼

何度も回答をありがとうございました。
姬姓というのは中国姓でしたか。
女系なので姫姓なのかと思っていました。


直接の子孫ではなく兄弟の子供などの可能性もあるんですね。
忌み子ですか。なるほど。

系図などはなく、詳細は明らかにされていないのですね。

しかしネット上で、姬姓斎皇家を名乗ってツイッターなどに投稿されている方が何人かおられますね。偶然それを見つけて初めて姬姓斎皇家というものを知りました。

また独自の歴史伝承のようなものを語っておられるようですが、何が目的でそういうことをしているのかなと疑問に思いました。

宗教団体とは違うのでしょうか?

回答者さまは、どうやって姬姓斎皇家をお知りに鳴られたのですか?
もしかして姬姓斎皇家の方でしょうか?

たくさん質問してしまってすいません。

投稿日時 - 2019-12-02 16:20:36

ANo.1

京都の三大祭の1つ葵祭の主役が斎王代といってこの人はもとは伊勢神宮の巫女なのですが、その分家の一つです。

投稿日時 - 2019-12-02 15:20:38

補足

810-831 有智子内親王 嵯峨天皇皇女
831-833 時子内親王 仁明天皇皇女(在任時は女王)
833-850 高子内親王 仁明天皇皇女
850-857 慧子内親王 文徳天皇皇女
857-858 述子内親王 文徳天皇皇女
859-876 儀子内親王 文徳天皇皇女
877-880 敦子内親王 清和天皇皇女
882-887 穆子内親王 光孝天皇皇女(卜定時は女王)
889-892 直子女王 文徳天皇皇孫 惟彦親王女
893-902 君子内親王 宇多天皇皇女
903-915 恭子内親王 醍醐天皇皇女
915-920 宣子内親王 醍醐天皇皇女
921-930 韶子内親王 醍醐天皇皇女
931-967 婉子内親王 醍醐天皇皇女
968-975 尊子内親王 冷泉天皇皇女 円融天皇女御
975-1031 選子内親王(大斎院) 村上天皇皇女
1031-1036 馨子内親王(西院皇后) 後一条天皇皇女 後三条天皇中宮
1036-1045 娟子内親王 後朱雀天皇皇女 源俊房室
1046-1058 禖子内親王(六条斎院) 後朱雀天皇皇女
1058-1069 正子内親王 後朱雀天皇皇女
1069-1072 佳子内親王 後三条天皇皇女
1073-1073 篤子内親王 後三条天皇皇女 堀河天皇中宮
1074-1089 斉子女王 三条天皇皇孫 敦明親王女
1089-1099 令子内親王(二条大宮) 白河天皇皇女
1099-1107 禛子内親王 白河天皇皇女
1108-1123 官子内親王 白河天皇皇女
1123-1126 悰子内親王 堀河天皇皇女
1127-1132 統子内親王(上西門院) 鳥羽天皇皇女
1132-1133 禧子内親王 鳥羽天皇皇女
1133-1159 怡子女王 後三条天皇皇孫 輔仁親王女
1159-1169 式子内親王 後白河天皇皇女
1169-1171 僐子内親王 二条天皇皇女
1171-1171 頌子内親王 鳥羽天皇皇女
1178-1181 範子内親王(坊門院) 高倉天皇皇女
1204-1212 礼子内親王(嘉陽門院) 後鳥羽天皇皇女

上は鴨社の斎王リストですが、先祖はどなたにあたりますか。

投稿日時 - 2019-12-02 15:44:56

お礼

回答ありがとうございました。
家の名前は何というのでしょうか?また現在はどちらのお住まいでしょうか。
伊勢神宮の斎王は、元は未婚の皇女が勤めていたと思います。
その皇女が退下したのち結婚し、家を継承してきたということでしょうか。
また葵祭の斎王は鴨社につかえる人のことで、伊勢の斎王とは別だと思っていましたが。
系図などはありますか。先祖は皇女ということになると思いますが、なんという皇女の子孫でしょうか?

投稿日時 - 2019-12-02 15:36:34

あなたにオススメの質問