こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

東京都の治安に関する質問

 西暦2019年現在の東京は世界で最も治安のよい都市のひとつとされているようです(殺人事件は(未遂を含めて)年間100件ほど、強盗事件は年間400件以下といわれる)。
 けれども仮に西暦2010年代の東京で年間1000件ほどの殺人事件(未遂を除く)と50000件ほどの強盗事件が起きていて(誘拐、放火、発砲事件なども当たり前)、更に新宿及び渋谷は警察官さえ毎日が生きるか死ぬか(殉職する警察官も多い)という地域(そのくらい治安が悪い)であった場合、東京都民及び日本国民はどのような生活を送っていたと思いますか?

(西暦1980年代のニューヨークでは年間2000件以上の殺人事件と100000件以上の強盗事件が起きていて(誘拐、放火、銃乱射事件も当たり前であったという)、警察官も毎日が生きるか死ぬかという地域もあったという話を聞いたことがあるので、あえてこのような質問をしてみました)

(東京の地下鉄には(特に夜は)恐ろしくて乗りたがる人がほとんどいなかったと思われる。さらに夜(男の人同士でも)街中を歩くのは自殺行為といわれていたであろう。加えてスクールバスも防弾車になっていたかもしれない)

投稿日時 - 2019-12-05 01:57:52

QNo.9686373

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

東京でも、90年代に渋谷で「チーマー」と呼ばれる連中がはびこっていた時期がありましたよ。「オヤジ狩り」といってスーツ姿のサラリーマンがよくチーマーに絡まれてカツアゲされていました。出川哲朗さんや松村邦洋さんが「一時期渋谷を歩けなかった」といっているのはその頃のことです。
私はあの時代を知っていますが、当時は渋谷はまずスーツ姿では絶対近づきませんでした。特にセンター街はチーマーっぽいのがうろちょろしているのでセンター街を通るのは避けました。渋谷は一時期衰退して、今大規模な再開発で生まれ変わろうとしていますが、80年代は大ブームになった渋谷が衰退した主な原因がチーマーの存在です。アイツら、本当にヤバかったでしたから。
ちなみにその頃、遊び人の友人が渋谷のクラブでうっかりチーマーの女をナンパしてしまい、30人くらいのチーマーに追いかけられて命からがら逃げ出したことがあったそうです・笑。もしとっ捕まっていたら文字通りに半殺しにされてたでしょうね。

さてもしお題のような状況になっていたらとしたら、ですが、まずもって警察官の命さえ危ぶまれるほどに治安が悪くなるとしたら、銃の入手が容易にならなければなりません。ナイフで格闘技の心得がある警察官に対抗するのはかなり度胸が要ります。あの秋葉原無差別殺傷事件の加藤も、警察官から銃を向けられて「(抵抗するなら)撃つぞ」といわれたらあっさりお縄になっています。
そこまで銃が蔓延していたら、SATのような武装した警察隊が街中のそこかしこに立つでしょうし、治安の回復のために機動隊も総動員されるでしょう。ハロウィンの渋谷って、ものすごい数の警察官がいたというじゃないですか。あんな感じになるでしょうね。

アメリカの場合、警察権は各州で独立しています。NY州はNY州で治安を維持するわけで、警察官は隣の州に入ることができません。昔のボニー&クライドが隣の州に逃げようとしたのも、それを越えれば国境を越えるも同じで警察に追われることもなくなったからです。
しかし日本の警察組織は、確かに各都道府県警は半独立した組織ですが、災害派遣や要人警護などで相互に協力する体制ができています。実際、1972年に起きた「あさま山荘事件」では、突入したのは警視庁の機動隊でした。

まあそんなこんなを考えると、仮に一時的にそういう雰囲気になってもそれを潰して治安回復できるだけの力は日本の警察組織にはあると思います。
最終的には自衛隊の治安出動もありますからね。一連のオウム事件のとき、自衛隊の治安出動が検討されました。

投稿日時 - 2019-12-05 12:33:11

補足

(殉職する警察官も多い)は(殉職するか重傷を負う警察官も多い)の間違いでした。失礼しました。

投稿日時 - 2019-12-16 23:13:53

お礼

 日本の警察における底力は世界トップクラスであることも日本国内の平和と安全を維持していることに一役買っているといえるのですね。ありがとうございます

投稿日時 - 2019-12-16 23:16:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

それでもお金を稼ぐために東京に住み続ける人がほとんど。
わずかな金持だけが 安全な地域に移動。

投稿日時 - 2019-12-10 01:06:01

あなたにオススメの質問