こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

木戸孝允は、何故、“維新の三傑” の一人なのか?

木戸 孝允(きど たかよし)は何故、維新の三傑の一人なのでしょうか?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B6%AD%E6%96%B0%E3%81%AE%E4%B8%89%E5%82%91

(↑)この上記の URL の、“維新の三傑” の Wikipedia のページによれば、

維新の三傑(いしんのさんけつ)は、倒幕・維新に尽力した、志士の西郷隆盛、大久保利通、木戸孝允の3人を指す。

そうですが、

木戸 孝允(きど たかよし)は、どのような事をして、どのような功績があるのでしょうか?

何故、木戸 孝允(きど たかよし)が “維新の三傑” の一人なのでしょうか?

木戸 孝允(きど たかよし)は、維新に対して、どのような事をして、どのような功績があるのでしょうか?

木戸 孝允(きど たかよし)は、何故、“維新の三傑” の一人なのか?という事と、

木戸 孝允(きど たかよし)は、維新に対して、どのような事をして、どのような功績があるのか?、という事を教えてください。

投稿日時 - 2019-12-06 14:37:30

QNo.9686955

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

普通に、明治維新を起こした薩長のうち、長州藩の代表格だからじゃないかな。
最も、木戸孝允自身が大きな業績を残したわけではありませんが、彼だけが生き残って、明治を迎えたから。

他の大きな仕事をした長州人は、皆死にました。同じ世代で木戸だけが生き残った。
高杉晋作、久坂玄瑞、木島又兵衛、皆死にました。木戸だけが生き残った。
大村益次郎や伊藤博文は、少し格下です。倒幕活動では、メインではありません。

まあ、死人も含めて、長州人の出した功績を、生きた木戸だけが受けとったのだと私は捉えています。

投稿日時 - 2019-12-06 18:53:31

お礼

御回答ありがとうございました。

伊藤博文や大村益次郎や山縣有朋は、(大村益次郎は明治後すぐに亡くなってしまいましたが、)明治になってからは有名ですが、幕末からの維新に大した貢献をしたわけではありません。

長州藩で幕末からの維新に貢献をしたのは、吉田松陰、高杉晋作、木戸孝允などです。

薩摩藩の西郷隆盛、大久保利通、小松帯刀。

土佐藩の坂本龍馬。

が、幕末からの維新に大きな貢献をしたと思います。

伊藤博文や山縣有朋は、幕末からの維新にかけての貢献度でみれば、寧ろ、京都の公家連中の方が大きな働きをしたぐらいです。

伊藤博文と山縣有朋は幕末からの維新に対しての貢献度でみれば、いなくても一緒だったと思います。

投稿日時 - 2019-12-08 20:33:59

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

そうですね~

明治維新は薩長同盟が主力で行われました。
その代表者が西郷、大久保です。
あと長州の木戸か。

ほどなく西郷も大久保も亡くなり薩摩は人材
不足に陥り、黒田が首相をしただけで後は
伊藤など長州藩が長い間首相を務めました。
この関係で「木戸」がまつられたのでは?

投稿日時 - 2019-12-07 13:08:12

お礼

御回答ありがとうございました。

西郷隆盛、大久保利通、小松帯刀、坂本龍馬と並んで、維新に対して大きな貢献をした人物の中で、明治以後もしっかりと生き残ったのは、木戸孝允だけだったからだと思います。

吉田松陰や高杉晋作は、もっと早くに亡くなってしまいました。

投稿日時 - 2019-12-08 20:36:50

あなたにオススメの質問