こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

徳川宗尹の幼名・小五郎と桂小五郎の“小五郎”の関係

徳川(一橋)宗尹の幼名の “小五郎” と、木戸 孝允(きど たかよし)の元の名・桂小五郎の “小五郎” の間には、何か関係か関連のようなものはあるのでしょうか?

前から疑問に思っていたのですが、徳川(一橋)宗尹の幼名の “小五郎” と、桂小五郎の “小五郎” という名前が同じなのですが、これは何か関係や関連のようなものはあるのでしょうか?


徳川吉宗の四男で、一橋徳川家(御三卿の一つ)の初代当主である、徳川(一橋)宗尹の幼名は、小五郎だったそうです。

木戸 孝允(きど たかよし)の元の名前は、桂小五郎でした。

この、“小五郎” という名前が同じなのですが、“小五郎” という名前が同じ背景には、何か関連や関係のようなものはあるのでしょうか?

教えてください。お願いします。

投稿日時 - 2019-12-07 13:15:15

QNo.9687278

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

何も関連はありませんし,関係もありません。偶然です。

投稿日時 - 2019-12-07 14:15:49

お礼

御回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-12-08 13:46:47

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

vfaghfさん、こんばんは。

何ら関係はありません。桂小五郎の小五郎は通称で普通に使う通り名であってもう幼名ではありません。宗尹の場合は徳川の一族なので、元服すると官位を貰うことになっていましたから、通称の必要はなかったのです。

投稿日時 - 2019-12-08 00:43:59

お礼

御回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-12-08 13:47:51

あなたにオススメの質問