こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

blazin 様へ

blazin 様へ

突然の質問、恐れ入ります。blazin様に回答をお願いしたく、投稿しました。

私には現在半年ほどお付き合いしている男性がいます。私が26、彼が29です。
交際を申し込まれた時に、結婚を前提にお付き合いしてほしいと言われました。
来年同棲して結婚できたらいいな、と。若いうちに子どももほしいな、と。
彼とお付き合いする内に、結婚もいいかも?彼とならやっていけるかも?子どもも欲しいかもしれない...と思うようになれました。
一方彼は資格試験受験の真っ只中で、日々忙しくしていました。試験間近になると、当然会う頻度も減り将来の話も減っていきました。彼は、職場で興味のない部署に異動になった、こんなことならもう海外に移住したい、と言うようになりました。
彼が試験に受かると、資格を使って副業するので、これからはもっと会えなくなるという連絡がありました。私はつい、結婚はしないのかと聞いてしまいました。彼は、異動したばかりで仕事が忙しく、君と会う計画も立てられない、もう君のことを考える余裕がない、結婚もわからない、と言い出しました。いつまで余裕がないのか聞くと、わからない、と返ってきました。私は、お別れする?と言い、彼は、わかった、と言いました。
私はひどく後悔しました。彼にすぐさま電話し、大変な時期だったのにごめんと、心に余裕ができたらもう一度チャンスが欲しいと告げました。結婚よりも、好きだから一緒にいたいが大前提、と言いました。
彼は、別れたいとは思わないけど、距離はおこうと言い、私も同意しました。その日電話を切るまで、いつものように甘えてくれました。
私は距離を置くの意味を図りかねました。けれども彼が好きなので、彼が必要な分だけの距離をあげたいと思いました。年齢とか、結婚とか子どもとかに、もう振り回されるのはやめようと決心しました。今まで忙しさを言い訳にしてきた資格試験も、チャレンジすることに決めました。
その週末、彼から普段通り電話が来ました。仕事お疲れ様とか、何してるとか、何食べたとか、そんな話をしました。私は資格試験の説明会に行く、と話すと、彼はずいぶん応援してくれました。その後も何度か電話やメッセージがありました。
距離を置くと決めてまだ3日ほどです。
私がわからないのは、今一体彼に何ができるかということ、私はどんな心持ちでいたらいいのだろうということです。距離を置くというのは、連絡をとらないことかと思ったけれど、どうやら違うみたいです。でも(きっと)私たちを彼氏彼女とは呼ばない。どうしたら彼は帰ってきてくれるのか分からない。ごちゃ混ぜの感情のなか、なにも整理がつかず、苦しい思いでいっぱいです。私たちはどこへ向かっているのか、今私ができることは何か、教えてください。

投稿日時 - 2019-12-08 10:51:01

QNo.9687638

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

本当に気持ちを整理したいなら・・・
今の(彼女としての)私は、
彼から特に求められている事なんて何も無い。
その厳しい現実を受け入れる事がスタートになる。
私に出来る事は何か?
それって一見甲斐甲斐しい彼女としてのスタンスだけれど、
実は自分「が」彼と繋がっていく為には?
何か出来る事を見つける事で、
現実的に生まれてしまった距離感を何とか打破したい。
そして、
一気に空いた(と感じた)、
彼と自分との関係のスカスカ感を補いたい。
付き合っている手応えを失いたくない。
実は自分自身の為に~になってしまっている。
彼からすれば、
貴方との諸々の約束が一旦解かれた。
その解放感が半端無い。
現時点では、
貴方と約束している事なんて何も無い。
以前はあったけれどもう無い。
お互いに前提条件なしで、
縛り合う状態から解放った上で、
必要な時に、必要な分だけ歩み寄れる関係(が良い)
その距離感が、
彼氏彼女らしい時もあれば・・・
付き合っているとは思えないような距離になる時もある。
両方「選べる」関係になろう(戻ろう)
それが彼の今の本音であり、貴方に望んでいる事。
前提条件を付けた関係や、
彼氏彼女のタイトな関係を望むと距離感って選べない。
狭い距離の「中」の関係になる。
寄せる事はありでも、下がる事はあり得ない(困る)
実際に今の貴方は困っているじゃない?
彼の言う距離を置こうとは、
文字通り物理的距離を挟もうという意味では無い。
お互いの存在感に強くしがみ付いたり、
お互いの存在を死活にし合う事、そして関係はもう止めよう。
そういう意味。
貴方とは、
これからも無理なく楽しく繋がっていけたら。
彼は今もそう考えている。
でも・・・
貴方との違いもハッキリとある。
無理なく~がベースにあるという事は、
無理だと感じたら無理をしない(それ以上は動かない)
それも選ぶつもりだ、という事。
貴方は違うでしょ?
対彼氏なら無理をしたいし、
もっと言えば対彼女(貴方)の為なら無理もして欲しい。
それ位出来るのが、
それ位優先し合えるのが交際関係なのでは?
そう考えている筈。
その違いが貴方と彼にはある。
彼は、
貴方にも(この関係に)無理をして欲しくないと思っている。
彼自身がもう貴方に対して無理はしないから。
貴方と未来と、いう天秤は無いから。
まず自分自身の事が先決。
先の事は、
先の自分が(先の自分になってから)考える。
貴方と付き合う前は、
先に決めてスタートしてみた彼。
前提条件を作ったり、
先に色々言い合っておく方が自分自身の張り合いになるかも?
そう思ったのも事実なんだと思う。
でも・・・
どうやらそれは違った。
張り合いどころか自分を縛る心的枷になってしまった。
二人の将来を背負ってしまう事で、
自分自身がどんどん追い込まれるようなストレスを感じた。
そう感じた時彼は、
それで「も」貴方との未来を強くは選べない。
自分自身の偽らざる気持ちを知った。
まさかの時にこそ、本当の自分が分かる。
最終的に彼は自分自身を大切にする、を選んだ。
その選択は、
貴方との前提や未来を破棄解消する事を意味する。
それでも、
その選択は貴方という存在の否定では無い。
否定をしていない事は絶対に分かって欲しい。
分かってもらうために彼は今、
距離置く事を決めた後も貴方へのフォローを続けている。
それは意図的と言えば意図的。
肩の荷が下り、
前提条件が一旦消え、
きつく縛り合う交際関係は解かれている。
重い荷物を降ろした後の身体の軽さもあり、
今の彼には少し貴方を気遣う余裕がある。
少なくとも今はね?
お互いを強くアテにし合わない状態で、
それぞれがそれぞれの道を進んでいく。
進んでいく過程で、
分かち合える範囲はこれからも分かち合っていこう。
その分かち合い方に、
距離を置く前に近い恋人同士の名残があっても、
それはそれでいいんじゃないか?
お互いに分かち合えるところまで分かち合い、
時が来たらそれぞれの方向に本格的に進んでいく・・・
勿論進んでいく中で余裕や目途が生まれ、
再び交際というしっかりした形でエネルギーを注ぎたい、
そう思える自分が見つかったら再度考えても良い。
でも・・・
その為に距離を置いている訳じゃない。
距離置きは、
戻る為の前段階という意味じゃない。
アテにし合わない関係に降格したのは事実だから。
彼はそう考えている。
それも貴方とは違うでしょ?
距離置き≒付き合い未満の中途半端。
距離置き≒戻れるかどうかを図りながら向き合う位置。
どうしても貴方はそう考えてしまう。
貴方はまだ彼を、彼との未来をアテにしている。
その違いもある。
こうして書き込んでみたからこそ、
認め難い、見つめにくい彼側からも世界を見つめ直してみる事。
彼から強く求められて!
彼からあんなに未来志向で請われて!
その感覚がある分、
すっかり回収してしまった今の彼との温度差、
それが貴方側に残ってしまっている。
それが辛さの一番の原因。
貴方の中にある「あの彼」と、
目の前の今の彼が違い過ぎるから。
あれだけ私を強く求めた人が、
もう私を失う事を全然怖がっていない。
その虚しさ。
むしろ怖がっているのは私自身。
あの彼と進んでいくと決めたのに!
あの彼だから受け入れたのに!
今の貴方には、
彼側の変化が許せない気持ちさえある。
許す許さないの側では無いんだけれど、
彼側の変化の早さに規約違反的なストレスさえ。
しかも、
すっかり冷めきっているなら認めざるを得ないけれど。
今の彼は、
交際の縛りを解けた解放が強く、
その解放感が彼に余裕さえ齎している。
私を心配したり、連絡したり。
その力(余力)があるなら、
交際関係としてまだまだやっていけるのでは?
カラカラの彼なら仕方が無いけれど、
貴方的には彼にはまだ少し力があるようにさえ見える。
それも、もどかしさの一因なんだよ。
言われてみてどう?
彼が荷を下ろした以上、
貴方も少し肩の力を抜いてこれからを捉えてみる。
本当は背負い続けたい重さもあるけれど、
片方だけが背負い続けてもアンバランスになる。
未来は目の前の一歩の丁寧な積み重ね。
彼とどうなるか?に囚われない未来。
貴方も彼を思う気持ち、
彼とのこれからを考える事、
それを自分の余裕の「中」で扱う事が出来てこそ。
大切にしてみて☆

投稿日時 - 2019-12-08 14:00:52

お礼

blazin さん、アドバイスありがとうございます。「彼が戻ってくる」「もう戻ってこない」の二極化した思考の中で、結局彼側からの視点が見えていなかったように思います。私は私で、彼は彼で進んでいって、その先はわからない。そのくらい肩の力を抜いて、今は手に入れた自分の時間を大事にしたいと思います。本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2019-12-08 19:14:37

あなたにオススメの質問