こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Appointedについて

以下についてお教えいただけないでしょうか?
Recentrly appointed vice president of A company, this notable resident transferred from firm's office in Amsterdam to its main headquaters.

1)appointedを形容詞と考え、直訳すると”任命された副社長”するのでしょうか?
2)動詞と考えるとbe appointedになると思いますが、動詞と考えるのでしょうか?
3)Recentrly appointed vice president of A companyを文法的にどう考えたらよいのでしょうか?

Routinely working 16-hour days, the confident enterpreneur savors her quiet moments in the coffee shop.
1)Routinely working 16-hour daysを文法的にどう考えたらよろしいでしょうか?
主語がないので節ではない気がしますがさっぱりわかりません。

出典:TOEIC公式問題集

何卒宜しくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2019-12-15 03:12:51

QNo.9690305

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

Mai Wu can often be seen sipping coffee early in the morning at a small café near her office in downtown Chicago. “I like to use the time to focus my thoughts before I start my day,” says Wu. Recently appointed vice president of Wilkerson Beverage Company, this notable resident transferred from the firm’s office in Amsterdam to its main headquarters in Chicago. While in Amsterdam, Wu was marketing director of Wilkerson’s European division.
https://www.businessweekly.com.tw/careers/blog/14325

似たような文章をネット上で見かけました。

さて、問題の
Recently appointed vice president of A company, this notable resident transferred from 'the' firm's office in Amsterdam to its main headquarters.

ですが、Recently appointed vice president of A companyという箇所は、this notable residentの解説ですね。 この文章に関しては、また特に上記の「似た文章」のように使われていたら、私は同格と解釈します。

理由としては、主節の主語がthis notable residentだからです。この人物がいかにすごいかを話している文章で、「分詞構文を使って引っ越し理由の話」と考えるのは違和感を感じます。

分詞構文は、普通は「理由」「時」「付帯状況」「条件」なのですが、分詞構文と考えると、

理由:Because she was recently appointed vice president of A company, this notable resident transferred from firm's office in Amsterdam to its main headquarters.「最近Aカンパニーの副社長に任命されたので、この著名な住人は会社のアムステルダムのオフィスから本社に転勤した。」(引っ越し理由の説明の文としては無理なくもないけど、それならば、this notable residentという言葉を使うことに違和感を感じる。主節の主語が人名とかでしたら、普通引っ越し理由の文になるのですが、、。)

時&付帯状況:任命されるのと、引っ越すのが同時に行われると考えるのもおかしいので、不自然。

条件: ではないのは自明ですね。

やっぱり、「Aカンパニーの新任副社長であるこの著名な住人は会社のアムステルダムのオフィスから本社に転勤してきました。」と解釈するのが自然に思えますね。

まあ、個人的な主観ですけど、、、。

投稿日時 - 2019-12-15 10:10:48

補足

よくわかるご解説有り難うございました。
とても感謝致しております。
改めてすべてのご回答にお礼およびコメントさせて頂きます。
取り急ぎ以下についてお教えいただけないでしょうか?
Routinely working 16-hour daysが分詞構文ということをお教え頂きました。
省略をしない場合、意味から考えても、接続詞がわからないのですが、、。
省略を戻すとどのような文章になりますでしょうか?
ご教授頂ければ幸いでございます。

投稿日時 - 2019-12-15 12:49:23

お礼

この分詞構文、何が省略されているかもお教えいただき有り難うございました。
よい学習が出来ました。

投稿日時 - 2019-12-15 23:32:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

>「一日16時間の勤務は当たり前という、この自信に満ち溢れた実業家は、
>~」となっており、「~という」接続詞が思い浮かびませんでした。

テキストの方が日本語としては、自然でビジネス調な気がします。ただ、確かに接続詞が想像しずらいですね。 いかにも「翻訳しました」という和訳を載せるか、自然な日本語にするか、テキストを書く人も大変だなと思いました。

投稿日時 - 2019-12-15 15:24:01

お礼

この質問に対し、何度も懇切丁寧にお教えいただき有り難うございました。
お蔭で、よい学習が出来ました。
今後は、分詞構文だとさっとわかる力をつけていきたいです。

lived_in_room13 さんには、本回答に長時間時間を費やさせてしまい、恐縮でございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2019-12-15 23:36:38

>Routinely working 16-hour daysが分詞構文ということをお教え頂きました。
>省略をしない場合、意味から考えても、接続詞がわからないのですが、、。
>省略を戻すとどのような文章になりますでしょうか?

もしかして、テキストの訳が分詞構文に合わない訳でしたか?
普通に考えますと、

Because she routinely works 16-hour days, the confident entrepreneur savors her quiet moments in the coffee shop.
一日16時間労働をしているので、この自信にあふれた起業家はコーヒーショップでの静かなひと時をゆっくりと味うのだ。

となりますので、

「普段忙しいので、なおさらコーヒーショップでの落ち着く時間を大切にしている。」という事で、理由として分詞構文を使っていることに別段違和感を感じませんが、どのあたりで意味が通らないと思われたのですか?

投稿日時 - 2019-12-15 13:56:37

お礼

早々とお教え頂き有り難うございました。
訳を読みますと、
「一日16時間の勤務は当たり前という、この自信に満ち溢れた実業家は、~」となっており、「~という」接続詞が思い浮かびませんでした。
また、訳に頼らず考えても、16時間の勤務とカフェでのくつろぎがどうもわかりませんでした。

余談ですが、一日16時間勤務なんて毎日なんかとてもありあえないですね。
ましてや昨今働き方改革が進んでいる中。
海外では特にありあえないと感じました。

お教えいただき有り難うございました。

投稿日時 - 2019-12-15 14:30:12

ANo.2

(1), (2) , (3)  
ここは分詞構文で、being appointed vice president of A company のbeingが省略されていると考えるべきでしょう。その意味ではappointedそのものは過去分子として使われています。
細かいですが、次の firm's office in Amsterdam の前にtheか、its がつくのでは。
「最近Aカンパニーの副社長に任命され、この特記すべき住人はこの会社のアムステルダムのオフィスから本社に転勤した。」

Routinely working 16-hour days も分詞構文で全体としては副詞節。
定常的に日々16時間働きつつも、自信に満ちた企業家はこのコーヒーショップでの静かなひと時を楽しむ。

投稿日時 - 2019-12-15 08:35:51

お礼

お教えいただき有り難うございました。
分詞構文だったのですね。想像がつきませんでした。

ごしてきのとおり、firm's office in Amsterdam の前にtheがついておりました。
失礼いたしました。

今後ともご指導のほど宜しく願いいたします。

投稿日時 - 2019-12-15 23:30:49

>1)appointedを形容詞と考え、直訳すると”任命された副社長”するのでしょうか?

はい。

>2)動詞と考えるとbe appointedになると思いますが、動詞と考えるのでしょうか

いいえ。

>3)Recentrly appointed vice president of A companyを文法的にどう考えたらよいのでしょうか?

Recently(appointedを修飾する副詞)appointed(形容詞)vice(形容詞)president(名詞)of(前置詞。presidentがA companyに帰属している事を示す)A company(名詞)

>1)Routinely working 16-hour daysを文法的にどう考えたらよろしいでしょうか?
主語がないので節ではない気がしますがさっぱりわかりません。

分詞構文なので、接続詞と主語が省略されています。 主語は、the confident entrepreneurと、主節と一緒です。

ちなみに、ご自分で理解できるレベルの英語の本や、英字新聞を日常的に読んでいれば、TOEICは勉強なしで900点超えできますよ、、、。文法問題で長い事勉強に費やすのがあまり得策とは思えません、、、。

投稿日時 - 2019-12-15 05:20:04

お礼

lived_in_room13 san,
本質問では随分お時間を費やして頂き有り難うございました。
お陰様で、よくわかりました。
これらが、分詞構文とは思いまもよりませんでした。それだけにわたくし自身の英語力のなさを改めて感じました。

「文法問題で長い事勉強に費やすのがあまり得策とは思えません、、、。」とのアドバイスにつきまして、
確かにTOEIC受験のためでしたら、lived_in_room13 さんのおっしゃるとおりだと思います。
わたくしビジネス英語の読み書きのスキルアップのため、TOEIC公式問題集を使用しております。ビジネス単語、表現を勉強するにはとてもよい教材のように感じており、繰り返し学んでおります。TOEICは過去かなり受験しましたが、点数の限界を感じ、受験はやめました。

投稿日時 - 2019-12-15 23:27:25