こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

金銭消費貸借契約 10万の利息?

知人から50万円貸借りたいと言われました。
10万円上乗せして60万にして返すと言うのです。
もし、貸すのならちゃんと契約書も作成しようと
思っているのですが、そもそも、10万円を利息と
して私が受け取ってしまって法律上問題はないの
でしょうか?
なんか心配になってきてしまったので質問させて
頂きました。
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2004-08-20 21:51:09

QNo.969524

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

法律的に問題がないのは、10万円以上100万円未満のケースですから年利18%までです。ですから可能な貸付契約の利息は、以下のとおりです。
  50万円×(0.18/365)×日数
従って、逆算すると406日間貸して10万円を受け取ればかまいません。

ただし、みなし利息の29.2%を越さない限り、刑法には触れませんので取締りの対象にはなりません。ただ、相手が法定利息の18%越した分の返還を要求した場合は、引き直し計算を行って、法定利息以上は返還しなければなりません。

投稿日時 - 2004-08-23 16:05:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.8

こんばんは。

利息について…。
最近読んだ『ミナミの帝王』で
友人から「月1割の利息を払うからお金を貸してくれ」と言われ借用証書を作って貸したが
全く返してもらえず返済を迫ったところ、
“出資法第5条1項(参考URL)”によりその利息は違法なので、
裁判等で取立てすれば貸した方が捕まると言われて…
という話がありました。
(元々返す気がなかったというお話ですね)
ですので、#4の方も触れていらっしゃいますが、
返済期間が短いと例え借用書を作ったとしても
無効(違法)となるかもしれません。

他の方も仰っていますが、
貸さないのが一番だと思います。
どうしても貸してあげたいというのであれば、
あげるつもりで…。

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S29/195.HTM

投稿日時 - 2004-08-21 01:15:44

ANo.7

↓#6で回答した者です。
追補させていただきます。

さらに安全な方法として、
公正証書作成時に、公証人に「不履行の際は債務名義となる強制執行付きでお願いします」と言っておくと良いと思います。
そうしておけば、いざとなったら裁判等の手続き無しで、すぐに連帯債務者の財産を押さえられますので安心です。

投稿日時 - 2004-08-20 23:08:39

ANo.6

先に回答されている方の通り、債務者が任意に支払う約束をする場合は、利息はいくらでも法的には有効です。
しかし回収不能となる可能性は高いと思いますので、
最低限支払能力のある保証人を付けてもらってはどうでしょうか。
本当の意味で安心できる保証人がいて、返済方法や期限が適切であれば、利息はもっと安くても良いかと思いますが。
そして契約は公正証書にしておくとさらに安心です。
双方と保証人の3者で実印と印鑑証明書を持参して、
公正証書役場で作成してもらいます。
手続きは簡単ですが事前予約が必要です。契約の内容を説明すれば、すぐ書類を作成してくれます。

保証人は、契約上最低限「連帯保証人」にするのは当然ですが、出来れば私ならば「連帯債務者」になってもらいます。
(保証人としての抗弁権が一切無く責任が主たる債務者と同一のため)

保証人を用意することや、以上の段取りをいやがる場合は、迷わず取りやめた方が無難です。

投稿日時 - 2004-08-20 22:49:50

ANo.5

借り主が自主的にその利息を支払うというのなら、問題とはならないでしょうけど、ほぼ間違いなく「返ってこない」でしょうね。

それだけの利息を支払うつもりがあるのなら、その辺の大手有名消費者金融で借りた方が利息が安いのに、それをしないと言うことはなぜかを考えるといいでしょう。

借りない、のではなく、借りれない、状況ということです。
消費者金融が貸さない理由=返ってくる可能性がない、と言うことです。

あげるつもりであればいいですが、返ってくるとは思わないことです。

ここの過去の質問見ましたら、知人に貸したお金が返ってこない、というのが腐るほどありますよ。

投稿日時 - 2004-08-20 22:31:30

ANo.4

10万以上~100万円未満では、利息制限法で年利18%が上限となっています。
(サラ金の利息は、出資法の上限以下のグレーゾーン。利息制限法に罰則がないことと、みなし弁済を利用)

ですので、完全な合法かどうかは、返済完了がいつになるかによります。(ごく短期間だと、出資法に引っかかってしまいます。こちらは罰則があります。)

老婆心ながら、書面は絶対に作成しておいてください。その上で、回収できないかもしれないという覚悟はしておいた方がいいと思います。

投稿日時 - 2004-08-20 22:25:03

ANo.3

#1同意。

借りる側がこれで借りたいといってるのだから別に問題ないと思う。

逆に言えば、それほど切羽詰ってるようなので返ってこない可能性が強いわけで・・・

投稿日時 - 2004-08-20 22:19:42

ANo.2

実際に貸すのなら#1さんの方式でやって構わないのですが、その知人への融資は止めておいたほうが良いですよ。
普通の状態で50万円くらいなら、サラ金でも、銀行系のローンでも利用できるハズなのですから。
どうしてもやると言うのなら「あげたつもり」でいないと、後悔すると思います。
       

投稿日時 - 2004-08-20 22:17:24

ANo.1

60万円借用書つくって50万円渡したら。

投稿日時 - 2004-08-20 22:07:58

あなたにオススメの質問