こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

甘酒は二種類

甘酒は米糀と酒粕からつくる二種類あるみたいですけど、なんで酒粕のほうが値段が張るのですか。

投稿日時 - 2020-01-03 18:12:01

QNo.9697575

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

お呼びでないけど、ちょっと割り込ませていただきます。

金沢の(私が買ったのは広島・八丁堀の福屋デパートでだけど)
玄米甘酒はコーヒー牛乳みたいな色で珍しいので買ってみましたが、
普通の甘酒とは違う、濃い味でなかなか美味しかったですよ。

投稿日時 - 2020-01-04 09:48:47

お礼

ありがとうございます。飲んでみます。

投稿日時 - 2020-01-15 21:14:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

材料と製品とでは 材料だけのほうが安いのは当たり前 ということだと思います。
酒粕はもうできている製品です。
米糀はこれから作る 材料

パンと小麦粉も同じく
おにぎりと米

投稿日時 - 2020-01-04 08:14:40

ANo.2

こんにちは

米麹とと酒粕では
甘酒の作り方も違います。
酒粕でも何種類もあり、その中でも
バラバラになったものは
少しお安く出回っています。

米麹にはお米と合わせて作った甘酒
酒粕はそのものを溶かして作った甘酒

なので、本来かかる分のお値段が違っています。

>■酒粕を使った甘酒

酒粕100gを水500mlに浸けて1時間以上置く。鍋に酒粕を入れて温め、砂糖、塩、ショウガをお好みの量入れたら完成だ。酒粕には
アルコールが含まれるため、十分加熱してアルコールを飛ばそう。それでも心配な場合は、子どもには飲ませず、また車を運転する前には飲まないようにしよう。

■米麹を使った甘酒

鍋にごはん200g、水600gを入れて温め、60℃に温める。火を止めて米麹を加えたら、保温ポットなどに入れて10~12時間置く。
炊飯器の保温機能で作ることもできる。米麹は60℃を超えると死んでしまうため温度には注意しよう。アルコールは含まれないため、子どもも安心して飲めるのが特長だ。

https://www.olive-hitomawashi.com/column/2018/10/post-1964.html

投稿日時 - 2020-01-03 19:40:21

ANo.1

本音を先にいうと、
値段をいくらにするかは企業のかってですから
文句があるなら買わないでください。
となります。

原材料費と加工賃と利益を足して値段は決まります。
米糀からもろみを造り、絞って出たのがお酒、余ったのが酒粕ですから
手間のかかっている方が高いのは当然。ですね。

投稿日時 - 2020-01-03 19:28:55

あなたにオススメの質問