こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

電気回路に関わる質問

添付ファイルに示す通り、抵抗R1、R2、R3、R4及び電圧源、電流源を接続した回路があります。同添付の図のように網目電流(閉路電流)I1、I2、I3をとり、これらに関する方程式を求めると、添付の行列で表される式のようになります(問題(1)~(3))。
この問題をキルヒホッフの法則を用いて解いたのですが、微妙に計算結果が合いませんでした。どなたか、正しい立式から計算結果までを示して頂けないでしょうか?
ちなみに、解答は(1)-4、(2)-1、(3)0、I2=5(A)、I3=2(A)となるそうです。
よろしくお願いいたします。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2020-01-08 12:05:48

QNo.9699411

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

「重畳則」適用に錯誤あり。

(1) 個々の電圧源 OR 電流源ごとに抵抗 R1、R2、R3、R4 に流れる電流を求め

たとえば電流源 3.5A のみを接続したとき (7V, 3V の電圧源の両端間は「短絡」!)
3.5A は R1, R2, R3, R4 に分流する。

… でした。蒙御免。
  

投稿日時 - 2020-01-14 06:52:05

お礼

わざわざありがとうございます。

投稿日時 - 2020-01-15 14:38:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

>(1) 個々の電圧源 OR 電流源ごとに抵抗 R1、R2、R3、R4 に流れる電流を求め

たとえば電流源 3.5A のみを接続したとき (7V, 3V の電圧源の両端間は開放)、3.5A は R1 と R1+R2+R3 に分流する。
このとき 3.5A は R1 と R1+R2+R3 に分流し、
 R1 の上端から下端に流れる i1 = 3.5*(R2+R3+R4)/(R1+R2+R3+R4)
 R1+R2+R3 の上端から下端に流れる i2 = 3.5*R1/(R1+R2+R3+R4)
である。
(電圧源 7V, 3V のみを接続したときについても勘定 … という程度です)

>(2) 各抵抗ごとに電流値の重畳値を求め

やってみて。(電流向きに留意して)

>(3) それらから、図示されたループ電流 I1, I2, I3 を勘定する

これも、やってみて。(難しそうにいうと「枝電流を閉路電流に変換する」)
  

投稿日時 - 2020-01-10 22:07:04

お礼

ありがとうございました。やってみます。

投稿日時 - 2020-01-11 10:41:55

ANo.2

電源接続が「共通帰線」じゃないので、

(1) 個々の電圧源 OR 電流源ごとに抵抗 R1、R2、R3、R4 に流れる電流を求め
(2) 各抵抗ごとに電流値の重畳値を求め
(3) それらから、図示されたループ電流 I1, I2, I3 を勘定する

… のがマギレずに済みそう。
  

投稿日時 - 2020-01-10 12:23:37

お礼

回答ありがとうございました。具体的に立式したものを示して頂けないでしょうか?大変お手数ですが、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2020-01-10 19:10:14

ANo.1

R1,R2,R3の数値が記述されていません。問題(1)~(3)が記述されていません。これでは、答えを導くことが不可能です。尚、微妙に計算結果が合わないとはどのように合わないのですか?問題をはっきりと書いて、どのように解答したのかを描かないと自分の実力にはなりません。

投稿日時 - 2020-01-08 19:20:49

補足

R1、R2、R3、R4はもともと未知なので、計算によって求めます。ヒントになるのは、行列に記載されている6、5、4という値です。大きな流れを言えば、キルヒホッフの法則により、I1、I2、I3を含む式を導き、式を整理したうえで、行列と比較することにより、R1、R2、R3、R4を求めるということで間違っていないと思います。

投稿日時 - 2020-01-08 19:52:47

あなたにオススメの質問