こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

有機化合物の分離

アニリン 安息香酸 ナフタレン フェノールを 有機層 水層に分離する問題なのですが、 有機層 水層への分け方が全くわかりません。説明して頂ける方いましたらお願い致します

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2020-01-09 00:05:13

QNo.9699652

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 基本的に親水基の少ない有機物は水に殆ど溶けません。最初の混合物中のどの物質も水に難溶です。しかし、塩は電離することにより電荷を帯び、水和することによって安定化するため、水に溶けるようになります。
 まず、NaOH aqによって塩基性にすると、酸性の安息香酸、フェノールが塩となり水層へ、アニリン、ナフタレンが有機層へ移動します。
 安息香酸Na、Naフェノキシドを含む水層に塩酸を加えて酸性にすると、それぞれ安息香酸、フェノールに戻り、再び有機層に移動します。ここに炭酸水素Na (炭酸塩)を加えると、弱酸の遊離反応により安息香酸が塩になり、水層(B)へ移動します。一方フェノールは炭酸より弱い酸なので、有機層(C)に残ります。
 アニリンとナフタレンを含む有機層に塩酸を加えて酸性にすると、塩基性のアニリンは塩となり、水層へ移動します。ナフタレンは有機層(F)に残ります。アニリン塩酸塩を含む水層にNaOH aqを加えて塩基性にすると、弱塩基の遊離反応によりアニリンが遊離し、有機層(E)へ移動します。

投稿日時 - 2020-01-09 01:56:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問