こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

SSL通信とVPNの違い

SSLは暗号化通信で、VPNというのも暗号化によって同一回線で通信するものの別のネットワークである可能様な利用をするものです。つまり、同一回線を通じて通信するものの、暗号化によって他者に読み取られないというのは同じことです。

両者はどこが違うのですか?

もっというとダークウェブとかも同じ回線を通じて通信するのに暗号化されていて他者からは読めないということなので、同じことではないかと思います。

どう違うのですか?

投稿日時 - 2020-01-10 09:21:16

QNo.9700075

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

SSLはサーバとブラウザ等のクライアントとの間で暗号化通信するための仕組みです。
VPNはVPNサーバとルータ(PCやスマホ)との間の通信を暗号化し、VPNサーバから先は暗号化されません。
なので、暗号化される範囲が異なります。

投稿日時 - 2020-01-10 10:25:20

お礼

ご回答ありがとうございます。なるほどSSLってブラウザだけでしたね。

投稿日時 - 2020-01-10 12:20:44

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

SSLは通信方法の話。

VPNは、バーチャル(仮想)プライベートネットワーク、なので、SSLなどを使って、外部のコンピュータとプライベートネットワークを構築する話です。

前者は、道をどう使うか、の話、つまり、配送業者のような存在。
後者はその配送を使って離れた支社と社内文書などをやり取りする方法の話。

だと思います。

投稿日時 - 2020-01-10 10:31:20

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2020-01-10 12:20:28

あなたにオススメの質問