こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本経済

( )を契機にして成長率が低下したのは、 単に( )が急騰し、不安定になっただけでない。特に、研究開発コストが高い独自 ( )に依存せざるを得なくなったこと、日本の( )規模が拡大するにつれ、( )が激化し、( )の進行もあって、作れば売れる 時代ではなくなったこと、( )などの高騰 で日本経済の( )率が低下したこと、投資資本の予想収益率を( )させたために、( )が振るわなくなったことが挙げられる。
以上のマイナス要因が働く中で、日本経済は石油ショックなどに対して、( )依存型 生産への転換、日本型( )の開発などの工夫を行った。
そのため、( )体質が定着し、1980年代の前半には、それが新たな国際経済紛争の原因となっていった。

()の中の答えが調べていても全くわかりません。
もし、わかる方がいたら教えてください。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2020-01-17 14:04:03

QNo.9702559

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

完全に正解とは思わないけど、6割くらいはなんとかなってるかなあ…
----------------------------------------------------------------------
(石油ショック)を契機にして成長率が低下したのは、 単に(原油)が急騰し、不安定になっただけでない。特に、研究開発コストが高い独自 (技術)に依存せざるを得なくなったこと、日本の(経済)規模が拡大するにつれ、(競争)が激化し、(円高)の進行もあって、作れば売れる 時代ではなくなったこと、(人件費)などの高騰 で日本経済の(成長)率が低下したこと、投資資本の予想収益率を(悪化)させたために、(GDP)が振るわなくなったことが挙げられる。
以上のマイナス要因が働く中で、日本経済は石油ショックなどに対して、(海外)依存型 生産への転換、日本型(生産方式)の開発などの工夫を行った。
そのため、(貿易黒字)体質が定着し、1980年代の前半には、それが新たな国際経済紛争の原因となっていった。

投稿日時 - 2020-01-17 14:45:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問