こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

--現在読書中(又は直近読了の)書籍の紹介!--

現在読んでいる(途中!)若しくは直近に読み終えた書籍を紹介して下さい・・!
その書籍を選んだ理由・動機や、読後(現在進行中の場合は途中までの段階で)の書評、感想など書き加えて頂けると尚嬉し・・!

よろしくお願いします。

-----予めお断り!----
範疇外の物や知嚢の逸脱等、小生の様な盆暗頭では及ばぬ場合、返礼に些か差異が生じる事をご了承願いたく・・  <(_ _)>

投稿日時 - 2020-02-01 09:36:00

QNo.9707866

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

EH1026TOYOさん、こんにちは。

 たった今読み終えたのが
『ある男」 平野啓一郎
 ド地元の作家ですから。個人のアイデンティティについて考えさせられました。でもちょっと詰め込み過ぎかなあ。

 読みさしが
『アウシュヴィッツの図書係』 アントニオ・イトゥルベ
 シテュエーションがおもしろく手にしましたが、大部分普通の収容所ものでした。今のところ。引き続き読むかどうか検討中です。


 ちなみに、次は「人食いバラ」(西條八十)か中途でやめていたペーター・ハントケの「反復」のどちらかです。

投稿日時 - 2020-02-01 14:31:11

補足

31192525 様の参加以降、10日経って回答がつかない様なので〆切とさせていただきます。
ご参加有難うございました。

投稿日時 - 2020-02-10 01:47:15

お礼

31192525 様
早速のご回答、ありがとうございます。
4冊の紹介有難うございました。

読了:『ある男」平野啓一郎
人間存在の根源と、この世界の真実に触れる文学作品
平野啓一郎氏:第120回芥川賞受賞作家との事

読みさし:
●『アウシュヴィッツの図書係』
 アントニオ・イトゥルベ(翻訳: 小原 京子)
➝事実に基づいた小説
●「人食いバラ」西條八十
➝少女小説
●「反復」ペーター・ハントケ 2019年ノーベル文学賞作家との事
➝行方不明の兄の足跡をたどって旅に出たフィリップ。25年後、彼はこの旅を語る言葉を見出す。ハントケの自伝的色彩の濃い代表作。

何れも小生の範疇外でしたので満足な返答が出来ず、申し訳なく・・<(_ _)>
只、紹介された中では
『アウシュヴィッツの図書係』
・・が一寸気になりました・・!

ご紹介、ありがとうございました。

投稿日時 - 2020-02-01 17:52:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問