こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

車のLEDライトについて

最近の車はLEDライトが使われていて、省電力だと言っていますが、以下教えてください。
1.具体的にどの程度省電力なのでしょうか? ハロゲンやキセノンなどに比べて、どの程度省電力でしょうか? 例えば、消費電力をハロゲンが100W、LEDが15W とか、、、、、、数字でわかりやすく表現する方法がありますか?
2.LEDライトの寿命を考えると、あまり付けたり消したりする回数(ON/OFF回数)が多いと、早く寿命が来ますか?
3.1.にも関係しますが、どの程度省電力かという点で伺いたいのですが、例えば、バッテリーが正常だとして(個別のバッテリーの状況によると思いますので、仮に新品から1年くらい通常使用したバッテリーで満充電が100だとして、50以下がエンジンかからない(バッテリーあがり)状態だとすれば、75レベルの充電状況、電圧状況のバッテリーで健全なバッテリーという前提で、LEDのスモールライトをおよそ何時間程度つけっぱなしにすると、バッテリーが上がる状況となるでしょうか? 
どなたか詳しいかた教えてください。 車種としては、例えば、BMW3シリーズ、メルセデスCクラス、国産だとクラウンクラスの2000CC程度のセダンに搭載されているLEDライトという前提で結構です。
どうぞよろしくおねがいします。

投稿日時 - 2020-02-08 21:02:44

QNo.9710677

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1. ヘッドライトは明るさの上限下限が保安基準で決められているので、純正の消費電力を比較すれば明るさが同等で消費電力が簡単に比較できます。
ハロゲン:55w
HID(キセノン):35w
LED:10~15w(バルブ交換タイプではなく灯体一体タイプの場合)

2. LED自体は半導体なので点灯消灯を繰り返しても寿命に大きく影響する事はありません。
しかし、LEDを点灯させるための駆動回路に使われているコンデンサー等が劣化しやすくなる可能性があります。

3. 最近のLEDポジションランプなら1灯の消費電流は0.15A位。
四隅にあるとして4灯で0.6A。
2000ccクラスの車に採用されているバッテリーの5時間率容量は55Ahくらいなので、新品のバッテリーが満充電なら91時間点灯させられる事になりますが、実際にはクルマのECUやリモコンロック、警報装置なども電気を使い続けているのでクルマの機能次第で何時間保つか変わってしまいますね。
白熱球のポジションランプは0.42A位の消費電流ですから、白熱球よりLEDの方が2.8倍バッテリーが保つ計算になります。

投稿日時 - 2020-02-09 11:00:04

お礼

ご回答ありがとうございます。大変詳細に説明いただきよく理解できました。
約1/3程度の省電力効果ということのようですね、ありがとうございました。

投稿日時 - 2020-02-09 12:15:51

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

省電力だと言ってもそう極端に少なくはありません。

通常のH4ハロゲンが60wですが、メーカー純正のキセノンヘッドライトのバルブは35W位です。

純正のLEDヘッドライトのw数は判りませんが、バルブ入替タイプのLEDバルブが色々ありますが30W位ですのでキセノンと大差なさそうです。

ledは点滅には強く総点灯時間で寿命が決まります。
そもそも信号や多くのLEDランプは目に見えない速さで点滅しています。
点滅で点灯時間に対して実通電時間を短くして節電しています。

スモールライト程度ではそれほどバッテリー上がりまでの時間に大差ないかもしれません。
ランプ形状にもよりますが、白熱球のスモールランプは電球がテールランプ片側に1~2個程度が多いですが、LEDを使うのはデザイン的なこともあり数多くのLEDが使われてるケースが多いので数が多い分消費電流も増えるので全体では大きな差は出ないケースが多いと思います。

車のLEDランプは省電力より視認性や長寿命、デザインの自由度の高さ、がメリットとして強いのではないかと思います。

投稿日時 - 2020-02-08 21:41:42

お礼

ご回答ありがとうございました。オンオフの回数では寿命が左右されないということですね、ありがとうございました。

投稿日時 - 2020-02-09 12:17:38

ANo.2

約1/3の省電力です。付けたり消したりする回数(ON/OFF回数)が多いとLEDライトがハロゲンやキセノンなどに比べて早く寿命がくるということはありません。バッテリーが上がる状況となるのは、LEDライトがハロゲンやキセノンなどに比べて約1/3の確率ということになります。

投稿日時 - 2020-02-08 21:33:23

ANo.1

1.具体的にどの程度省電力なのでしょうか?
およそ1/10程度の消費電力です。(商品及び算定方法によって変化しますので「およそ(平均的な)」です)

2.LEDライトの寿命を考えると、あまり付けたり消したりする回数(ON/OFF回数)が多いと、早く寿命が来ますか?
キセノンバルブのような放電管と違い半導体素子ですので、ON/OFFによる劣化は無いと考えられています。(総点灯時間として考える)

3.1.にも関係しますが、~~をおよそ何時間程度つけっぱなしにすると、バッテリーが上がる状況となるでしょうか?
スモールライトの消費電力により変化しますし、バッテリーの大きさ(容量)にもよります。
国産のバッテリーの場合最初の95とか115が時間率の容量、次の36とか50とかが物理的な大きさを表示しています。
詳細な内容はGSユアサ社のHPを参考にして下さい。
https://gyb.gs-yuasa.com/knowledge/car_basic.html
スモールライトが15Wx4として60W、60W割る12Vで5A、LEDだと1/10で0.5A、95型のバッテリーだとすると95割る0.5で190時間、50%残として190時間X50%=95時間でしょうか・・・。
この他メーターパネルの表示やライセンスマーカー等も電力を消費しますので、その分を考慮すれば時間は短くなりますね。

投稿日時 - 2020-02-08 21:31:03

補足

ご回答ありがとうございます。 1/10程度の省電力とのことですが、計算方法によっては、1/3にもなるでしょうか、、、1/3というご指摘もあるので、そのあたりはいかがでしょうか。
いずれにせよ、LEDですと、3~4時間、消し忘れたスモールランプの影響でバッテリーが上がる(エンジンがかからなくなる)ことはなさそうだと思ってよろしいでしょうか。バッテリー容量が60前後だとして、健全なバッテリーという前提ですが、、、

投稿日時 - 2020-02-09 13:26:24

あなたにオススメの質問