こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

「〇〇のはずがない」という論法

ときどき「〇〇のはずがない」という論法を見かけます。
しかし、この論法には問題があると思います。
「〇〇のはずがない」と思えるのに「〇〇である」ものがいろいろあるからです。
古代のテクノロジーは現代より劣ると思えるのに、エジプトのピラミッドのような巨大建造物がつくられていたり、
インカの隙間のない石積みがつくられていたり。
このような「〇〇のはずがない」という論法は何論法と呼ばれていますか?
それとも論法の名前はありませんか?カテゴリーちがいでしたらすいません。

投稿日時 - 2020-02-14 21:10:22

QNo.9712893

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

補足有難うございます。

確かに、詭弁の中の論点先取が近いですかね。
このへんをよく読んだ上で国会答弁を聴くと、詭弁ばかりの人が多くてうんざりしますよ(笑)

特に論点ずらしばかりの人、早く石破に変わってくれぇ(笑)

投稿日時 - 2020-02-15 22:35:21

お礼

w

ご紹介いただいた記事は本当に面白かったです。
こういうふうに分類すると頭の整理がついてすっきりしますね。
ありがとうございました!

投稿日時 - 2020-02-16 11:08:03

ANo.4

論法ではないので特に名前は有りません。

それまでの論理で説明できない事例について、
現状の論理で説明がつかないことを前提に、
論理的な事実確認ができるまでの暫定的な「否定」或いは「保留」とする為の、理由づけ的な表現です。

…それまでの論理の下では、新事実を肯定する「論法」も成立しない状況にある事を示しています。

投稿日時 - 2020-02-15 00:26:16

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2020-02-15 10:04:53

ANo.3

「〇〇のはずがない」と言っておいてそれを否定する事例が出てくるなら、その主張が間違っているだけです。論法とかの問題ではありません。
あなたの主張は『「〇〇のはずがない」ことはない』ということで、つまり『「〇〇のはずがない」はずがない』ということなので、自己矛盾してますよ。

投稿日時 - 2020-02-14 23:39:48

ANo.2

No1です。間違ったかも(^^;

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%A9%AD%E5%BC%81

詭弁の説明なんですが、これのどこかが当てはまると思いますが、

「◯◯であるなら□□であるはずがない」とか、前提がついてないなら定義できないかもです。

補足をお願いしますm(__)m

投稿日時 - 2020-02-14 22:01:50

補足

論点先取論法が近いでしょうか?

•A「Bさんは勤勉な人だから、仕事を怠けるはずがないよ。」

Aの発言は、前提の中に結論を導く事が出来る情報を「あらかじめ」含めている。
このように、見掛け上は『論理』の形になっているものの実際は同義反復の推論を論点先取と呼ぶ。
同義反復(「XはXである」という演繹)は恒真命題であるが、何かを証明する内容ではない。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%A9%AD%E5%BC%81 より引用

「〇〇のはずがない。だから間違っている」とやるわけですから、同義反復になっているような?
どう思われます?

投稿日時 - 2020-02-15 10:27:31

お礼

こちらのリンク先記事もおもしろいですね!
ありがとうございます!

投稿日時 - 2020-02-15 10:16:19

ANo.1

類比論法だそうです。

https://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/ronri/archive/resume009.html

ググり一発、凄いな、Google(^^;

投稿日時 - 2020-02-14 21:51:27

お礼

おおー、類比論法!かなりこれに近いです。
リンク先の記事、超おもしろいですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2020-02-15 10:17:22

あなたにオススメの質問