こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

パキシルの離脱症状?

パキシルをやめて3ヶ月たつのですが、いまだに頭がシャンシャン、体がビリビリといった症状がとれません。おそらく離脱症状だと思います。うつは今のところありません。
もう一度のみなおして、慎重に減らせば治るのでしょうか?
飲まなかった場合、下手するとこの症状が一生つづくのでしょうか?それとも、もう何ヶ月たつにつれておさまっていくのでしょうか?

投稿日時 - 2004-08-23 02:53:36

QNo.972074

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ANo.#2で回答した者です。
頭がシャンシャンしたり、体がビリビリしたりするという事が、半年を過ぎたあたりから、無くなった。と解釈して頂けたら良いと思います。
私の場合は、特に腕がビリビリとして、ナンだが物が持ちにくかったりしていました。
その様な症状が気づいたら、なくなったなぁ。って感じたのが、半年過ぎたあたりだったと思います。
ちなみに、薬を服用していた期間は3年です。
個人差が有るかと思いますが、参考になさって下さい。

投稿日時 - 2004-08-23 22:48:31

お礼

4か月目です。シャンシャンしだしてから。
弱まることがありません。
硬膜に向かって脳が押しつけられている感じがします。
アメリカのサイトを見たら、なんと液体パキシルを使い1mg単位で減らしたという例があり、驚いてしまいました。
地元の医者に問い合わせたところ、液体ではなく粉ならあると聞いたので、それで試してみます。

投稿日時 - 2004-09-04 21:06:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

55人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

初めまして。
私はパキシルを2年ほど飲んでいました。
胸が苦しいと言ったら処方されたからです。(飲んでも逆に苦しいときもあったのですが)
2年たって診察日を忘れていて市販の漢方薬(動悸とかめまいとか・・いろいろ直す薬)を飲んでから一週間して診察に行くと先生は副作用がないならパキシルは辞めて良いと言われました。
最近また苦しくなったので飲んだら逆に吐き気がしたので辞めました。人によって副作用も違うんですね・・。
言われている頭がシャンシャンする副作用があると初めて知りました。辛いですね・・。
参考にならないかもしれないですが、パキシルを辞めれたということを伝えたくて書き込みしました。

投稿日時 - 2004-08-24 03:50:51

お礼

僕の場合、飲んでいる最中はほとんど副作用を感じませんでしたが、やめるとシャンシャンするんですよね。

投稿日時 - 2004-09-04 21:08:12

ANo.3

私も以前2年ほどパキシルを服用し、いきなり止めてしまったことがあります。
3日ほどたった頃、今までみた夢の中で一番くらいの怖い夢を見ました。自宅が火事で燃えている夢だったのですが、ものすごくリアルで目が覚めても動悸と発汗が止まりませんでした。
あとでその夢のことを精神科医に話すと、薬によるリバウンドだと言ってました。
やはりいきなり止めるのはよくないとのことです。やめる時は量を減らしていくのがいいそうです。
ちなみにリバウンドは私の場合1週間で治りました。
msndanceさんの症状とは違うので参考になりませんが、一度かかりつけの医者に診てもらった方がいいかもしれませんね。

投稿日時 - 2004-08-23 17:47:55

ANo.2

私も以前にパキシルを飲んでいましたが、徐々に量を減らしていきました。
頭がシャンシャンしたり、体がビリビリといった症状もあり、とても不快でしたが、半年過ぎた頃からは、そのような症状も、気にならなくなってきました・・・
不快な症状に我慢が出来なくて、せっかく減らしていた薬の量がまた増えて、パキシルをやめられなくなる方が多いみたいですよ!

投稿日時 - 2004-08-23 10:21:07

補足

半年・・・結構長いですね。
気にならない、というのは、症状があっても気にならないと意味ですか?それとも、症状自体がなくなったという意味でしょうか?

投稿日時 - 2004-08-23 17:39:33

ANo.1

お医者さんに見てもらって、薬を処方しなおしてもらうしかありません。

「頭がシャンシャン、体がビリビリ」というのは、パキシルの副作用ではないと思います。(副作用の少ない薬なのです)。

投稿日時 - 2004-08-23 03:28:08

補足

飲んでいるときは、副作用はちょっと眠い以外、感じませんでした。

しかし、やめたときにそのような症状が出るのです。何年も前からインターネットでは患者の間で話題になっていたのですが、医学ジャーナルにとりあげられはじめたのは、最近になってようやくとのことでした。
http://www.rickdom.com/archives/000873.html

投稿日時 - 2004-08-23 17:36:34

あなたにオススメの質問