こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

マイクロソフト社のoffice製品について

現在、オークションで落札した商品の事でとても困っています。
PCが欲しかったのでモバイルPCを落札したところ、ノーブランドのPCだったため、出品者に返品・返金を申し出たところ、PCの返品・返金には応じるとの返事があったのですが、そのPCには元々無料でマイクロソフト社のofficeが付いていたのですが「officeは返品・返金に応じられない」「officeを購入しろ」と、言ってきたのです。
相手の言い分は「officeをダウンロードするアドレスとアカウント、パスワードを教えたので、既にあなたのものになってしまっている」「購入してもらわないと困る」「金額は2万円」「正規品なので、普通は最低3万円以上するものが2万円で手に入る」と言ってきています。
私は色々調べ「office製品がダウンロードできるものは、マイクロソフト社が認めた量販店など数社で購入するもののみ」であり、「PCにおまけとしてついているofficeや、量販店で販売しないでオークションに出しているものは、正規品ではない」「他のオークションに出ている数千円のものと同じである」と言って、「2万円も出せない」と言っているのですが、相手は「コピー品や偽物ではない」「ちゃんとした正規品である」と言うことで、一向に出口が見えないやり取りが続いています。
そこで私は、正規品だと言うのであれば、『プロダクトキーがあるはず』と言っても「それはない」「でも正規品なので、2万円は安い」と言う議論が続いています。
私としても、早く解決したいのですが、「正規品か否か」の議論がグルグルと続き、解決する糸口が見えてこない状況です。
私としては、「詐欺にあったのかなぁ~」と思いつつ、ここまで来たら何とか全てを返品・返金したいと思っています。

前置きが長くなりましたが、
今、相手が行っている製品が「正規品」なのかどうか?
私としては、コピー品や偽物ではなくても、正式なルールで販売せず、ましてやプロダクトキーがないと、マイクロソフト社のサポートが受けられないようなものは、「正規品」ではないと思うのですが、いかがでしょうか?
とりあえず今は、相手に対して「正規品ではないので、お金を払うつもりはない」「返品するので返金して欲しい」と言っています。

私が行っている、交渉の進め方と私が考えている『ソフトウェアの正規品の定義』に問題があるのでしょうか?

どなたかご指導いただけないでしょうか?

投稿日時 - 2020-03-08 01:22:57

QNo.9720901

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

追加回答します。
Microsoft Office のダウンロード販売について、正規品か非正規品かは、下記の情報の「非正規品の見分け方」の「6 ソフトウェアがマイクロソフトおよび正規の販売代理店以外のサイトからダウンロード提供されている」をごらんになってください。

正規品をダウンロードで入手できるところは、記載されている販売店からのみで、それ以外のパッケージ版、プレインストール版は正規のプロダクトキーカードの添付が必須であるということになります。
ダウンロード版以外の場合は、正規品のプロダクトキーカードを渡さないということは、100%非正規品となります。

下記の情報のダウンロード版を扱っている販売店から購入した、ダウンロード版の Office であった場合、開示されたアドレス、アカウント、パスワードが、ダウンロード版の販売店のダウンロードライブラリにアクセスするものであり、アカウントが Microsoft アカウントである場合は、正規品の Office の可能性はあります。

正規の販売店のダウンロードライブラリにアクセスするには、登録されている Microsoft アカウントが必須で、プロダクトキーを参照できるのですが、このアカウントは個人情報が含まれるので、開示すると悪用される可能性が高いので、開示することは考えられません。
例えば、このアカウントで MS ストアから何かを購入しても、だれが購入したかはわかりません。アカウントが乗っ取りされたのと同じことになります。

このため、出品者固有の場所からダウンロードするためのアカウントなどでしたら、以下の情報にあるように、ダウンロード販売や譲渡はできませんので、正規品であったとしても不正な販売や譲渡となり、非正規品の扱いになると思います。

オークション、中古販売で良くあるのが、表記されている Office とインストールされる Office が違っていることもあります。
このようなケースは典型的な非正規品で、不正なプロダクトキーや Office ソフトをダウンロードで提供しています。

<参考情報>
非正規品の Office にご注意ください。

参考URL:https://www.microsoft.com/ja-jp/office/homeuse/prodinfo.aspx?SilentAuth=1&wa=wsignin1.0#coreui-heading-0izegla

投稿日時 - 2020-03-11 00:38:09

ANo.11

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.10

Office の製品名がどういうものかわからないのですが、正規品とは言えません。
中古販売、オークションなどでの購入は、譲渡と同じ扱いとなるので、Office でごねるようなら Windows のライセンスも正規なのかを疑います。

Office は Office 365 サブスクリプション版と、永続ライセンスの Office 2019, 2016, 2013 や、プレインストールの Office Premium があります。
また、Office には個人向けのものと、法人向けのものがあり、Office 365 製品と Office Premium にプラスの Office 365 サービスは譲渡できない製品です。
つまり、譲渡可能なのは永続ライセンスの製品となりますが、ボリュームライセンスとなっている Office Professional Plus は法人向けで個人使用はできません。

最近の Office は個人情報を含む Microsoft アカウントに紐づけされて、譲渡の際はこのアカウント情報は公開が不可となっているため、購入時のプロダクトキーを受け取って、譲渡された人(購入した人) がプロダクトキーを元に、マイクロソフトの窓口に連絡して譲渡手続きを行い、自分の Microsoft アカウントで Office をインストールして使用することになっています。

ダウンロード先のアドレス、アカウント、パスワードは、前使用者(出品者) のものなので、正規プロダクトキーが無いと、所有者を自分のアカウントに変更することができません。

Office は、変更した自分の Microsoft アカウントで、マイクロソフトからダウンロードして再インストールになりますので、それ以外のアカウントを使用の場合は使用できなくなる可能性が高く、所有者の変更ができないと、マイクロソフトにも問い合わせなどができません。

マイクロソフトの窓口で正規に譲渡手続きをすれば、自分のアカウントに紐づけされたアカウントページが作成されて、いつでも再インストールなどができるようになります。

長々と書きましたが、Office の正規のプロダクトキーカードが添付されないものは、Office の所有者であることを証明できず、正規の手続きで使用者の Microsoft アカウントも変更ができないので、正規品として認めることはできません。
教えられた内容で Officeを入手し使用するのは、不正使用の方法に該当します。

オークションで発生するトラブルの一つですが、必要なら、消費者センター、BSA などに連絡して対処してもらうことと、返金に応じない場合は詐欺として警察に連絡することを伝えて、相手がどう出るかだと思います。

投稿日時 - 2020-03-09 00:25:58

お礼

ご丁寧に説明していただきありがとうございます。
私もMicrosoft歴は長いのですが、正直、この様な事は初めての経験のため、結局何が正しく、何が間違っているの説明できません。
説明頂いた文章を読み、非常によくわかりました。
説明文を参考に相手に対して掛け合ってみます。
それでもダメなようでしたら、ご指摘のように消費者センターやBSA などに連絡してみます。
詐欺として警察に連絡することを伝えると、逆切れされるのが気になっていますし、
本当に連絡したとしても、警察は役に立たないのではないかと感じています。
とりあえずまずは、オークション運営者か、消費者センター相談してみます。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2020-03-10 00:14:13

ANo.9

因みに同様の商品は検索しても安くて数百円から高くても2000円くらいです。返品で保証外となっていると明記していたとしても、比較しても詐欺としか思えません。デジタルの分野は、価格が下がらない代わりに無価値になることもあります。そう考えても差額が大きすぎますし、使うなら意思のない価値もないとなるやり取り自体がおかしな話です。

市販品の永久ライセンス買う選択肢しか考えれない額を提示されて可笑しな話と疑わないあなたも優しさが過ぎます!

投稿日時 - 2020-03-08 18:14:03

補足

ご回答ありがとうございます。

ちなみに、私はofficeを購入するつもりで落札したわけではございません。
あくまでPCが欲しかっただけです。officeは「おまけ」つもりでしたので。
よって、最初からofficeにお金を支払うつもりは、毛頭ございませんでした。

投稿日時 - 2020-03-10 00:20:02

ANo.8

連絡先を確認して相談してみるのも良いかも知れません。20000円なんてOfficeは存在しないんだし、正規品の永久ライセンスと比べるのも変な話です。向こうに返金意思がないなら、早く対処すべき。

http://www.kokusen.go.jp/map/

投稿日時 - 2020-03-08 17:58:51

お礼

ありがとうございます。
ひとりで、相手と折衝していると、だんだんと説明する言葉が減ってきて、
結局のところ、同じことの繰り返しになってしまっていました。

皆さんのご意見を参考に、再度折衝し、進展が内容でしたら「国民生活センター」に相談してみます。

投稿日時 - 2020-03-10 00:23:33

ANo.7

そういうのは消費者相談センターに連絡すべきです。

問題としてはパソコンの購入をしたのですが、キャンセルし返品を申し出たところ、正規品と言うばかりで、インストールされてもない保証外と思われるOfficeを購入を条件にされました。

詐欺に近いやり取りですし、未使用品なのですし、また勝手にアカウントやパスワードを教えてもらっても使う意思がないわけですから、、

商品特性を考えずに、使う意思表示を確認しなかった相手に問題があります!

通報を臭わせて応じない様なら、早く通報すべきです。

投稿日時 - 2020-03-08 17:51:56

ANo.6

No.1です。
どちらのオークションかわかりませんが、その会社に仲裁してもらってはどうでしょうか。
仲裁してもらえるなら、恐らくあなたの言い分が通ると思います。

投稿日時 - 2020-03-08 16:00:27

お礼

ありがとうございました。
ヤフオクですが、一度軽く相談したのですが、
「当事者間で解決を!!でした。

自分も、私の考え方に間違いはないと思っているのですが・・・。
これほどまでに、折衝しても平行線だと、なんだか自分が間違っているように感じてしまいます。

投稿日時 - 2020-03-10 00:28:39

ANo.5

>どのように思われます?
詳しくはないですがその書かれている手順はOfficeのボリュームライセンスを違法にばら売りしようとしている時に似ている気がします。

偽造ソフトウェアの報告
https://www.microsoft.com/ja-jp/howtotell/cfr/report.aspx
出来そうなのは上記に報告してみるとかでしょうか。

投稿日時 - 2020-03-08 13:46:22

補足

ありがとうございます。
一度報告してみます。
でも、結局お金は帰ってこなさそうですね。

投稿日時 - 2020-03-08 16:13:43

ANo.4

>しかも今回は、PCが中古製品でPCにプレインストールされているのではなく、マイクロソフトの公式オンラインインストールURLから「アカウントのIDとパスワード」でサインインするものなのです。
>そして、「何台にでもインストールができる」と言うのです。

Microsoft Officeには価格が3万円以上で何台にでもインストール可能な製品はなかったかと。
日本で販売されている永続ライセンスだと2台までのはずですし。
サブスクリプション形式であるMicrosoft Office 365 (Premiumは除く)は何台でもインストール可ですが(アクティベートできるのは5台までですが)、月単位まらは年単位契約なので「価格が3万円以上」というのに当てはまりませんし。

また仮に正規品だったとしても譲渡手続きがおかしいですから、不正品といってよろしいかと。
「Microsoftアカウントとパスワードを教えたから、Officeはあなたのものだ」というのもかなりの暴論かと。
もしそれがまかり通るなら極論ですが、そのMicosoftアカウントとパスワードをtwitter等で晒したら、それを見た人全員のものになってしまいます。

投稿日時 - 2020-03-08 13:21:03

補足

ありがとうございます。

そうですよね。
私は、相手に対して
「あなたから送られてきたofficeが偽物やコピー品であるとは言っていません。私が言いたいのは、「本来『正規品』というものを販売できるのは、特定の家電量販店などであり、それ以外で手に入れることができるものは、『正規品ではない』」
というように言いました。

しかし相手は、
「こちらがお伝えしたいことは、まず正規品に関する、前提が間違っているということです。正規品の意味は 逆に正規品ではなければ、 コピー品、海賊版です。このオフィスは、マイクロソフトが製造、販売している商品で 100%本物=正規品なのです。」
そして「プロダクトキーがあるから本物、ないから偽物ということにもならないですよね」
とも言っています。

私は、「プロダクトキーがあるから本物、ないから偽物」と言うか、
「プロダクトキーがあるから正規品、ないから非正規品」だと思うのですが・・・。
ここの主張がかみ合っていないのです。

また相手は、
「こちらの方では、当然、オフィスが偽物であると大問題ですから、きちんと確認を取ってます。なので、再度ご確認いただければと思います。
※1 メーカが100%真実をいうとも限らないことを理解ください。
この辺の証拠集めはかなり大変だったようです(こちらのクライアントが確認をした時も)なおエビデンスの録音があります」
と言ったので、

それに対して、私は、どのようなものなのでしょうか?すごく興味があります。お示しいただくとありがたいです。

と言ったところ、
「警察や、マイクロソフトに確認した結論、証拠です」
それだけで、具体的なものはありませんでした。

相手と私の間で噛み合わない原因としては、「正規品」と「本物」、「非正規品」と「偽物」の言葉が色々使っており、それがややこしくしているものと考えています。

ただ、私が一貫して主張しているのは、
「あなたの商品は本物なのでしょう!偽物でもコピー品でもないでしょう。しかし、あなたが私にofficeを購入することを迫ること自体が、ライセンス違反であり、NGなんです。元々、私はofficeが欲しかったわけではなく、Win7からの乗り換えでPCが欲しかっただけなのに、なぜ欲しくもなかったofficeを購入しないといけないのか?どうしてもofficeが欲しければ、ちゃんとした代理店でサポートが受けられるものを購入する。」と言っています。

私の主張って、どこか間違っているのでしょうか?

私は「ライセンス違反=正規品ではない(非正規品)」と主張しているのですが、
相手は「ライセンス違反≠正規品ではない(非正規品)」と主張して聞かないのです。

私は、「今回の商品は、メーカーが認めたルートの物や正規代理店、直営店で購入したものではないので、正規品ではない。つまり、非正規品。」と言っているのですが

相手は、「論理構成は良いと思いますが、結論は違うかと思います。」
どうも噛み合わないのです。

説明が非常に長くなってしまいましたが、今後どのように話を進めていけばよいでしょうか?
本当に困っています。

投稿日時 - 2020-03-08 17:14:56

ANo.3

正規品ではOffice365がありますが、365は月額契約、年額契約のいずれかなので最高額でも1.5万円以下のものです、3万円から6万円する永久ライセンスとは別物です
https://products.office.com/ja-jp/compare-all-microsoft-office-products?activetab=tab:primaryr1
認証法は「プロダクツキー」と「Office HUP のライセンス認証」があります
ただしOffice HUP のライセンス認証は企業向けの複数台のライセンスで、その企業以外では使えないもので、それを販売すること自体、違法行為になります(ライセンス違反)
https://support.office.com/ja-jp/article/office-%E3%81%AE%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B9%E8%AA%8D%E8%A8%BC%E3%82%92%E8%A1%8C%E3%81%86-5bd38f38-db92-448b-a982-ad170b1e187e
また昔のOEM版だとしても、そのPCに組付販売なのでPC本体が必要ですし、そもそもサポートが終了しているOffice2010などです。
詳しくはMicrosoftのページで見ると良いでしょう。
まあプロダクツキーがないと言った時点で嘘か無料OFFICEだと思います。
OpenofficeやLibreoffice(まあこちらが本流のOfficeの系譜で、MicrosoftOfficeは互換品なんですけれど、MSOfficeが市場を制したというだけです)

投稿日時 - 2020-03-08 08:03:07

補足

回答ありがとうございます。
そうなんです。
私が「プロダクトキーがないものは正規品ではない」と言うと、質問の中でも申し上げたように、あいては、「海賊版でも、コピー品でも、偽物でもない」「本物です」「正規品です」と、言って譲らないのです。
全てのポイントは、「プロダクトキー」だと思っているのです。
しかも今回は、PCが中古製品でPCにプレインストールされているのではなく、マイクロソフトの公式オンラインインストールURLから「アカウントのIDとパスワード」でサインインするものなのです。
そして、「何台にでもインストールができる」と言うのです。
これって普通に考えたらおかしいですよね。
やはりライセンス違反であり、つまり違法行為ですよね。
そのように伝えても、「違法行為ではない」言っている人が知らないだけ。
と言って、話が前に進まない状態です。
何か、殺し文句的に言う、言葉はないものでしょうか?

投稿日時 - 2020-03-08 11:59:50

ANo.2

正規品のOfficeだと店頭などで売っているPOSA版と言うものか?それと同等のオンライン版でしょうか。あとは他の方が回答されていますがサブスクリプションのOffice365がありますね。

相手が言っているのはPOSA版か同等のオンライン版だろうと思われます。
そうであれば

Office 付きパソコンの譲渡と Office を再インストールする方法 [Office全般]
https://s-zenba.blog.ss-blog.jp/2018-11-16-2
パソコン売却時のMicrosoftOfficeの扱い
https://tsuge-line.com/digi20180927
上記あたりが譲渡する場合の手続きになります。プリインストール版Officeが前提に書かれていますが製品版(POSA版か同等のオンライン版)でも基本的には一緒かと。
プロダクトキーを提示的ない時点で話としては破綻していると思います。
どこのオークションを利用されたのか?わかりませんがオークションの運営会社に相談してみるのも良いかも知れませんね。

投稿日時 - 2020-03-08 03:24:45

補足

回答ありがとうございます。
ご紹介いただいた『Office 付きパソコンの譲渡と Office を再インストールする方法 [Office全般]』に以下の事が記載されています。

また、Office がインストールされた状態で譲渡を受けた場合でも、使用中にライセンス認証を求められる場合があり、付属のプロダクトキーを指定してもエラーとなって使用することができなくなります。

原因は、元のユーザーの Microsoft アカウントと Office のライセンス (使用権) が紐づけられたままの状態になっているためです。
元の所有者は Office に紐づけされている Microsoft アカウントやインストール用のプロダクトキーを、譲渡する人に開示するのは NG です。
※メールアドレス、所有者が保有する製品、支払いなどの情報が漏れてしまうためです。
※インストール用のプロダクトキーは、譲渡により元のアカウントから削除されるため、伝えても使えなくなります。


今回、相手は以下の内容のコメントが寄せられています(長文ですみません)。
最後説明書きの部分が、相手から送られてきています。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
※今回多数お渡しており重複や打ち間違いがないように細心の注意を払っております。
 ※万に一つもミスがないように、心がけておりますが、送信キーを誤送してしまう人為的ミスを犯す可能性がございます。
 万が一ライセンス認証できないという場合すぐにメールにご連絡ください。

インストール手順
(1)サイト:https://login.microsoftonline.com
上記の公式サイトから「アカウントのIDとパスワード」でサインインします。
必ずパスワードの変更をお願いいたします。
パスワードの変更について:新しいパスワードは8文字以上にする必要があります。

重要 

★パスワードの変更画面で、初期設定のパスワードが1度目エラーになり
2度目の入力でサインインできるケースがあります。★

(2)サインイン後「今すぐインストール」からOffice2019をダウンロードします。
(3)インストールが完了すれば、すぐにお使いいただけます。インストール終了まで数時間かかる場合がございます。

必ず、お受取後にパスワードはご変更を絶対にお願い致します。

アカウント・パスワードは以下の通りになります。何卒よろしくお願いいたします。

( : は必要ありません。また半角で入力をお願いします、入力ミスでログインできないと連絡が多数来てますが、今までログインできなかったことはありません。)
(パスワードは キーボードのショートカットキーでコピー&ペーストされるとミスが防げます)

アカウント:-------@---------
パスワード:********

どのように思われます?

投稿日時 - 2020-03-08 13:19:45

ANo.1

プロダクトキーがないOFFICEとしては、課金制のOFFICE365があります。
これは購入された方のMicrosoftアカウントに紐づけられているので、譲り受けることは不可能です。
またそれじゃないものはプロダクトキーが必要なので、これを提示できないのであれば譲り受けられません。
よって、応じなくてよいと思います。

投稿日時 - 2020-03-08 02:52:37

補足

回答ありがとうございます。
そうですよね。
『プロダクトキー』がないofficeは、個人が譲渡できないんですよね。
それが全てだと思っているのですが、相手は「正規品なので間違いはない」の一点張りです。
普通であれば、応じるつもりはないのですが、オークションのため、既にお金を払っており、office代金を差っ引いた額(2万円)は、返金に応じるということなので、このままだと2万円がみすみす取られてしまうもので、何とかしたいと考えている状況です。

何かいい知恵はないものでしょうか?

投稿日時 - 2020-03-08 13:26:11

あなたにオススメの質問