こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

コロナウイルス感染拡大に伴う旅行キャンセルにつ

 5月下旬に海外旅行を予定しています。
 1年以上前から計画し、妻と二人で楽しみにしていたところです。
 折しも、コロナウイルスの感染拡大に伴い、行先のイタリア・ベネチアが外務省のレベル3に指定され、渡航中止勧告が出されてしまいました。
 旅行をキャンセルする意思はほぼ固まっているのですが、すでにキャンセル料が発生しており何ともやるせないところです。
 旅行会社は4月6日出発分までのキャンセル料はとらないこととしたもののそれ以降の旅行については、方針を固めてないとのことでした。
 今の状況を考えれば、旅行会社としても5月下旬のツアー実施は困難であり、早期に方針を打ち出してもらえないものかと思っています。
 出発日ぎりぎりまで、粘ればおそらく中止になる可能性が高いと思いますが、決断ができません。心ある皆様のご助言をいただきたいと思います。

投稿日時 - 2020-03-10 12:48:43

QNo.9721821

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

イタリア・ベネチア!チャオー! ご夫婦で旅行ですかぁー良いですね!
連日新型コロナウィルスのニュースでもうウンザリしてきましたが、未だピークを迎えていない様子です。 況してや、寄りによってイタリアで猛威を振るっているって、なんとしたことでしょう!?

私も学生時代からイタリアが好きで、かれこれ3回。 初めて行った際に「トレビの泉」で後ろ向きにコインを投げた願掛けが、本当になる人生を送るとは思いもしませんでした。 いつ言っても街の匂い(臭い含む)、佇まいが良いところです。 ピサの斜塔も倒れていませんし、陥没するであろうベネチアのサンマルコ広場も長靴無しで歩けますし、、、そうそう数年で変わるものではありません。
ウィルス感染の話に戻りますが、、、ヨーロッパ全土に言えることで、彼らの習慣は風邪やウイルス保持者がマスクをする。ですから、TVニュースで街の様子が映されますが、政府が何を言おうと一般市民がマスクをしている姿はまばらでしょ。 あの国は、まだまだ続きます。 普段通りの生活も続けます。
コロナウィルスを発症させたのは、アジア人! 今、イタリアへ日本人が乗り込みと公共機関の乗車拒否、飲食店、ホテル等の入場拒否、終いには殺虫剤を浴びせられます。(笑)
日頃、EU内で大陸続きの仲良しに見えますが、頑として共通語を話す気もありませんし、何かあったら(今回のように)周囲のフランス、ドイツ、オーストリア、スロベニア等々且つては敵国が、瞬時に今も敵国になる状況です。
 
我々にはヨーロッパ人種の区別が付かないのと同じで、イタリア人もマレーシアから日本までは東洋人の区別が付きません。 兎角、黄色人種はコロナウィルスの発生源となっていますので、陽気なイタリア人のイメージでサービスが受けれるとは思いません。(例えば、リストランテやトラットリアクラスで夕食の席待ちをしていると外へ椅子と無料ワインを持って来てくれる粋な計らい等々、また夫人の革靴屋さんへ行けば、同デザインのセレクトサイズを提案してくれて、履かせてくれます。 痛い部分があれば、奥から靴職人が出て来て、直してくれます。 出来たらそんなサービスを受けて欲しい。 景観を見るだけなら本当にいつでも大丈夫ですが、このようなサービスを受けようと思うと、人々の心も平常化していないと無理でしょう。)
そんなこともこんなことも吟味し、半年、一年を先延ばしされることをお勧めします。

投稿日時 - 2020-03-12 11:16:12

お礼

詳細な情報ありがとうございます。
キャンセルの踏ん切りがつきそうです。

投稿日時 - 2020-03-13 06:54:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

対韓国のように 日本がイタリアからの入国を拒否すれば相手国も同等の手段に出る可能性もあり
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3925250.html

日本で下火になったからと言ってイタリアも同じという保証も無く 日本国内だけの問題ではないという点も難しいですね

国が安全宣言を出したからと言ってすぐに国民に浸透する保証は無い アジア人差別が無くなっている保証は無い
https://globe.asahi.com/article/13108689

解決してから再予約ていどの期間を開けた方が無難なんじゃないか?と感じます

投稿日時 - 2020-03-11 05:48:30

ANo.2

いやー5月下旬はなんともいえないですねー。COVID19の感染力は、想像を超えています。そのせいかどうか、中国は第一次のピークは過ぎた感があります。もっとも、ここから第二次ということは大いにあるんですけどね。
旅行業界も、ゴールデンウイークはちょっとなんぼなんでも何とかなってほしいと思っているはずです。さすがにその時期もお通夜になったら旅行会社も航空会社もホテルも潰れてしまいます。

考えてもみてください。1ヵ月前にイタリアでアウトブレイクが起きるなんて、世界中誰も想像していなかったじゃないですか。誰もがアジアからじわじわ広がっていくのだろうなと思っていたら、まさかのイタリアだったわけです。
この先1ヵ月も、誰も予測できなかったことが起きてゆくのだろうと思います。

投稿日時 - 2020-03-10 13:52:15

お礼

真摯な回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます

投稿日時 - 2020-03-10 18:00:19

ANo.1

さすがに現状では旅行を断念すべきでしょう。
オリンピックでさえ、どうなるかわからないところです。

キャンセルした後、予定の日が近づいてから考え直して決行したとしても
観光客減で苦しんでいる観光地などは喜んで対応してくれるかもしれませんよ。

投稿日時 - 2020-03-10 13:21:03

あなたにオススメの質問