こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本の新型コロナ感染拡大の幅が小さいのは何が原因

先進国の日本ですが、他の先進国の感染拡大時期と日本の感染拡大時期を折れ線グラフ的に比較すると、先進国では当初日本だけが早期に感染者が多数出ました。折れ線グラフ的に日々、徐々に感染者数が増えているのですが、ここは敢えて中国、韓国、イタリア、イランは外します。ある時期から感染者数も一桁台から二桁台、二桁を超える勢いで急激に右上昇しました。と同時期に日本と同じようにアメリカ、フランス、ドイツ、イギリスなど欧米の先進国も右上り、日本以上に右上昇への跳ね上がりが大きいです。
その感染の広がり方が日本は他の先進国より狭く、小さいのですが、日本は先進国の中では人口密度は多いほうだと思いますが、一瞬的に急激な感染者を出した韓国は下火傾向です。昨日は新たな感染者が出たと今朝のニュースで報道されてましたが、現在のヨーロッパと比較すると韓国の感染状況は小さいです。
中国に関しては中国全域では未だに新たな感染者がいますが、発症地の武漢では感染者ゼロと報道がありました。
現在は東洋ではなく、西洋が危ない地域となってますが、今後、この先は分かりません。
我が国日本は、拡大は現在進行形であり、日々二桁台の増加です。
国では感染者数が来月3千人台になるだろうと予想し危機感を煽っていますが、先進国から見たらまだ少ないほうです。
なぜ、日本は他の先進国(欧米諸国)より感染者が少ないのでしょうか?
日本人各々の衛生管理が欧米人より優れているのが一番の原因だと思いますが、その衛生管理、つまり、感染予防のアイテムの一つに、日本人と欧米人と明らかに違う点があります。それは「マスク」だと思います。
日本人は何も害しない健常者でも普段から予防の為にマスクしたり、風邪や花粉症などを患って仕方なくマスクしたり、とにかく他の国よりマスクする習性のある国民です。
WTOはその日本人ようなマスクの仕方を否定し世界にPRしました。
そのWTOのノーマスクPRの後、中国や韓国、日本などからの東洋地域からイタリア、イランを始め、欧米諸国の西洋地域にシフトチェンジしたように感染が拡大したところを見ると何か感じませんか?
マスクの習性の無い国々です。
中国も韓国も日本を真似てマスクするような国々です。
中国や韓国ではMARSやSARSなど前例があり、pm25問題もあり、普段からマスクする人が多くなっている。それでも日本人ほどではないと思うのですが、
その結果(まだ結論には早いのですが)、欧米諸国の拡大のスピードは中国の拡大よりも早いようです。死者数も多い。このままでは中国よりも深刻になるように感じます。
あまり報道されてませんが、マスク不足は日本だけではなく全世界で不足です。
世界庶民はマスクを求めているように感じます。
日本のテレビによる現地取材に応じた町歩く現地の通行人の金髪女性(フランス人)はマスクしてましたが、そのマスクは柄のある手製のマスクでした。
フランスでもマスクは品薄状態だそうです。
その金髪女性はマスクが購入出来ないので自己防衛を意識してマスクを作ったそうです。
その金髪女性ですが無事であることを祈ってます。

WTOのノーマスクPRは間違ってませんか?

投稿日時 - 2020-03-20 09:55:17

QNo.9725477

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

WTOではなく、WHOです。

マスクが必需品と言えば、マスクを求める暴動が世界のあちこちで発生し別の問題が増加してしまいます。
ですので、口が裂けてもマスクが必需品とは公に言えません。
理屈ではマスクでウイルスを塞ぐことは出来ない。
だから、あー言ったのでしょう。
ウイルス単体では飛ばないのに

投稿日時 - 2020-03-20 10:06:14

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

>ハグは直接ですが、レジは欧米のハグ行為より怖くないですか?

レジの人にハグはされません

ハグされたら、肌皮膚・衣類に濃厚接触です

実際もうフランスでは、当初からハグが危険だと周知されています

それを無視したのがイタリアです

マスクどうこうはパンデミックがすでに起きたあとの話であり、アジア圏以外のハグ文化のある国でオーバーシュートが起きている事実を無視してはいけません

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2020-03-20 15:15:53

ANo.8

Mask は他の回答者達も仰る通り COVID-19、SARS、MARS Virus 防止にはなりません。
感染者が他に人に病を移す事を防止するという目的では Virus を含む唾液を咳等で周囲に飛ばさないものですので効果があるのですが、Aerosol 状態になった後に水分が蒸発して大気を浮遊し始めた Virus が無効化される数十分の間に呼吸で吸い込んでしまう事に対しては Virus の大きさに較べて網の目が遙かに粗い Mask は何の効力も持ち得ません。……花粉や pm25 等の大きな粉塵は湿った Mask に捕獲されて遮断できる量も少なくないのですが Virus は余りにも小さすぎますので……。

日本と諸外国との生活習慣の違いで最も COVID-19 防止に効いているのは「手洗いとうがいの習慣」及び「常時、飲料水を入手する癖」でしょう。
日本では幼稚園や小学校で「昼食、給食前には集団で手を洗いに行く」事を習慣付けているので「食事の前には手を洗う」或いは「Napkin で手を拭う」習慣が根付いています。
Knife と Fork で食事をする地域では基本的に食事をする前に手を洗う必要がありません。
日本人も箸で食物を掴む事から手を洗う必要はないのですが、でも手を洗いますよね(^_^;)。
また日本人は鼻をかむ時にはちり紙や Tissue Paper を用いますが、欧米では手を拭う Handkerchief でも鼻をかみます。
日本人は小銭入れを持ち歩きますが欧米人は Pocket 小銭をじゃらじゃらと入れたままの人が多いですね。
日本では飲食店で茶が無料で供される事や蒸し暑くて汗をかく事が多い事から常に水分を補給する癖が付いており、何処にでも自販機があります……外国人にとって日本の自販機文化は驚異の一つですよね(笑)、
COVID-19 にしろ他の Influenza Virus にしろ、飲み込んでしまえば唾液よりも遙かに強力な胃酸で殺菌されてしまうのですが、ちょっとした事で直ぐに水分を補給する日本人はそれだけ Virus 感染しにくい文化を持っていると言えます。

日本人の Mask 愛好趣味は花粉症に悩まされて 1 月下旬から 4 月上旬まで Mask の御世話になる人を除けば「自身の口元や頬の形を隠して小顔に見せる Fashion」か「煙草の煙を見ただけ (吸い込んではいない) で咳き込む程の神経過敏症的嫌煙家とお味くらい人の息を気にする人で、人の吐く息が嫌なばかりか自分の息も人に不快感を与えていると感じている人」ぐらいでしょうね。
日本では CVS 傘で普及した透明 Vinyl 傘が欧州では Fashion Brand Maker が高額で販売して Fashion になってしまったように Mask が欧米で Fashion にならないかどうか気になりますが(笑)……まぁ Kiss の習慣がある国で「息を気にするので Mask をする」という習慣は根付かないと思いますが……。

日本の場合「独立自尊よりも右へ習え」「赤信号、皆で渡れば怖くない」「Escalator は右 (または左) を空けて乗る」社会である一方で Hysteric な Panic には陥らない国民性を獲得した (嘗ては獲得していなかった) 文化がある事から、早期に思い切った手を打つ初動は批判の種になるのですが、やや遅れて始動する施政は概ね大過を引き起こさないものが多く、国民も比較的落ち着いて行動する……特に天災等の災厄では民度の高さが呆れるほど高かったりするところを見せるようになってきた国民ですのでこれが「爆発的な二次感染を防いでいる」原因ではないかと思います。
ただまぁそれでも無頓着に非常識な行動を採る人がたまにいて、それが感染者増加数を日々一桁に押さえ込めずに終息を遅らせている原因であろうとも思うのですが……。

Panic に陥らずに「落ち着いて情報を収集分析し、自分にできる事を淡々と行う」事が一番です。

ところで
https://gis.jag-japan.com/covid19jp/
の Map は一昨日辺りから感染地が都道府県市町村庁に変わりましたね。
感染者収容病院や感染者発見地だと近隣住民が Panic を引き起こすからなのかな?
一昨日辺りの変更で一時市町村の Prot が消えた時には「参ったな、回避 Route をどう案出したものか」と困ったものですが、今では市町村庁舎まで復活したので移動時にその街を迂回する事ができるようになりました。

投稿日時 - 2020-03-20 13:48:37

補足

Mask は他の回答者達も仰る通り COVID-19、SARS、MARS Virus 防止にはなりません

よく承知しております。
WHOも感染者のマスクを否定しておりません。
感染者側のマスクは一定の効果かあると言うことです。 
逆の発想から被感染者の予防としてのマスクも同じことが言えるのではないか
感染者のマスク(咳やくしゃみなどの飛沫)は防止可能で被感染者のマスクは防止不可は普通におかしくありませんか?
マスクの使い方だと思います。

「このマスクは簡易製である」
「全ての菌やウイルスなどを防げるものではありません」
マスクのパッケージなどの取説にしっかりと記入されてます。
マスク利用者はよく理解していると思います。
当方も理屈ではマスクのみでは防止出来ないと思ってます。
寧ろ、接触感染のリスクが高いのはマスクしない人より、マスクしている人の高いと思ってます
しかし、現実の社会に目を通せばマスクも防止に1役あるのではないか?
と言うことです。 
つまり、感染者のマスクと被感染者のマスク、両方の立場によるマスクです。
そう言う国は日本、中国、韓国、台湾ぐらいです。

投稿日時 - 2020-03-20 15:30:18

ANo.7

>一瞬的に急激な感染者を出した韓国は下火傾向です。昨日は新たな感染者が出たと今朝のニュースで報道されてましたが、現在のヨーロッパと比較すると韓国の感染状況は小さいです。

新型コロナウイルスには2種類(S型とL型 厳密には3種類)あって、S型は新型だけど古い感染力の弱いタイプ、L型は感染力が強くこちらの方が危険ということがわかっています。
日本では、SよりもL型が半数以上、韓国ではS型の方が半数以上の分布とのことです。 その為、韓国の方が対応が易しい状況と言われています。

>中国に関しては中国全域では未だに新たな感染者がいますが、発症地の武漢では感染者ゼロと報道がありました。

武漢でのS型とL型の分布は日本と似ているそうです。感染者ゼロとの報道はにわかには信じがたいです。(何故なら隠ぺいするような体質があるとのことを放送で言っていました。上海超特急事故も列車ごと地中に埋めてしまいましたよね)
少なくとも、統計上、「ゼロ」という数字を出すのはかなり困難で、2~3件ということであれば信頼できます。

>なぜ、日本は他の先進国(欧米諸国)より感染者が少ないのでしょうか?
日本人各々の衛生管理が欧米人より優れているのが一番の原因だと思いますが、その衛生管理、つまり、感染予防のアイテムの一つに、日本人と欧米人と明らかに違う点があります。それは「マスク」だと思います。
日本人は何も害しない健常者でも普段から予防の為にマスクしたり、風邪や花粉症などを患って仕方なくマスクしたり、とにかく他の国よりマスクする習性のある国民です。

これはその通りだと思います。 普段から手洗いの励行など、花粉症対策などが功を奏しているのかもしれません。欧米では挨拶に「キス」や握手をする習慣がある為に、正にウイルスの受け渡しになっていると思います。
※この習慣を一時的にやめていくようです。 握手の代わりに腕と腕をぶつける、エルボースマッシュ(だったかな?)の様なものに変えているとのこと。

>WTOのノーマスクPRは間違ってませんか?

間違っていると思います。
何故なら、発症していない人が全員(感染者やそうでない人も含めて)、マスクをしていれば、ウイルスの媒介力は極端に減ると思います。 それは、発症していなくても感染している人は必ずいるはずですので、マスクをしていなければその人は無意識でもウイルスをまき散らしていることになるからです。
又、感染していない人も直接のウイルスを含んだくしゃみや咳からの飛沫を一時的に防御できるからです。(マスクの目よりもウイルスが小さいとしても効果はありと思います。)

投稿日時 - 2020-03-20 13:39:00

ANo.6

医療用のきちんと管理されたマスクならいざ知らず、50枚300円とかのマスクは飛沫防止以外何の価値もないでしょう。
他の方も書かれていますが、日本人の入浴方法(シャワーではない)や用便後の手洗い、帰宅時の手洗いなどを幼児教育で受けているからです。
銭湯のお湯の温度が42度なのは公衆浴場法で定められていますが、42度を超えると死滅する病原体も多くあるので(淋菌とか)この温度です。
銭湯も科学的に裏付けられているような日本ですから国民性でしょうね。

投稿日時 - 2020-03-20 12:46:49

補足

キレイ好きもタイミング次第で意味がありません。
ウイルスに対してキレイにする事はその行為をするのではなく、除染が目的です。
朝シャンも仕事や学校で人と出会えば振り出しです。

投稿日時 - 2020-03-20 14:48:05

ANo.5

↓ 参考にされてください

https://kettinotes.com/hug-culture/

https://foreignlang.ecc.co.jp/learn/l00014/

参考URL:https://foreignlang.ecc.co.jp/learn/l00014/

投稿日時 - 2020-03-20 12:42:59

補足

日本人はハグしないが握手します。
マスクしていれば握手した手のままマスクに触れます。
買い物してレジにいる人はマスクしてます。
しかし、商品やお金、レシートを渡される時、レジの人は素手です。
そのレジの人は様々な人と間接的に触れているのです。
ハグは直接ですが、レジは欧米のハグ行為より怖くないですか?

投稿日時 - 2020-03-20 14:38:16

ANo.4

最終的には、終わってみないとなんともいえません。COVID19は、目からもエアロゾル感染することが分かっています。そもそもマスクで感染を防ごうと思ったら、それこそマスクは一度外したらそのまま捨てるくらいのことをしないといけません。
もちろんある一定の効果があることは間違いないと思いますが、みんながマスクをしたからセーフというわけでもないと思います。都市部にお住まいならお気づきだと思いますが、そこまで徹底もされていませんでした。

このところ日本での感染者数が少ないのであまり気づかれませんが、感染者数における死者の割合は2%程度なので、現在の日本が全く医療崩壊に至っておらずまだ余裕がある段階なのにこの致死率は決して低いとはいえないと思いますね。「医療が整っている日本なら1%ないしそれ以下」と思われていましたから。
日本では「やみくもに検査しただけで無意味」とする声が多い韓国ですが、8565人の感染者数に対して94人の死者と、こちらも致死率は1%なので、やはり医療体制が保持されていても1%程度は死に至るウイルスだと思ったほうがいいと思います。季節性インフルエンザの致死率が一般的に0.1%くらいですから、CDCの専門家が指摘したように「季節性インフルエンザの10倍危険」というのは妥当なものではないかなと思います。

とはいえ、概ね武漢以外の中国、日本、韓国、台湾、香港などを見渡すとなぜか震源地周辺の地域ではアンダーザコントロールの状態にあるといっていいと思います。西ヨーロッパやイランでアウトブレイクが止まらない状態であることに比べると非常に対照的です。
私はこの可能性として、もしかしたらアジア発のウイルスであるがゆえに、我々アジア人はCOVID19に対してある程度の免疫力を有しているのかもしれないとも考えています。イタリアはいくら医療崩壊が起きているといってもちょっと死に過ぎだと思いますからね。

中国を含めたアジア各国は、また難しい選択肢を迫られそうですね。各々自国での感染拡大は止めることができても、先進国である欧米で感染が拡大していることから、COVID19が「逆輸入」される懸念が出てきました。しかし世界経済をけん引するアメリカや西ヨーロッパと鎖国した状態で経済を立て直すのは事実上不可能です。

この騒動が「終わった」といえるのは、一通り世界中のみんなが感染したときじゃないかなと思います。

投稿日時 - 2020-03-20 12:04:18

補足

マスクに拘ったのは、日本人のマスクはマナー行為と気付いたことです。
単なる風邪でも日本人は他人への気遣いでマスクします。
そう言った感冒の人でもマスクしない日本人もいます。
健常者から見たら移ったら嫌だから健常者でも自己防衛でマスクするようになったと思うのです。
日本人の潜在的なコロナ感染者もマスクします。
感染予防としての健常者のマスク姿もいます。
感染者も健常者もマスクすれば感染者側だけのマスクより安全のリスクは高いと思ったことです。

全員が感染すれば抗体できて終わります。
次の新種で繰り返すだけです。

投稿日時 - 2020-03-20 14:26:30

ANo.3

(1)根本的な理由として日本人が清潔好きという国民性があります。毎日入浴(シャワーを含め)する習慣は他国では見られない習慣です。特に乾燥地では水が貴重であることと、汗をあまりかかないという事情がありますが、気候面だけではなく国民性として清潔好きなのです。食事前やトイレの後などの手洗いも、日本人は徹底しています。

➁政府の見解としてウィルス検査をの基準を厳し目に上げたのですが、それに対し国民が抑制的に対応したからです。玉川徹氏などは、医療崩壊を目論んで恐怖感を煽り、検査の実施を叫び続けましたが、世論の冷静さに屈したようです。ニュースが売れる目論んだのですが失敗しました。韓国はドライブ・スルー検査を実施しましたが、そのような雑な検査では。検体が正確に採取できませんので、精度が50%前後でした。これはサイコロやコインを振って半々の確率で陽性・陰性の判定するのと同じです。結果として陽性判定者100人中に50人の健康な人が紛れ込み、病院のベッドを塞いでしまいました。一方で重篤な患者が待合室や路上に放置されました。

(3)マスクは感染者が着用すれば広げるリスクを下げる効果はあります。医療関係者は感染者に囲まれて仕事をしますので、飛沫を浴びるのを防ぐ効果があります。この場合は医療用の特別なマスクです。

(4)感染の拡大を止めるには人の動きを止めることです。学校の休業や各地での屋内イベントの縮小は効果があります。しかし、高校野球などの屋外の催し物は開催しても差し支えないと思われます。むしろ観客が球場に行く前後で、買い物、飲食、電車の中などでの感染の危険性が高いと思われます。

投稿日時 - 2020-03-20 11:28:21

補足

(1)仰有る事は理解出来ます。
手洗いはタイミングが重要だと思います。
風呂の後に人と出会えば振り出しに戻るだけです。
朝のシャワー後の出勤などの例です。
マスクしている人としていない人では、接触感染のリスクが高いのはマスクしている人だと思います。
綺麗好きで幾らこまめに手洗いする日本人でもマスクに触れる度に手指など除染しないでしょう。喫煙も同じです。
あと、トイレですが、現在は話題性があり手を洗う人が目立ちますが、それ以前は蛇口に手を添えますが1~2秒の流水で済ます者が大半です。それは単なる手洗いの真似事です。
ウイルスに対する手洗いの目的は除染です。手洗いしても除染出来なければ接触感染の可能性があります。

(3)「マスクは感染者が着用すれば広げるリスクを下げる効果はあります。」
なぜ、広がるリスクが下がるのですか?
感染者のマスクが下がるのなら、予防としてのマスクも効果あるのでは?
感染者もマスクし、健常者の予防の為のマスクです。
両者がマスクすれば危険のリスクは下がるのでは無いのですか?

投稿日時 - 2020-03-20 14:06:31

ANo.2

>なぜ、日本は他の先進国(欧米諸国)より感染者が少ないのでしょうか?

他の国は、とにかく検査、検査で感染者を洗い出す方法を取りました

たた、この方法は一気に感染者数が増えて病院がパンクして重篤な感染者の治療が出来なくなる可能性が高くなってしまいます

日本では検査の対象を絞って感染者数の増加の山を緩やかにして重篤な感染者への医療を確保する方法を取ったので、見かけ上の感染者数は他の国より少なくなります

他の国では感染者を洗い出して隔離するので、感染者数は一気に上昇しますが収束も早いです

日本は感染者数の増加の山を緩やかにする方法を取ったので、無症状の人など隠れ感染者が居るので収束は他の国より遅くなると思います

今後は病院がパンクする事が無い事が確信できる状況になれば検査数も増やすと思われます

投稿日時 - 2020-03-20 11:06:32

補足

日本では検査の対象を絞って感染者数の増加の山を緩やかにして重篤な感染者への医療を確保する方法を取ったので、見かけ上の感染者数は他の国より少なくなります

日本の事情はよく承知です。
だからこそ、マスクが役に立っていると思います。
潜在的な感染者が全員引き込る分けない。
町中を堂々と歩いている。
マスクに効果が無いのなら今頃、日本国民の大半は感染してませんか?
後から潜在的な感染者となってもマスクは手に入りません。
どうやって生活しているのですか?
マスク無しの潜在的な感染者が町中を平然と歩いているわけです。
尚更、健常者はマスク必要ではないでしょうか?
その効果が世界は日本を見ていると思います。
マスクの効果は日本人より外国人のほうがよく見てます。

投稿日時 - 2020-03-20 13:30:50

あなたにオススメの質問