こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

映画での戦車は本物か

戦争映画でよく出てくる戦車やトラックは本物ですか。だとしたら製造するのに何億円もかかります。かと言ってCGかというと、リアルすぎる。本物の製造よりお金がかかりそう。
どうなんでしょうか、お願いします。

投稿日時 - 2020-03-26 15:45:34

QNo.9727759

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

CGと本物を混ぜていると聞きました。現代物なら、本物だと思います。大戦なら、一部本物だと思います。

投稿日時 - 2020-04-07 01:40:43

ANo.8

戦車が出てくる映画を大雑把に分けると、「第二次世界大戦モノ」か「現代モノ」に分けられます。

第二次世界大戦モノの場合は、本物が出てくる場合がよくあります。そもそも80年代以前はしーじーなんてもんがありませんでしたからね。
というのも、第二次世界大戦で使われていたアメリカのM4シャーマンやソ連のT-34なんかは大量に作られましたから、特に昔なら動くやつは探せばどこかにあったのです。アメリカ軍やソ連軍が登場する映画ならそれをそのまま出せばいいのです。「遠すぎた橋」なんかは、あっちこっちから動くやつを探してきたそうです。ドイツものも、車なんかは探してきたみたいですよ。

また昔はハリウッドといえど大らかでしたから、「バルジ大作戦」のようにアメリカ製のM47戦車に鉄十字のマークを書いただけで「見たまえ、これがキングタイガーだ」なんてガバガバなこともやってました。
まあなにしろあの「トップガン」でも、F-5戦闘機をソ連製の「Mig-21(見た目からして子供でも分かるほど違う)」だというテイにしましたからね。当時のミリタリーマニアはそんなんでも我慢して見ていたのです。

しかしさすがにドイツ軍戦車は手に入りませんので、多くの場合はベニヤ板をつけたりして外見をそれっぽくしていました。M4シャーマンは台車の形が独特過ぎていくら外見をそれっぽくさせようとしても無理があるので、よく使われたのがT-34です。
「プライベートライアン」で登場したタイガー戦車は、T-34を改造したものだったそうです。びっくりするほどよくできていましたよ。もちろん細かいところはCG使ったのでしょうけどね。

そのタイガー戦車の本物が出てきたことで話題となった「フューリー」は、本物が出てきたのは登場してきた一場面だけで、あとは一部を作ったものとCGを重ね合わせていたそうです。
また、アメリカ軍側のM4戦車はどっかから本物を何台か借り上げてきたそうです。中には、マニアが個人所有しているものも借りたそうですよ・笑。

一方の現代モノですが、これは現代の軍隊の協力が期待できます。軍隊にとっては撮影に協力することで軍のイメージアップに繋がりますし、借りる側からすれば相手は国なのでレンタル料金がかからない・笑。いちいちCGで作るより、本物をちょっと借りて撮影させてもらったほうが安上がりです。
しかし一応兵器ですから、あんま細かいところをアップで撮られるのは軍隊も困ります。だからそこはCGでフォローすることになりますね。「シンゴジラ」なんかがそうです。本物の映像とCGを組み合わせているそうですが、私にはどの映像がCGでどれが本物なのか分かりません。

また「作ってしまう」というパターンもあります。「戦国自衛隊」には61式戦車が出てきますが、当初自衛隊から借りるつもりが、「日本人同士が戦う映画には貸せない」と断られてしまいました。で、当時の角川は元気があったんですね。じゃあ作っちまえとなった。角川は「8000万円かけて作りました!」と宣伝しましたが、実際は3000万円くらいだったらしいです。
中には建設機械のエンジンが入っていて、ちゃんと走るモデルでした(もちろん公道は走れません)。撮影中に俳優さんが動かして遊んだというエピソードも残っているそうです。採寸はなんとタミヤのプラモデルからとったそうです。

この戦車は保管されていて、後に「ぼくらの7日間戦争」で再度その姿を現しました。なんでも、今でもちゃんとどこかに保管されているそうですよ。

投稿日時 - 2020-03-27 13:19:56

ANo.7

共産主義時代のソビエトで作られた大作映画 戦争と平和 などでは本物の軍隊を動員して 戦車も本物が出動しました。国家の宣伝映画でもあったので予算は使い放題。軍隊も12万人の兵士が参加したそうです。

投稿日時 - 2020-03-27 13:19:16

ANo.6

第二次大戦中の戦車でもソ連のT34は道路走行であれば時速50km以上出たようです。当時としては「高速戦車」であり、実戦に参加した量産型の戦車としては最も活躍したものと言えるでしょうね。特に85mm砲を搭載したタイプは鈍重なドイツ軍重戦車に引けを取りませんでした。

投稿日時 - 2020-03-27 05:13:50

ANo.5

映画によってですが他の方の回答のようにレプリカや、現在ではCGの方が多いと思われます。
レプリカの場合は必要最低限の外装や可動で良いので実機ほどの価格にはなりません。
(とはいっても、「零戦燃ゆ」で作成されたレプリカは当時の金額で7000万ほど掛かったようですが・・・)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%B6%E6%88%A6%E7%87%83%E3%82%86#%E6%98%A0%E7%94%BB

あとは質問に無いような戦艦クラスになると砲塔周りの部分のセットのみ作って模型と合成させてシーンを作るということも過去にありました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B7%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%92%8C/YAMATO#%E6%88%A6%E8%89%A6%E5%A4%A7%E5%92%8C%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88

また、日本の場合、自衛隊などの協力があれば実際の兵器の映像が使われる場合もあります。

https://www.mod.go.jp/asdf/pr_report/collaboration/satsuei_kyouryoku/index.html
https://www.cinematoday.jp/news/N0112420

ハリウッドも軍の協力で実機のレンタルがされたことがあるようです。

https://wired.jp/2007/08/02/%e7%b1%b3%e8%bb%8d%e3%80%81%e3%80%8e%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%80%8f%e3%81%ab%e6%99%82%e7%b5%a62%e4%b8%875000%e3%83%89%e3%83%ab%e3%81%a7/

投稿日時 - 2020-03-27 00:30:14

ANo.4

 ほとんどの戦争映画は本物の戦車を使いません。外見だけ戦車に見える撮影用模型か、CG合成によるものです。

 本物の戦車を実際に動かして撮影した動画がYouTubeに公開されていますが、走行速度が遅いです。ブルドーザーよりも遅いですね。昔の戦車の速度はあまり重要ではなくて、位置を変えて砲撃出来る移動砲台と同じ考え方だったようです。

 砲塔の回転や大砲の角度を変えるのも、手動で時間をかけて変えていたので、ゆっくりと回るだけです。映画では電動で動かしているので、高速回転しますが、戦時中にあんな戦車はありませんでした。今の戦車のように、全自動で動く戦車は昔は無かったですね。

 映画の戦車戦でトラック並みの高速で戦車が走り回る映画がありますが、あれは映画用に高速で動く戦車を作ったか、最新型の戦車を使ったものでしょう。映画では時速60kmぐらいで走る戦車が出た例がありますが、第二次世界大戦中にそんな戦車は1台もありませんでした。

 映画は迫力を出さなければならないので、実際の戦車よりも高速で動く例が多いようです。本物の戦車は速度が遅いのでわかります。

投稿日時 - 2020-03-26 18:19:13

ANo.3

 映画によります。

 レプリカもあるし、CGもあるし、日本のゴジラ映画では、昔の映画はプラモデルでしたが、最近のゴジラ映画のパンフレットによれば自衛隊が協力(全面協力?)して本物が(一部?)使われていたはずです。

 自衛隊も活躍が描かれれば宣伝になりますし、どうせ移動や射撃などの訓練はするのですから、映画の脚本に従って訓練し、映画の一部に使ってもらっていくらかの報酬(費用弁償)を受けられれば有り難いのです。

 映画側は、もちろん迫力が違いますので大歓迎です。

投稿日時 - 2020-03-26 17:06:02

ANo.2

レプリカです。「ぼくらの七日間戦争」でもそっくりなものを造ったそうです。見た目だけ似せて作ればいいので、それほど金がかかるわけではありません。本物は特殊な材料を使って製造し、特に日本製は自衛隊以外売れないので設計コストがかかるなどの理由で高額になりますが、レプリカは何の性能も求められません。大きな模型のようなものです。

投稿日時 - 2020-03-26 16:28:18

ANo.1

基本的にレプリカかCG。

旧世代の戦車ですが、ブラッドピットが主演してたフューリーという映画のシャーマンとティーガーは博物館から持ってきた本物の戦車でしたが、そういう映画の場合は「本物を使って撮影しました」と大々的に広告しますね。

投稿日時 - 2020-03-26 16:06:41

あなたにオススメの質問