こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

新型コロナの死亡者、遺伝子に関係あるんじゃないか

ヨーロッパに伝播してから急激に死亡率が上がっている気がします。
イタリアはもちろん、スペイン、アメリカでの信じられない死亡者数。ーーーイギリスでは21歳の基礎疾患もない女性が亡くなりました。

中国は別扱いとして、韓国も一時は危なかったですがそこまでは行ってないし、
日本は感染は発表より多いでしょうが死亡者はまだ少ない。
ドイツやイギリスは少ない方ですが、人口を考えたら日本よりずっと多いです。
医療水準だって日本に比べて劣っているとは思えないですよね。
明らかに劣っていると思える東南アジアの国々で欧米ほどの死亡者が出ていないのも不思議です。
イランの場合は経済制裁と宗教的な事があるだろうと思われます。
もしかして白人は何か遺伝子の違いでこのウィルスに弱いということはないのでしょうか?

生活習慣や経済的な事だけとは思えないのです。

投稿日時 - 2020-03-27 13:29:55

QNo.9728026

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

体にはウイルスや細菌にたいしていろいろな防御方法があります。
例えばヨーグルトの宣伝で腸内細菌で善玉菌が悪玉菌を征圧しているような動画見たことありますよね。あれも体がもつ外敵に対する防御機構の一つです。
病原体と聞くと抗体!免疫!と一般にはなってしまいますが,体はそれだけでは防御しきれません。実際ある種のタンパク質の一部分が欠損すると何かしらの菌にたいしてすごく劇症化しやすくなることが証明されており,現在それらの研究を進んできています。
またそれらのタンパク質の遺伝子に傷がありヨーロッパではわりと有名な病気の原因であるとも言われています。もしこのようなタンパク質が免疫云々の前に重要な働きをしていれば,当然世界中が抗体を持っていない状態で感染すれば遺伝子の違いによって差が出てくる可能性は大いにあります。
つまりもう我々のまわりには普通にコロナウイルスが居て。あとは濃度の問題。
普通に漂っている程度では時間をかけて体が免疫を作るまでのあいだ,そのようなタンパク質が他の全てのウイルスと同じようにせっせと分解してくれている。一方その力が弱い遺伝子の場合,普通のひとでは風邪にもならない程度の感染だったのに体のなかで一気に増殖して重症化する。
そうなると,一分子も入り込まないように!という封じ込めよりもみんなが高濃度の人に触れないように。ということが大事であり今の日本のなんとなく濃厚接触を避けている方法がもっともらしい方法をとれているのかもしれないですね。

投稿日時 - 2020-03-27 14:01:56

お礼

>実際ある種のタンパク質の一部分が欠損すると何かしらの菌にたいしてすごく劇症化しやすくなることが証明されており,現在それらの研究を進んできています

これは初めて知りました。
菌やウィルス、その免疫システムなどまだまだ解明されていない事は多いのですね。
早くこの病も解明される事を祈るばかりです。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2020-03-30 23:42:07

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

なにかあるかもしれません。しかし、それが判明するには時間が必要です。

違いが出る可能性があると噂されるのは、生ワクチンに関することです。例えばBCGは日本では生ワクチンですが、被害が多い地域は非活性化されたワクチンだそうです。

他にも理由は考えられます。
日本の場合、発熱があったら自宅待機が要請されました。一般的なクリニックは防疫体制が整ってないという理由で、新型コロナウイルス関連の相談窓口へまわしてよくなっています。つまり、他の国では病院が感染拡大の拠点になっていますが、日本ではそれが防げた可能性が高いです。
しかし日本の感染者数は、爆発する傾向が見えてきました。以下の感染者の新規数は、ここ数日、今後の指数関数的な伸びを予感させます。
https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/
(間違って多く入力された数値は、その日付の値を修正するのではなく、「累積値が正しい値になれば良い」というのが、国や自治体のスタンスです。細かく見ると日付によってマイナスなどおかしな値になってますが、データの提供元のせいです。)

日本で心配なことは、死亡者数です。上記のように発熱症状は待機です。これにより普通の風邪や、インフルエンザで亡くなる方は、多くなるはずです。もしくは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で待機中に亡くなる方もいらっしゃるはずです。そのあたりが正しくカウントされてない可能性は、けっこう高めになると私は考えます。

つまり、無症状の隠れたSARS-CoV-2の感染者による感染拡大や、隠れたCOVID-19の死亡者を処理する際に感染など、これらにより日本でも爆発的に感染拡大すると、私は見込んでいます。

これは仕方ないのです。台湾のように以前発生したSARSで、防疫体制を整えた国と違い、日本は放置したからです。例えば一般的な病院に、PCR検査機器を導入にさせたり、高水準な防疫体制や、マスクなど衛生用品の在庫を促すといった、必要なことを行いませんでした。


以下はCOVID-19の劇症化する仕組みを説明しています。
https://gigazine.net/news/20200323-coronavirus-explained/
人種の違いによる、感染力の違いは、これには指摘されていません。

早く終息して欲しいですね。
以上、参考にならなかったらごめんなさい。

投稿日時 - 2020-03-30 22:33:46

お礼

この質問をしてからも日本の感染はどんどん増えているので大変心配ですが、死者はすくないですよね。
BCGが関係あるかもしれないと言われるとそんな気もするし。
すべてが解明されるのはまだこれからですね。

>COVID-19の劇症化する仕組み
大変わかりやすいサイトのご紹介ありがとうございました。

投稿日時 - 2020-03-31 00:06:51

ANo.5

その仮説は無理があります。
イタリアの状況は特に悲惨ですが、死亡者数、死亡率と言う意味で言うと随分と欧米の国でも差がありますよ。今日のデータで、100万人あたりの死亡者数は、
サンマリノ 619
イタリア  136
スペイン  93
....
フランス  26
....
イギリス  9
....
アメリカ  4
....
韓国 3
....
中国     2

死亡率と言っても、蔓延が始まった時期が違うので単純比較はできないのと、正確に出そうとすると全部終息してからじゃ無いと出せません。
また、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツは多民族国家で移民が人口にしめる割合が多いのに対して、人種、民族別の感染者が報告されているわけでも無いです。
イタリアで死亡者が多いのは、医療システムが麻痺していて、重症患者を優先的に治療することができず、また軽症患者が不十分な環境で悪化するからと言われていて、感染拡大しているけれど医療体制が整っているドイツでは死亡率が少ないと言われて言われています。
遺伝的なものが絶対ないとは証明できないけれど、かつてSARSが流行した時にも日本人の感染者が出ないうちは、日本人は味噌や醤油の様な発酵食を食べる体とか言う根拠のない仮説が広がったものです。

投稿日時 - 2020-03-27 17:55:39

お礼

確かに、今はまだ状況が変化しているのですべては収束してからですね。
100万人あたりの死亡者数、わかりやすいです。
 ありがとうございました。

投稿日時 - 2020-03-30 23:54:10

ANo.4

新型ウィルスなので関係ないと思います。。。

日本の位置、文化風習、医療の文化の違いが
ある気がします。

投稿日時 - 2020-03-27 15:20:54

お礼

しごく真っ当なお答えありがとうございました。

投稿日時 - 2020-03-30 23:50:05

ANo.2

私もその点(特に韓国で死者数が少ないこと)が気になっています。

私は可能性として、このウイルスは中国発祥なので、元々アジア系にはある程度の免疫があるのかもしれないと思っています。その病原体の発生地から遠くはなれた場所に住む人であればあるほど、その病原体に対する免疫は持ち合わせていない可能性はありますからね。
例えば南米大陸の先住民族は、ヨーロッパ人が持ち込んだ天然痘などで9割が死んだともいわれています。彼らにはその免疫がなかったからです。

またCOVID19はこのウイルスそのものが何か悪さをするというより、このウイルスによって極端に免疫力が低下してしまい、それによって日和見感染などを起こすのではないかなという感じもします。「エイズの治療薬が効く」というのでそう思いました。HIVウイルスも免疫力を落とすウイルスですからね。
他に「味覚や嗅覚がなくなる」という症状もあるというので、その人の持つ機能を極端に低下させるのかもしれません。それが何か関係しているかもしれませんね。

投稿日時 - 2020-03-27 14:00:59

お礼

>このウイルスは中国発祥なので、元々アジア系にはある程度の免疫があるのかもしれない

それもおもしろい説ですね。
私は免疫というより、ウィルスの何かが遺伝子によって取り付きやすかったり破壊力が強くなったりするのじゃないかと想像しました。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2020-03-30 23:49:19

ANo.1

それよりも、ウイルス自体の変異による新たなタイプによるものと考えるのが先でしょう。

インフルエンザなどが毎年改めて怖い理由です。
感染が拡大することの怖い点は、ウイルスの変異が起こりやすくなることだと複数の医療関係者が発信しています。
中国でも2月くらいの段階ですでに二つのタイプがあったのは報道されていましたね。

投稿日時 - 2020-03-27 13:39:40

お礼

>ウイルス自体の変異による新たなタイプによるもの
欧米で死者が多く出ている理由がそのせいだとしたら大変怖いです。
これから日本で流行しないとは言えないので心配です。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2020-03-30 23:45:47

あなたにオススメの質問