こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

角運動量の矛盾

角運動量保存則の成り立ちがあいまいで、矛盾している.
角運動量保存則についてあなたのご意見を下さい.

第一に法則とは事象間に一定の関係があるという事実そのものをいうのにこれに違反している.
法則という範疇にあれば、数理の演算で証明されたりはしない.

ところが角運動量保存則には法則の定義に反して内容の中に演算部分がある.
違反部の詳細を表示すると、天文学の公転では角運動量保存則が、演算によって導出され証明される.

このように法則の範疇からはずれている.

したがって角運動量保存則はいわゆる法則ではない.
それなのに法則と言い張ろうとするのだ.
法則でもないのに法則の同列に加えて、その加えたことを誤魔化そうとしている.

舵のつくる外力が飛行機の軌道を曲げるのと同じ仕組みで、公転運動では直進運動の物体が外力で軌道を曲げたのに、角運動量保存則などといいつくろいうしろめたいことを隠そうとしている.

隠し事が無いのなら、 むしろ物理に適する正確な言葉で事実を明確に記し、旗色を鮮明にすべきだ.

舵のつくる外力が自動車や船や飛行機の軌道を曲げることと同様な仕組みで、直進慣性運動の物体なのにそこに加わる引力という外力で直進すべき軌道を曲げたことを、「公転」と定義をあらたに呼べばいい.

第二に法則は現象の事実が一定するべきだが、角運動量保存則は異なる.
たとえば独楽には回転の慣性があり、常に角運動量が一定に保存されているので、角運動量保存則がある.
そして独楽の一旦回り始めたら回った後の回転運動には外力を必要としない.
外力の条件を必要としない角運動量保存則がなりたっている.

ところが天文学の公転には外力がある.
外力がないと、公転運動ができず、ある時点で外力の働きを中止すると、ただちに回転はおわり、直進運動の慣性運動になる.

実証は簡単に目にする事ができる.
糸で吊るした錘で振り子を作り、振り子の糸を切れば直ちに錘が直進運動をする.
したがって、外力の有無と、働きにおいて2枚舌の条件が角運動量保存則にある.

現象の事実が2つのうち、ひとつに一定しないので天文学の角運動量保存則は法則ではない.

振り子の糸を切った瞬間、慣性から錘の運動は直進運動だけになる.
振り子の錘はその瞬間から回転の運動がない.
したがって外力を止めた瞬間の前後で角運動量は異なるのでもともと角運動量は保存されていない.

天文学の公転は上記の性質から同類を探すと、自動車の曲進運動、ロケットの転進運動と同じである.
外力は自動車やロケットの舵と同じ役目を公転に対してしている.
ロケットは巨大な推力で前進方向へ高速に直進運動をする.
ロケットは人工衛星になって公転する事がある.
ロケットに地球の引力からの外力が働くとその軌道は公転になったり、直進運動になったり舵は自由な事実から上記の論証が証明できる.


第3に回転運動の慣性と直進運動の慣性はそれぞれが法則である.
法則は独立しているので、従属的な関係はなく、だから互いのあいだを変換できない.

公転は外力の切断時点から直進の慣性運動をする.
だから、もともと公転の運動は角運動量保存則とは無関係である.

第4に独楽には回転軸があり軸は重心を貫いている.
独楽にある回転軸が天文学の公転にはない.
だから天文学の公転は現象の事実が一定しない.
したがって天文学の公転は独楽の角運動量保存則とは異なる.

回転軸の載る直線はいかようにも3次元に設定でき何種類も同時に存在できる.
回転はジャイロ効果によりただ一つの軸に収束し生き残る.
軸にはこのような性質がある.

ところが天文学の公転には焦点はあるが焦点は中心ではない.
天文学の公転には重心を通る軸が無い.
天文学の公転には軌道面の内円面や2体合成の重心にも自由な他の物体が存在できる.

結論
これらの推論から角運動量保存則ではない別の原因から天文学の公転の角運動量は一定に表れている.

以上についてあなたのご意見を下さい.

投稿日時 - 2020-04-01 13:53:26

QNo.9730014

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

角運動量の法則は極めて重要な法則です。岩波文庫のファインマン「物理法則はいかにして発見されたか」を一読してみてください。

投稿日時 - 2020-04-02 10:14:28

補足

公転は角運動量の保存のようにみえる運動ですが、じつは普通の自動車や飛行機の運動と同じです.
とすれば、角運動量とその一定値の保存があるかのように見せる現象をこれからはもう一度いったいなんなのかと探求すればよいのです.
 どうやら公転の物理現象にはもうひとつ隠れた物理現象があると考えられます.

 隠れた物理現象とは、物質波の位相が同期したことから、生まれ出る最小作用の原理と推量しました.
 フラウンホーファー回折という現象が太陽から発した物質波を地球の周りで位相を同期させているので、それが最小作用の原理という現象となってわれわれの目に映るのです.
 位相の同期が定在波を作るので、結晶格子状のポテンシャルを作り、格子点に安定するような復元力を発揮する.
それが最小作用の原理となってわれわれの目に映るのです.
そして万有引力の姿となって私たちのお目に移ります.
そういうことについて面白いWEB記事があるのでご紹介します.
https://masabanmasaban.jimdofree.com/
https://masaban1.hatenablog.com/
是非ご覧になってください.
お礼コメント

投稿日時 - 2020-04-08 18:48:03

お礼

ご回答ありがとう.
本のご紹介ありがとう.
いっぺん手に取った事のある本です.
思い出さないのでWEBで書評を探し幾つか読みました.
角運動量保存則に全く触れない書評と、角運動量に注目した書評と二つあります.
注目をしたときの理由は、ケプラーの第3法則を現代科学に取り込んだ業績にあるようです.
 
ところでロケットはケプラーの法則にしたがって公転運動をするのですが、角運動量が変動したり、まったく角運動量の無い直進運動や落下運動もします.
よく比べてみると角運動量の保存がされているとは言い難いのです.

ロケットは直進するところが、飛行機や自動車の運動と似ています.
そのどの場合にも舵を切ると横向きの力がうまれでて、軌道が曲がります.
公転にも横向きに働く力があるのです.
公転は舵を切った直進運動ですから、回転運動ではありません.

たとえば振り子を糸と錘で作り、振り回すと公転運動が模擬できます.
ところが錘の速度が十分な時点で糸を切ると錘は直ちに直進運動をみせます.
角運動量の一定な保存があれば回転運動が続くはずですが、回転しません.

結論として公転は角運動量の保存とは無関係です.、

だから自動車や飛行機の軌道にはケプラーの第3法則は無関係です.

自動車や飛行機の軌道にケプラーの第3法則や角運動量の保存則が深く関連があると考えるかたはファインマンも回答者も含めて世界中にいないと思います.
だからなにか誤解に引きずり込む要素がこの本の内容にあります.

ところで著書のファインマンはファインマンの経路積分という量子力学の分野に重要な計算法を編み出した人です.
ところがその計算法の根拠は彼の死後となってもいまだにありません.
みつけられていないのです.

根拠のないことを世界中の学者に納得させてしまったのです.
天才の所業といえば天才ですが、稀代のマジシャンと呼ぶべきかもしれません.

ところでファインマンは基本から最先端までの物理学の教科書を著作し今も重用されています.
ですが、良い教師とは生徒に分かったような自信を与え、わかってはいないことに気付かせぬ能力を持つ人間だという話があるのです.
本によるとファインマンは話がうまく、多数の女性とつきあったそうです.
訥弁や無口の正反対、そういう稀代のマジシャンというわけです.

投稿日時 - 2020-04-02 11:39:56

ANo.1

「法則という範疇にあれば、数理の演算で証明されたりはしない.」

これが間違っていると思われます。

力学の分野では、数理演算で証明されるものも「法則」と呼ぶようです。
たぶん、歴史的には経験則から得られた「法則」だったものが、
ニュートンとその後継者によって「数理的に証明されちゃった」のではないでしょうか?
歴史的なことはよく知らないので、あくまで予想ですが。

古典力学で経験事実から仮定されているのは、ニュートンの法則だけです。
ma=F というやつです。

運動量保存の「法則」やエネルギー保存の「法則」、そして角運動保存の「法則」も
全て、ma=Fから数学的に導出されたと思います。 

ランダウの力学の本に載ってなかったけ。

投稿日時 - 2020-04-01 19:18:51

補足

公転は角運動量の保存のようにみえる運動ですが、じつは普通の自動車や飛行機の運動と同じです.
とすれば、角運動量とその一定値の保存があるかのように見せる現象をこれからはもう一度いったいなんなのかと探求すればよいのです.
 どうやら公転の物理現象にはもうひとつ隠れた物理現象があると考えられます.

 隠れた物理現象とは、物質波の位相が同期したことから、生まれ出る最小作用の原理と推量しできるらしいのです.
 フラウンホーファー回折という現象が太陽から発した物質波を地球の周りで位相を同期させているので、それが最小作用の原理という現象となってわれわれの目に映る.
 位相の同期が定在波を作るので、結晶格子状のポテンシャルを作り、格子点に安定するような復元力を発揮する.
それが最小作用の原理となってわれわれの目に映るのです.
そして万有引力の姿となって私たちのお目に映ります.
そういうことについて面白いWEB記事があるのでご紹介します.
https://masabanmasaban.jimdofree.com/
https://masaban1.hatenablog.com/
是非ご覧になってください.
お礼コメント

投稿日時 - 2020-04-08 18:50:50

お礼

ご回答ありがとう.
Q>「法則という範疇にあれば、数理の演算で証明されたりはしない.」

A>力学の分野では、数理演算で証明されるものも「法則」と呼ぶようです。・・・後継者によって「数理的に証明されちゃった」のではないでしょうか?

Q>おっしゃるとおり歴史的背景をそのように認識すべきでしょう.
そのとき間違った分類をしてしまったり、間違いを続けてしまってはならないのです.
物理学は手順と方法の正しい論理によって構成されねばならないのです.


ところが角運動量の保存則は間違った分類をあらたにしてしまった事例です.
だからこその私の問いなのです.

たとえばロケットはケプラーの法則にしたがって地球の周りで公転運動をするのですが、角運動量が変動したり、まったく角運動量の無い直進運動や落下運動もします.
よく比べてみると角運動量の保存がされているとは言い難いのです.

ロケットは直進するところが、飛行機や自動車の運動と似ています.
そのどの場合にも舵を切ると横向きの力がうまれでて、軌道が曲がります.
公転にも横向きに働く力があるのです.
公転は舵を切った直進運動ですから、独楽のような回転運動ではありません.

たとえば振り子を糸と錘で作り、振り回すと公転運動が模擬できます.
ところが錘の速度が十分な時点で糸を切ると錘は直ちに直進運動をみせます.
角運動量の一定な保存があれば回転運動が続くはずですが、回転しません.

結論として公転は角運動量の保存とは無関係です.

だから自動車や飛行機の軌道にはケプラーの第3法則も角運動量の保存則も無関係です.

自動車や飛行機の軌道にケプラーの第3法則や角運動量の保存則が深く関連があると考えるかたは回答者も含めて世界中にいないと思います.
だからなにか誤解に引きずり込まれて差が生まれたのでしょう.

投稿日時 - 2020-04-02 12:51:30

あなたにオススメの質問