こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

お金はどこにありますか?

コロナの影響で経済は低迷しています。
たとえば、大手企業も数千億単位の借り入れをしないと立ちいかない状況。
個人は会社が生産活動をしないため、また感染者が出たなどで休みになり収入がない。
飲食店も客が来ずお金がない、当然農産者も飲食産業に売れないのでお金がない。
対策費用で政府も資金を吐き出し続けている。
比較的影響の少なそうなのはインフラ・通信事業ですが、だからと言って平時より儲かっているわけではない。
病院は多少増収しているかもしれません。

ここでふと思ったのですが、お金はどこにあるのでしょうか?
上記のような状況であれ、例えば紙幣の絶対数が変わるわけではなく、単純に100枚あった1万円札が10枚になるわけではないのでどこかしらにあるはずかと思うのですが、一体どこにあるのでしょうか?

投稿日時 - 2020-04-03 21:10:00

QNo.9730879

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

金持ちがため込んでいると思います。

投稿日時 - 2020-04-05 09:33:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.7

>大企業も数千億単位の借り入れをしないと立ちいかない状況。
僕は経済について詳しくはないのですが、「お金はどこにあるのでしょうか?」とあなたが疑問に思っている内容がよく分かりません。

大企業の内部留保については、もう何年も前から言われています。
大企業の金庫にお金がなくなったから、「数千億単位のお金を借り入れる」と考えているのですか?
それなら、日本の大企業はもう倒産ですよ。

お金の発行は、日本銀行が行っています。
そのお金はどうやって市中にばらまかれるとお考えですか。
まさか、日本銀行が手分けして市中にばらまいている訳ではないですよね。それなら大々的なネズミ小僧です。

民間の銀行が日本銀行の当座預金から引き出してお金を用意します。
それを大企業に貸したりして、市中にお金が出回るしくみですよね。
つまり、日本銀行がお金を発行しても、民間の銀行を通さないと市中にはお金は出回らないということです。
もちろん、日本銀行が大企業の投信を直接買うことも現在はしていますから、別な仕組みもあるのですが、大企業の金庫にお金がなくなるという話は聞いたことがありません。

とすると、毎年発行されているお金はどこにあるのか、或いはどこに行っているのかという疑問ですが、1つは国債などの発行により日本銀行に戻る部分もありますし、民間銀行が、大企業が資金をため込むこともあります。

日本のGNPの6割以上は消費が担っているといいますから、給与、年金、公的扶助などにより、それこそ市中に出回ったお金が巡っているはずです。

タンス預金も実は1000兆円くらいあるという試算も見たことがありますが、確かに預貯金での保有はあると思います。
お金が自分の所に来ても、その半分近くは将来の不安解消のために預金することはシニア世代には当然の行為です。

日本銀行が発行したお金がすべて市中に出回ると考えるのは違うと思います。

投稿日時 - 2020-04-04 15:32:26

補足

>毎年発行されているお金はどこにあるのか
>日本銀行が発行したお金がすべて市中に出回ると考えるのは違うと思います。
徹頭徹尾質問趣旨を読み違えておられるようです。ご再読お願いします。

投稿日時 - 2020-04-05 12:46:33

ANo.6

コロナウィルスで経済が回らない状況では、いくら内部留保があるとしても中小零細にとっては火の車になるのも時間の問題。

しかし、循環しない金はいくらでもあると思いますよ。

そう、個人の懐の中、金持ちやご老人の預貯金ですね。

今回の株価下落などで有価証券は紙屑になっても、現金や預金だけでも1,000兆円近くあるそうですよ。

投稿日時 - 2020-04-04 01:17:31

ANo.5

回答追加。

企業の口座に無い場合、運転資金を確保するためお金を市場や銀行から借りる必要があります。

企業にも儲かっているところとそうでない企業がありますが、儲かっている企業も自分の口座に金があるだけではお金が増えないため、日本経済全体では、今の状況は景気が悪いと言えます。

投稿日時 - 2020-04-03 23:40:22

ANo.4

金は天下の回りもの。

個人の財布にない場合、給料を払う企業の口座にあります。

企業の貯金を無理やり支払わせた場合、日本は自由主義経済国の看板を捨てなければならないため、政府が支出して経済を回そうとしているのが、日本政府が検討している緊急経済対策です。

これが非常時ではなく恒常的に行われると、未だ理論でしかないMMT理論になります。

投稿日時 - 2020-04-03 22:14:54

補足

>個人の財布にない場合、給料を払う企業の口座にあります
企業の口座にないから借り入れているのでは?

投稿日時 - 2020-04-03 23:32:40

ANo.3

一億総貧乏人で預金などなく爪に火を点す庶民ばかり。金があるのは詐欺師と国会議員のみです。

投稿日時 - 2020-04-03 22:12:09

補足

ろくでもないな国会議員は

投稿日時 - 2020-04-03 23:31:24

ANo.2

 経済活動が停滞している時は、お金は銀行や郵便局に預貯金の形であるか、各世帯にタンス預金されているかでしょうね。現在のような状況になっても、お金が消えてなくなるわけではありません。お金の流通が止まるのが経済活動を破壊するのです。

 株価の暴落で失われたお金は株を売った投資家の財布に戻っていますし、結局はお金を持っていて使わない人の財布や預貯金という形でお金が残っているはずです。

 要するに、銀行や郵便局にお金が滞留している状況が経済危機なのですね。

投稿日時 - 2020-04-03 21:33:13

補足

>お金は銀行や郵便局に預貯金の形であるか、各世帯にタンス預金されているかでしょうね
しかしそれだと普段流通している分も預貯金として存在していることになり、つまりは平時より各世帯の預貯金額はむしろ潤沢ということになります。だとすると支援金を配る理由も欲しがる理由もないはずです。

投稿日時 - 2020-04-03 22:05:48

ANo.1

えっ、国民みなさん1人1人の銀行口座の中で眠っているんでしょうね。

投稿日時 - 2020-04-03 21:22:16

補足

収入がない場合生活費はどこから出ますか?銀行口座です。

投稿日時 - 2020-04-03 21:58:29

あなたにオススメの質問